京急電鉄を撮る(8)

(1)
a0195032_20451731.jpg
今年になってからよく撮影するようになった京急電鉄ですが、今回は2000形 に焦点をあててみました。
どちらかと言えば2000形は古さを感じるデザインですが、2100形がデビューするまではリゾート用の快速特急として活躍していました。
その後は2扉から3扉に改造されましたが、車内にある窓の日除けがカーテンであることからもその片鱗が窺えます。

今では赤に白線一本のカラーが殆どとなった2000形ですが、私が知る限りでは1編成だけ赤とクリーム色の車両が走っています。
先頭車両のデザインは殆ど変わりませんが、サイドビューはほかの2000形とは一線を画すデザインとなっています。
私はさっぱり運用が分らないため、京急蒲田駅から新逗子駅の間で運を天に任せてエイヤっ!

これは2枚目の電車が羽田空港からの折り返しとなるエアポート急行新逗子行きを花月園前駅で捉えたものです。
この時は久々に胸が高鳴りましたね~。
鉄道に興味がない方には理解できないかもしれませんけれど・・・(笑)




(2)
a0195032_20451969.jpg
子安駅でイエローハッピートレインを待っていたらいきなり2000形が向かって来ました。
これには慌てました。
ちょっとフレーミングが中途半端ですが、左側の留置線に止めてある車両とカラーが一緒ということで・・・
↑でも書きましたが、この車両が来たため、花月園目駅で折り返しを待つことにしたのです。


(3)
a0195032_20452141.jpg
同じ花月園前駅で横浜方面からやって来た2000形を捉えたものです。
こちらは一般的な赤に白線一本のデザインの車両です。
因みに、奥に見える駅は生麦駅で、横浜駅方面へ向かう各駅停車はそこで通過電車をやり過ごします。


(4)
a0195032_20452333.jpg
これは違う日に1編成しかないカラーの2000形を京急鶴見駅で撮影したものです。
この駅で停車しますから、このカットを撮影してからホームの後方へ爆走であります(笑)


(5)
a0195032_20452578.jpg
爆走した甲斐がありまして、発車シーンに間に合わせることができました。
大気の歪みの影響によって、先頭から4両目までの車両が通に浮いて見える写真となったのがこの日のことでした。

最後に、この2000形について京急電鉄のホームページより引用しておきますね。
昭和58年に登場。2扉クロスシートの落ち着いた車内、斬新なエクステリアが評価され、ブルーリボン賞を受賞しました。
しかし、後続車として2100形が誕生したため、平成10~12年の改造工事でドアを3扉にし、ドア間の座席をロングシートにして通勤仕様としました。
先頭車には車椅子スペースを設け、バリアフリー化も推進しています。
また、座席の仕切りは大型のものを使用し、ドア脇に立っているお客さまと触れないようにしました。

※撮影に当たっては安全とルール順守を最優先とし、ホームの黄色い線の内側で行っております。

[PR]
トラックバックURL : https://zeiss1221.exblog.jp/tb/21729774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-10-21 10:56
最近、雨が降りませんね!

>大気の歪みの影響によって、先頭から4両目までの車両が通に浮いて見える写真
確かに、浮いて見えます。
貴重な写真がとれましたね。
やはり通うことの大切さを感じました。
Commented by zeiss1221 at 2015-10-21 21:22
まほろばさん。こんばんは。

10月の日照時間は平年よりも遥かに多いとのことです。
いいお天気が続いてお出かけするにはいいのですが、乾燥していますね。
風邪やインフルエンザが流行しつつあるとか・・・

電車が浮いて見えたのは初めてのことで、PCで画像を見て驚きました。
「えっ、何で?」と暫く考えてしまいました。
世の中、不思議なことや知らないことがまだまだありそうです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-10-21 00:00 | 鉄道 | Trackback | Comments(2)