人気ブログランキング |

在りし日の「くりはら田園鉄道」(1)

(1)
a0195032_09573057.jpg
noricapaさん「くりはら田園鉄道」の画像をアップされていましたので、私も便乗してみようかな?と・・・
撮影年月日は2004年5月3日ですから、もう11年も前のことになるんですね。

この時は友人の弟さん宅にお世話になって、一関市を中心としてあちこち見て回っていました。
翌日には帰宅するというタイミングで、友人に「くりでんが見たい」と我がままを言って連れて来て貰いました。
撮影場所は「くりでん」の終着駅「細倉マインパーク前」です。

岩手県栗原市にある「くりはら田園鉄道」は、以前は「栗原電鉄」という名称で電化された私鉄でした。
1995年に施設老朽化によって電化は廃止され、社名と線名が改称された上でディーゼル列車が運行開始しました。
一両のディーゼル列車が長閑な田園風景の中を走る姿は何とも愛らしいもので、撮影しながらも自分の目で追いかけていたようです。




(2)
a0195032_09573144.jpg
↑のトップ画像の始まりがこのカットです。
遠くにある踏切の警報器が鳴り始めて、しばらくすると臙脂色(?)の車両が姿を見せました。


(3)
a0195032_09573357.jpg
ゆっくりと近づいてきた「くりでん」の車両ですが、デザイン的にも心惹かれるものがあります。


(4)
a0195032_09573590.jpg
やがてホームに滑り込んだ列車からは乗客が降りて、思い思いの方向へと散っていきます。
ゴールデンウイークの真っ最中でしたから、「細倉マインパーク」という施設へ行く人もいたことでしょう。
この「細倉マインパーク」とは細倉鉱山の歴史などについて学ぶ(遊ぶ?)地底博物館として今でも賑わっているようです。


(5)
a0195032_09573771.jpg
マニア垂涎の凸電です。
電化されていた当時は鉱石や貨物を満載した列車をけん引していたのでしょうね。

その姿を見る機会が昔はあったのに何で行かなかったかなぁ・・・
今にして思えば「もっと撮っておけば良かったのに」ということになりますね。
嗚呼、後悔先に立たず。

※撮影に当たっては安全とルール順守を最優先とし、すべて鉄道敷地外行っております。

by zeiss1221 | 2015-10-15 00:00 | 鉄道