カテゴリ:ソフトウエア( 27 )

a0195032_9581238.jpg

私が使っているセキュリティソフトは、シマンテック「ノートン・インターネットセキュリティ2013」です。
まぁ、ここで度々書いてはいますが・・・

で、久々に地雷を踏みに行ってきました。
よくある「悪質なWEBサイト」ですが、ここは結構URLが変わります。
いわゆるアングラサイトですが、リンクを辿って到達しました。

さすがにノートン先生です。
しっかりと遮断してくれています。
わざわざ地雷を踏みに行くヤツもいないとは思うんですけれど・・・(笑)

よく、改竄されたWEBサイトが問題となるようですが、私は幸か不幸か巡り合ったことがありません。
こういったサイトでも、多分、ノートン先生はしっかりと守ってくれるとは思うんですが。

因みに、今回訪れたサイトのURLやリンクを辿った足跡はモザイクをかけてわからないようにしてあります。
見えてしまうと、興味本位に訪れる方がいたら大変ですからね。
なお、このサイトを訪れるにあたっては、通常の環境ではなくてテスト環境で行っております。

良い子はマネをしないようにしましょう。
最後に一言、「ノートン先生、天晴れ♪」
[PR]
by zeiss1221 | 2013-08-06 10:07 | ソフトウエア

(1)                 【修復後の画面】
a0195032_10132189.jpg

一昨日のことですが、ワード2013で文書を作ろうとしてビックリ!
何とOffice2013が消えてしまっていたのですから・・・
スタートメニューだけでなく、CドライブにあるProgram Filesを見ても中身はスッカラカン!

普通ならば、スタートメニューにはこのようにすべてショートカットが収まっている筈なんですけれどね~
いやぁ、焦りましたね~、丸ごとないんですから。
一応、Office2010は残っているものの、時代はやはりOffice2013でしょ?

とにかく何とかしないといけません。
このOffice2013は特別無料アップグレードであるため、インストールプログラムがPC内にはないんですよ。
マイクロソフトから来たメールを探しましたが、アップグレードサイトから2013のインストールをしたことを思い出しました。

万事休すで、月曜日にマイクロソフトのサポートセンターにでも電話しようと考え、ひとまず寝ることにしました。
まぁ、このような場合は焦らずに、一度頭を冷やした方がいい結果がでることが多いですからね~。
ところが、布団に入って、ふと、あることが頭に浮かびました。


(2)
a0195032_10191775.jpg
コントロールパネルにあるプログラムのアンインストールを見ていなかったことに気づいたんですよね。
私の意思でアンインストールしていないのだから、痕跡は残っている筈だと・・・
ということで、早速PCを立ち上げて、コントロールパネルのプログラムのアンインストールにアクセスしてみました。


(3)
a0195032_10212361.jpg
すると、ちゃんとOffice2013は存在しているではありませんか。
ということは、プログラム自体は生きているから、「変更」を選択すれば復活させることは出来るのではないか?と思ったんですよね
ということで、「変更」をクリックしてみました。


(4)
a0195032_102337.jpg

出てきましたね~、Officeの修復プログラムが・・・
とりあえずクイック修復を選んで処理が完了するのを待ちます。
すると「IME2010を終了させよ」と指示されますが、そこは修復プログラムにすべてお任せです。

待つこと数分で見事にOffice2013は復活しました。
もしもこのクイック修復で復活しなかった場合は、下にあるオンライン修復を選ぶようにとなっています。
Office2013がいきなりプログラムから消えてお困りの方はお試しになってはいかがでしょうか?

この後、たまたまブラウザのお気に入りを見ていたら、アップデートサイトが見つかりました。
DVDに焼くことが出来るイメージファイルがダウンロードできたため、早速DVDに焼いておきました。
これで一安心ですね。

今日、7月7日は七夕なのに、こんな記事でエライすんまへん。
まったく色気のない話で・・・(笑)

[PR]
by zeiss1221 | 2013-07-07 00:00 | ソフトウエア | Trackback

(1)
a0195032_12435745.jpg

私はキャノンEOSユーザーですから、Digital Photo Professional(以下、DPP)でRAW画像の現像を行います。
直近で撮影した画像は問題がないのですが、過去に撮りためた画像を処理しようとしたらエラーが出るようになってしまいました(涙)
これはデジタルレンズオプティマイザを適用して保存しようとして出たエラー画面です。


(2)
a0195032_12435911.jpg

エラーログを見ても、単に「エラーが発生しました」とだけしか情報がありません。
原因がわからなければ手の打ちようもないですよね~。


(3)
a0195032_1244177.jpg

で、とりあえずDPPを終了させようとしたら、変更があった画像を保存するかどうか聞いてきますので、「はい」を選択します。


(4)
a0195032_1244451.jpg

予想したとおり、画像の保存ができません。
「保存先がロックされている可能性があります」と・・・
別名で保存してもいいのですが、後々のことを考えたらそれも困りものです。

でも、まぁ、大方の予想はつきそうですね。
多分、これはDPPだけの問題ではなく、ファイルとフォルダのアクセス制御の問題ではないかと・・・
そうであれば、エクスプローラでフォルダ、またはファイルを右クリックしてプロパティからセキュリティタブの中味をチェックしましょう。


(5)
a0195032_16234329.jpg

ということで、実際に確認してみました。
これはアドミニ権限の画面ですから、御覧のようにすべてが許可、つまり、フルコントロールとなっています。
まぁ、当たり前の話ですよね、アドミニストレータですから・・・(笑)


(6)
a0195032_16261372.jpg

で、これが通常使用するユーザーの画面です。
「変更」と「書き込み」が許可されていません。
これでは画像ファイルに変更を加えて保存しようにも、それが出来ないのは当たり前の話ですよね。

それでは、実際に許可されるように変更を加えてみましょう。
まず右下の方にある「詳細設定」のボタンをクリックします。


(7)
a0195032_16283777.jpg

すると、アクセス許可を行う画面が立ち上がります。


(8)
a0195032_16315393.jpg

この画面で「変更」と「書き込み」のところにチェックを入れて「OK」または「適用」をクリックすれば作業は完了です。
ということで、無事にDPPで画像処理を加えて保存がまともにできるようになりました。
このやり方はほかのソフトで発生した同様な事象にも適用ができます。

なお、これはWindows7での画面ですから、XPやVista,8では違った表示になると思われます。
同じことでお困りの方はお試しになってはいかがでしょうか?
あくまでも自己責任でね!
[PR]
by zeiss1221 | 2013-06-24 00:00 | ソフトウエア | Trackback | Comments(2)

a0195032_945014.jpg

これはRAW画像を何も手を加えずにJPEGに出力したものです。
実際とは違って画像全体が暗くて色も濁っており、さらには周辺光量落ちも見られます。
撮影条件としては雲が空のほとんどを占めており、雲間から太陽が顔を出すといった感じでした。

これが青空だったらキャノンのことですから、多分「撮って出し」が出来たのではないかと思われます。
さて、RAWという画像ファイルは撮影時の生データですから、基本的に現像ソフトを使って現像処理を行います。
今回はこの見た目が良くない画像を処理して、まぁ、何とか見られるようにすることについてお話をさせていただきたいと思います。


a0195032_993868.jpg

因みに、私はキャノンEOSのユーザーですから、基本的には「Digital Photo Professional」を使用しています。
「DxO Optics Pro」も使っていますが、こちらはかなり気合を入れて画像処理する場合にのみ使います。
基本的には綺麗なオネーちゃん御用達かな?(笑)

続きはまだあります、それはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2013-06-21 00:00 | ソフトウエア | Trackback | Comments(4)

(1)
a0195032_22381151.jpg

昨日の6月18日のことですが、突然タスクトレイに「Office 更新プログラムを入手できます」というメッセージが現れました。
メッセージ通りにクリックしても、アイコンが消えただけで何の反応もありません。
ならば、と「Microsoft Update」にアクセスしても、更新プログラムなどどこにも存在しないんですよね。

狐に化かされたような気持ちでぐぐってみたら、マイクロソフトのサイトでそれらしき情報を見つけました。
いろいろと対策が書かれていましたが、面倒くさいので「WORD2013」を立ち上げて更新プログラムを適用することにしました。

この方法は「Microsoft Office 2013 クイック実行」というのだそうです。
↓の「Microsoft サポート」で詳細が書かれていました。
Microsoft Office 2013 クイック実行の更新について

続きが気になる方は、こちらをご覧ください。
[PR]
by zeiss1221 | 2013-06-19 00:00 | ソフトウエア | Trackback | Comments(2)

(1)
a0195032_9455559.jpg

6月5日の記事「「OLYMPUS Viewer3」に変えた」で、間違った指摘をしてしまいました。
「よく使うメニューを上部に配置し、バランスよくまとめて欲しいという希望を感じました。」という部分です。
実は、「パレットの編集」というのがあって、ちゃんと順番が変更できるようになっていました。

「ヘルプも読まんでカキコするなんて、お前がアホや!」って言われちゃいそうですが・・・(汗)
やはり、取扱説明書やヘルプをきちんと読んで、正しく使わないといけませんね。
反省!

ということで、よく使うメニューを上に集めて、滅多に使わないアートフィルターは再下段にもってきました。
これでますます使い勝手がよくなると思いますので、暫くこの状態で使ってみることにします。
変更したければいつでも変更が出来ますからね。


(2)
a0195032_946206.jpg

これが「パレットのカスタマイズ」画面です。
非常にわかりやすく、簡単にメニューの位置を変更することができました。
もし、 「OLYMPUS Viewer3」をお使いで、「不便だなぁ!」と感じられている方は是非使ってみてください。
操作性が格段に違ってきますよ♪
[PR]
by zeiss1221 | 2013-06-11 12:00 | ソフトウエア | Trackback | Comments(0)

「OLYMPUS Viewer3」に変えた

(1)
a0195032_8261418.jpg

「OLYMPUS Viewer2」の記事を出したばかりですが、「OLYMPUS Viewer3」についてレポートします。
昨日の夜にインストールして、かなり改善されていることがわかりました。

基本画面でのサムネイル表示が、2ではRAWとJPEGとも表示されていましたが、3では1枚のみで同時記録した場合はR+Jの表示がされます。
したがって、2で見られたJPEG画像のサムネイル表示のバグに関しては問題がなくなりました。
サムネイル表示自体もかなり見やすくなり、RAW現像がよりスムーズになったようです。

続きがあります。こちらを・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2013-06-05 08:43 | ソフトウエア | Trackback | Comments(0)

(1)
a0195032_920331.jpg

昨年のGW前に買ったオリンパス・E-PL3についていた画像管理&RAW現像ソフト「OLYMPUS Viewer2」を使ってみました。
見た目は分かりやすくて、操作性も直観的で好印象ですね。
処理も比較的簡単で、素早く好みの画像が得られる点は評価ができます。

ところが、使ってみて初めて分かったことがあります。
それは・・・

続きが気になる方は、こちらをご覧ください。
[PR]
by zeiss1221 | 2013-06-05 00:00 | ソフトウエア | Trackback | Comments(0)

Microsoft Office2013を導入!

a0195032_06485.jpg

メインPCである「自作3号機改Ⅲ」がとうとう昇天して、昨日(あっ、もう一昨日か・・・)は気落ちしてしまいました。
でも、サブ機が別に2台あるため、自作6号機をメインPCに昇格させました。
メインで使うにはOfficeソフトが入っていなかったため、手元に温存していたものを使うかと・・・

一応、Office Home and Business2010ですので、とりあえずインストールしてユーザー登録を済ませました。
とりあえずと書いたことには訳があります。
4月30日までにユーザー登録しておけば、なんと2013に無料でアップグレードできるのであります♪

早速、その権利を行使して、Office.comのマイ・アカウントページからダウンロード&インストールしました。
このアップグレードは不正使用を避けるためか、単独でインストールファイルをダウンロードすることができないようになっています。
待つこと暫し、無事に2013にアップグレードすることができました。

これはエクセルの起動画面ですが、2010からもがらっと変わっていますね。
いわゆるOfficeのスタート画面といったところでしょうか?


a0195032_065462.jpg

これが基本画面ですね。
2007ではとっつきにくかったものが2010になって使いやすくなり、2013ではさらに進化しています。
「2003でいいよ!」と言うことなかれ。

この2013の進化度は半端ではなく、例えば、グラフの知識などまったくなくて簡単に作ることができるんです。
ピボットテーブルなども、かつては使い勝手を知っている人のみが使う機能でしたが、2013では呆気ないほど簡単になっています。

でも、正直なところ、あまり家庭ではOfficeは使いたくないかなぁ・・・
会社でイヤというほど使っていますからねぇ(笑)
でも、まぁ、せっかく無料でアップグレードできたのですから、有効に使わせていただきましょう♪

あれ、スタートメニューを見たら、Office2010も共存しているぞ!
うーむ、両方一緒に使うことはないんだけれど、まぁ、いいか!!
[PR]
by zeiss1221 | 2013-04-27 00:24 | ソフトウエア | Trackback | Comments(4)

Ashampoo Photo Optimizer 5

(1)
a0195032_21595582.jpg

いやぁ、何とも素晴らしい画像処理ソフトを見つけました。
私はいろいろな画像ソフトを「使っていますが、JPEG画像を簡単に素晴らしいものに最適化するソフトがこれです。
英語表記のソフトウエアですが、中学生、高校生レベルの英語力で十分使えるソフトウエアです。

効果のほどは中央部にあるスライダーを動かして確認することが出来ます。
画面上では左半分がオリジナル画像で、右半分が最適化された画像となっています。
見た目でその効果がお分かりいただけることと思います。

以下、サイトの売り込み文句を和訳したものを掲載しておきます。

Ashampoo Photo Optimizer 5

【製品特徴】
デジタル画像をすばやく簡単に編集および最適化!

【製品詳細】
ホワイトバランスやカラーの調整、コントラストや明るさの制御などでお困りではありませんか。
もうそんな心配はいりません。
1回のクリックだけですべての処理が完了します。
結果は非常にクリアで色彩豊かで、プロがイメージ処理ソフトウェアで編集したような仕上がりを得ることができます。

○非常に容易になった画像の最適化
「Ashampoo Photo Optimizer 5」さえあれば、デジタル画像をすばやく簡単に編集および最適化できます。
このプログラムを使用すると、1回のクリックだけで品質の最適化を行うことができ、2分割されたビューで最適化前と最適化後の画像を比較することもできます。

○明確に構造化されたユーザーインターフェイス
「Ashampoo Photo Optimizer 5」の明確に構造化されたユーザーインターフェイスには、統合されたエクスプローラスタイルのイメージビューアが含まれているため、すべてのデジタル画像にすばやくアクセスできます。

○1回のクリックで実現する最適化
画像を選択して[最適化]を選択するだけで優れたエフェクトを適用できます。
画像を魅力的に明るくして、より自然に表現することができます。

【動作環境】
●ライセンス:1ライセンス1PC
●OS: Windows 7(32/64bit版)/ Windows Vista(32/64bit版)/ Windows XP(32bit版)
※日本語OS環境のみサポート
※Windows 7 / Vista / XPへのインストールには管理者(Administrator)権限が必要です。
●コンピュータ: 上記のいずれかのオペレーティングシステムを適切な速度で実行するコンピュータ
●CPU:1500 MHz以上のx86/x64 CPU
●グラフィックアダプタ: 1024 x 768以上の解像度、16ビットHigh Color、64 MB以上のRAM
 (推奨: 1280 x 1024以上の解像度、True Color)
●RAMとディスク容量: 1 GB以上のRAM、プログラム用に約75 MBのハードディスク容量
●その他:インターネットに接続可能な環境
 ※ライセンス認証、アップデータの提供、およびユーザー登録などのサービスはインターネットを通じて行われます。


興味がある方は続きをどうぞ・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2013-03-29 18:00 | ソフトウエア | Trackback | Comments(2)