川根路に汽笛が響く(大井川鐵道本線)

(1)
a0195032_09340179.jpg
清水港から移動した先は大井川鐵道でしたが、ここを訪れるのは何年振りのことでしょうか。
毎年「行きたい」と思いながらも、これがなかなか実現させることができませんでした。
数年前から船舶の撮影に嵌ってしまったことも一因ですが、近場での撮影が多くなったことが大きな理由でしょう。

さて、どこで撮ろうかな?と考えましたが、まずは無難な場所を選んでしまいました。
「SLの見える丘公園」というのがあって、そこの駐車場から数分坂を下った場所から撮ることにしたのです。
ここからは俯瞰撮影が可能ですし、茶畑やこの後に続く変化のあるシーンを撮ることが出来るのが大きな理由でした。

それと、たまにはねこさん(ブログ「ねこの撮った汽車」) の撮り方も見習わないとね。
レベルは雲泥の差ですが・・・(;'∀')

撮影地:大井川鐵道本線・抜里駅~笹間渡駅間(1枚目から4枚目)
列 車:かわね路13号(新金谷駅発10:38)




(2)
a0195032_09482388.jpg
↑のトップ画像で茶畑の間を駆け抜けた蒸気機関車は、やがて大井川を跨ぐ長い鉄橋に差し掛かります。
太陽は出ていないものの煙も出ていますし、まずますでしょうか・・・
因みに、蒸気機関車はC11形227号機です。


(3)
a0195032_09492055.jpg
トップ画像にしようかと悩みましたが、時系列的に並べてしまいました(;'∀')
蒸気機関車を先頭に客車7両と候補機の電気機関車の計9両の長い編成となっています。
あれ、一両だけオレンジ色の客車が混じっていますね、う~む・・・


(4)
a0195032_09501498.jpg
望遠側300ミリ相当でなおも追いかけました。
さて、この後は時間が空きますから、駅なども何か所か見ながら次なる撮影地を決めることにしましょう。


(5)
a0195032_09503104.jpg
途中、二か所の駅に立ち寄ってから撮影地に決めたのがここです。
またまた鉄橋との絡みですが、崎平駅と本線の終着駅である千頭駅との間にある大井川を跨ぐ橋(歩行者・自転車専用)から狙いました。
おや、今度はオレンジの客車の中に一両だけ焦げ茶色の客車が・・・(;'∀')
撮影する身にとってはどちらかに統一してくれた方が嬉しいのですが。

撮影地:大井川鐵道本線・崎平駅~千頭駅間(5枚目・6枚目)
列 車:かわね路1号(新金谷駅発11:52)


(6)
a0195032_09503755.jpg
「二兎追うものは・・・」のたとえがありますが(笑)
続きで撮影しておきましたが、狙いは色づき始めた木々と大井川の清流ですね。
牽引する蒸気機関車はC11形190号機です。

さて、この後はいよいよこの日のハイライトとなるシーンを収めにさらに奥へと分け入ることにしました。
それは明日の記事で♪


[PR]
トラックバックURL : https://zeiss1221.exblog.jp/tb/21796518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kurese0535 at 2015-11-05 00:19
こんばんわです。
おお、よい風景の中に蒸気機関車!
いいですね〜。一度こういうロケ地で撮影してみたいです。
オレンジとこげ茶の客車、そういう配置で連結したのには
なにか理由があるんでしょうか?
まさか、あ、間違っちゃった!直すのめんどいからこのまま出発!
なーんてことはさすがにないですよね。
確かに色、統一してほしいですね。
Commented by arak_okano at 2015-11-05 06:58
赤い鉄橋にSl、紅葉までとは贅沢ですね、車輌が混ざるのは何でかな、でもバグースです。歩いては行けないのでしようね、明日は重連かな。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-11-05 14:10
蒸気機関車そのものが、夢のような乗り物になってしまいました。
解説付きで拝見できてとても有り難いです。

小学生の頃、奈良の桜井線にまだ汽車が走っていて、社会見学として
畝傍駅で、生徒全員が順次操縦室に入れてもらいました。
懐かしい想い出です。
Commented by 武ちゃん at 2015-11-05 21:57 x
こんばんは、
大自然のなかの大井川を渡る蒸気機関車‥いい眺めですね!
過去にも何度か訪れているせいか撮影ポジションも決まっています。
当然、運行ダイヤも頭に入れながらの撮影かと思います。
Commented by zeiss1221 at 2015-11-05 22:27
kurese0535さん、こんばんは。

この大井川鐵道は数年前に一度だけ行ったことがあります。
基本的にはその時に撮影した場所と同じところを選んでしまいました。
まぁ、無難な線でいったようなものですね(;'∀')

オレンジ色の客車は機関車トーマス、ジャームスが牽引するものなんですが・・・
客車の色が混じったのは何か理由があるのではないかと推測するだけです。
もし、「あっ、間違えた。黙ってような~」ということはないとは思います(笑)
Commented by zeiss1221 at 2015-11-05 22:32
アラックさん、ありがとうございます。

紅葉とまではいきませんが、気分は高揚しました(;'∀')
違う色の車両が混じっているのは「あれ~・・・」って気分にはなりましたけれど。
まぁ、久々の大井川鐵道を楽しみました♪

明日は蒸気機関車ではありませんよ。
個人的にはもっと興味がある鉄道車両と風景です。
Commented by zeiss1221 at 2015-11-05 22:35
まほろばさん、こちらにもコメントありがとうございます。

一度は全廃となった蒸気機関車ですが、復活してくれて嬉しい限りです。
殆どはイベント的に運航していますがこの大井川鐵道ではきちんとした
営業運転になっています。
まぁ、最近はイベント的要素が多くはなりましたけれど・・・

蒸気機関車お運転室に入られたことがあるんですか。
私は新潟県糸魚川市にある工場の専用線の小さな蒸気機関車に乗せて貰った
ことがあります。
よき思い出でした。
Commented by zeiss1221 at 2015-11-05 22:40
武ちゃんさん、こんばんは。

大井川鐵道はスケールの大きな撮影が出来るのが魅力です。
しかも、旧型客車ですし、駅や鉄道全体の雰囲気もまるで
博物館そのもののような感じがします。
気になったのは、蒸気機関車以外の列車の運行本数が減った
のではないかということですね。
やはり経営は相当厳しいらしいですよ。
Commented by kirafune at 2015-11-05 23:38
赤い鉄橋にそそられました。
けむりもくもく、キタ~~~!
いいなあ、大井川鉄道。
ほんと絵になりますね。
スケールが大きくてすばらしいです。
しゅっしゅ、ぽっぽ~。
SLの音が聴こえてきました。
Commented by kogechatora at 2015-11-05 23:49
リンクありがとうございます。

トーマスくんの運行は10月で終わって機関車は黒に戻りましたけど
客車はオレンジのまま…さらに編成も乱れてしまってますねぇ…
オレンジ編成と黒編成に統一して欲しいですね。

SLの見える丘公園、後ろの道を上っていくと絶景があったんですけど
だんだん木が伸びて視界が遮られたり、
耕作放棄されて道が荒れたり…
もう撮れなくなってしまいました…
Commented by zeiss1221 at 2015-11-06 19:13
雲母舟さん、こんばんは。

大井川鐵道はやはりいいですよ。
景色もさることながら、鉄道全体が博物館のような
感じなんです。
駅も一つ一つ丹念に見ていきたかったのですが、時間
が許すはずもなく、後ろ髪をひかれる思いでした。
汽車や検便鉄道も見ましたから、ぞれはぞれで満足感
がありました♪
Commented by zeiss1221 at 2015-11-06 19:16
ねこさん、こんばんは。

スミマセン、勝手にリンクしちゃいましたm(__)m
トーマス、ジェームスの運行が終わったから行ったような
ものでもありましたが・・・
客車は統一して欲しかったですね。
気のせいかもしれませんが、数年前に訪れた時よりも勢いが
感じられなかったというか・・・やや心配です。

>SLの見える丘公園、後ろの道を上っていくと絶景があったんですけど
数年前も行こうと思ったものの、乗用車の足回りと3ナンバーの車幅では
無理でした。
木は年々成長しますから、「えっ?」と思うこともよくありますね。
Commented by tachibana at 2015-11-08 08:22 x
茶畑の中をSLが走る…さすが、大井川鐵道ならではです。
1日だけでは足りないくらい見所がたくさんありますね…
確かにそれぞれの客車が1両入れ替わっているのは不思議です。

Commented by zeiss1221 at 2015-11-08 16:26
tachibanaさんへ

茶畑を絡めるならもっといい場所がありますが、今回は
無難な場所を選んでしまいました。
「あそこがいいかも!」と思った場所もありましたが、
アクセスできるかどうか判断できなかったものですから。

>確かにそれぞれの客車が1両入れ替わっているのは不思議です。
でしょ?
大井川鐵道さんには少し考えて貰いたいなと思いました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-11-05 00:00 | 鉄道 | Trackback | Comments(14)