今年は「Windows95」発売20周年

(1)
a0195032_16093819.jpg
今や押しも押されぬ存在となったMicrosoftWindowsですが、1995年にWindows95が発売されて20年経ちました。
Windows95発売20周年イベント(非公式?)が行われたようですが、発売当時は一世を風靡したような感じでした。
一応、その前にWindows3.1というOSもありましたが、当時MS-DOSを使っていた私は「何じゃこれ?」というイメージしか残っていません。

MS-DOS時代はドヤ顔でパソコンを使っていた私ですが、Windows95が普及してからは若い社員にあっという間に追い越されてしまいました(笑)
MS-DOSはキーボードでコマンドを打ち込むのに対して、Windows95はマウスで殆どのコマンドを実行するのですからね~。
最初のうちは「???」でしたよ。

しかも、ワープロは「WORD」に、表計算は「EXCEL」に切り替わっていましたので余計に分からなくなりました。
私はワープロは「一太郎」、表計算は「ロータス1-2-3」を使っていましたから、切り替えるのには少し時間を要しました。
今から考えると懐かしい思い出です。




(2)
a0195032_16210418.jpg
Windows95の後継OSがWindows98ですが、私は初めて自分のパソコンを買った時にプレインストールされていたOSでした。
当時はパソコンも高くて、何の変哲もないデスクトップPC、それも、CPUはCeleron366MHzという超低スペックのもので27万円もしたんですよね。
やはり自宅にPCがあるといろいろなことをやってみようという気にはなります。

インターネットが普及しだしたころでして、最初に富士通のポータルサイトにアクセスしたのはいいんですけれどね~。
その次ぎに何をしたらいいのかわからないまま、徒に時間だけが過ぎていくのでありました(笑)
当時は電話回線を使うダイヤルアップ接続が普通でしたから、一日の説測時間の上限は10分と決めておりました。


(3)
a0195032_16263515.jpg
そして、WindowsMEが2000年に登場しました。
WimndowsMEはWindows98のバージョンアップ版という位置づけだったのか、アップデート版は格安で販売されていた記憶があります。
ところが、このWindowsMEは個人的にはダメOSに思えてなりませんでした。

マルチメディアを意識したのでしょうけれど、OSの動作としてはWindows98より重く感じられました。
パワーのないCPUを使っていたこともあったのでしょうけれど、CPU使用率は常時100%近かったように記憶しています。
そして、その結果としてフリーズしたり落ちたり・・・散々な目に遭いました。


(4)
a0195032_16303281.jpg
そして、素晴らしいOSが登場しました。
言うまでもなく、Windowsを代表するOSといえるWindowsXPです。
これは本当に素晴らしかったなぁ・・・その後、Windows Vistaという凄い代物(笑)が出ましたが・・・
その反省として(?)登場したのがWindows7でしたよね。

とにかくWindowsXPは手固いOSであったことから長い間君臨し、企業で使用するPCがなかなかWindows7に切り替わらなかったという逸話もありました。
私はすんなりWindows7に乗り換えましたが、実は一台だけWindows Vistaを搭載したPCを買ったことがあります。
感想としては「ダメだこりゃぁ、次行ってみよう!」で、すぐさまWindows7にアップグレードしてしまいました(爆)


(5)
a0195032_16351336.jpg
そうそう、WindowsXPの壁紙は実に爽やかでしたね。
草原に青空とたなびく雲・・・ほかの壁紙に切り替えることすらしないで使い続けました。
WindowsMEまでは無味乾燥な壁紙だったため、結構いろいろと変えたりして使っていました。

さて、現在はWindows10となりましたが、皆さん、使い勝手はいかがでしょうか?
私は決して悪くはないと思っていますが、まだ、ちょっくらバグはあるような気がします。
ただ、私のWindows10の環境はクリーンインストールではなくて旧OSからのアップグレードですから一概には言えないとは思いますけれど・・・

[PR]
by zeiss1221 | 2015-11-29 00:00 | パソコン関連