人気ブログランキング |

川崎汽船の次世代型自動車運搬船「DRIVE GREEN HIGHWAY」

(1)
a0195032_20233127.jpg
今年(2016年)の2月は横浜港大さん橋には一隻の客船もやって来ません。
そのような中を川崎汽船次世代型自動車運搬船「DRIVE GREEN HIGHWAY」が寄港するというニュースが飛び込んで来ました。
国際客船ターミナルに自動車運搬船が着岸するというのは極めて珍しい事だと言えるでしょう。

着岸予定時刻が2月11日午前10時30分・・・あっ、だめじゃん、別の予定が入っている~(;'∀')
ということで、それが済んで昼食を済ませてから大さん橋に駆けつけたのは午後1時30分近くのことでした。
大さん橋の屋上デッキ「くじらのせなか」の一番高い場所から見た姿は「マッコウクジラ」を連想させるものがありました。




(2)
a0195032_20243073.jpg
横浜中華街方面から駆けつけた私は、まずは開港の道・山下臨港線プロムナードのデッキから本船を眺めようと考えました。
大さん橋D号岸壁いっぱいに着岸したその姿は、とにかくデカイ!の一言です。
全長199.99m、全幅37.50m、総トン数76,387トンは伊達ではありませんでした。


(3)
a0195032_20244308.jpg
開港の道・山下臨港線プロムナードから大さん橋を目指し、途中の屋上デッキへと至る通路から一枚!
こんな時は新しく購入した超広角ズームが威力を発揮します。


(4)
a0195032_20250129.jpg
屋上デッキに到達してみて、改めてその大きさに度肝を抜かれました。
これは超広角レンズを使って縦位置で撮影したカットですから、ごく普通に見えるかもしれませんが・・・


(5)
a0195032_20252219.jpg
とにかく上を見上げてもこんな感じで、まさに唖然としたのであります。
真新しい赤と白の船体が眩しく感じられますね。


(6)
a0195032_20254172.jpg
午後2時近くですから半逆光となってしまいますが、とりあえ船首側から眺めてみることにしました。
まぁ、ギリギリ鑑賞に耐えうる光線状態と言えるでしょうか?


(7)
a0195032_20255326.jpg
船尾側へ向かうと何やら作業をしている様子で、人が多く集まっていました。
おっ、何と巨大なランプを降ろし始めていたではありませんか。


(8)
a0195032_20260872.jpg
屋上デッキからではこの後の展開を見るには不十分だと思って、ひとまず大さん橋を離れることにしました。
その途中で一枚!
大変な人だかりで、カメラを頭上高く掲げて撮影してもこんな感じです。
このような場所には長居は無用であります。


(9)
a0195032_20262268.jpg
ということで、人が疎らな象の鼻防波堤までやって来ました。
ここなら他人いに邪魔されずにゆったりと眺めることが出来ます。
しかも、自由に場所を変えながら・・・


(10)
a0195032_20263882.jpg
で、少しずつ左方向へと移動しながらの撮影と相成りました。


(11)
a0195032_20265099.jpg
さらに左に寄って・・・


(12)
a0195032_20270228.jpg
ランプはかなり降りてきましたが、ここから作業がスムーズに進捗しているような動きには見えませんでした。
安全やその他を確認しながら慎重に行われていたのでしょう。


(13)
a0195032_20271621.jpg
かなり時間の溶融がありそうでしたので、赤レンガ倉庫側へと移動して眺めることにしました。
と言うのも、ご覧の様に一旦降ろされかけたランプが、再び持ち上がったからなんですよね。


(14)
a0195032_20272918.jpg
ランプが結構持ち上がっている様子が分かります。
この後、再び降ろさせるようですが、いつになったら完全に降りた状態になるんでしょうか?


(15)
a0195032_20274189.jpg
ピア赤レンガのりばがある関係で真横から見ることは出来ませんが、可能な限り真横に近い状態のところで一枚!


(16)
a0195032_20275451.jpg
再びランプが降りて来て、今度は最後まで降ろすような感じに思えました。


(17)
a0195032_20281042.jpg
どうやら完全にランプが降ろされたようです。
時刻は午後2時53分のことですから、作業開始からほぼ一時間かかったことになります。
さて、これで私は撤収することにしましょう・・・風邪も完全に抜けた訳ではありませんからね。

【本船概要】
 主要寸法:全長199.99m x 幅37.50m x深さ38.23m x 喫水9.925m
 載貨重量:20,034トン
 総トン数:76,387トン
 主 機 関:MAN B&W 7S60ME-C8.2
 航海速力:20.00ノット
 定  員:31名
 船  級:NK
 船  籍:パナマ

by zeiss1221 | 2016-02-16 00:00 | 船舶