秋の南会津、そして桧枝岐、尾瀬へ(2012年10月)

(1)
a0195032_16424632.jpg
今からちょうど3年前のことですが、家族で南会津桧枝岐尾瀬へ2泊3日で出かけた時の写真をお届けします。
別にネタ切れしたわけではないのですが、なんとなく「懐かしいなぁ!」と思ったものですから・・・

いつもは9月に家族旅行へ出かけるのですが、この年は9月に長女がスロベニアなどへ出かけたために10月となりました。
まぁ、尾瀬は紅葉もしていることでしょうから、却って都合が良かったことになりました。
ところが、最初の二日間は曇りで、時折小雨がぱらつく生憎のお天気でした。

最初に訪れたのは、南会津の前沢曲家集落です。
実際に住民の方が生活されている場所で、観光地というのはちょっと違うのではないかと思います。
車は集落入口にある駐車場にとめて、生活の邪魔にならないように徒歩で見学することになっています。

せっかくですから曲家の写真を掲載すればいいようなものですが、空がどんよりとしていて絵になりませんでした・
それはともかく、このように薪を積み上げているのが懐かしくて・・・(←北海道育ち)
いかにも北国というか、雪国といった風情が出ていると思いました。




(2)
a0195032_16434456.jpg
さて、前沢曲家集落 を見てまわっているうちにお昼時となりました。
昼食は集落入口にある”そば処 曲家”さんで決まりで、私は天ぷら蕎麦にはっとうがついたセットを注文しました。
久々に食す曲家さんの蕎麦は旨かったな~♪


(3)
a0195032_16435727.jpg
秋の味覚と言えば栗も忘れてはいけません。
てゆーか、これは人様の家に植えてあるものですから、栗を取ってはなりませんぞ。
とっていいのは写真だけ。


(4)
a0195032_16441229.jpg
お腹が膨れた我が一家が次に訪れたのは、”大桃の舞台”です。
桧枝岐へ向かう道路から少し入ったところにありますが、誰もいませんでした。
これも桧枝岐同様に農民歌舞伎の舞台だったもので、国の重要有形民俗文化財に指定されています。


(5)
a0195032_16442607.jpg
さて、いよいよ桧枝岐村に到着です。
お宿は二日間とも桧枝岐にとりましたが、まずは村内を見て回ることにします。

一般的には六地蔵はお寺にありますが、ここでは道路に面した場所に祀ってあります。
物見遊山で見るものではありませんが、桧枝岐を知るには欠かせないものですから・・・


(6)
a0195032_16444004.jpg
桧枝岐歌舞伎の舞台がある場所への入口です。
桧枝岐の観光名所は概ねこの一角に集まっていますので、ここは欠かすことが出来ない場所となっています。


(7)
a0195032_16451915.jpg
↑の場所から少し離れた場所にある”板倉”です。

防火用の穀物倉庫で、民家から離れて建てられたものをいう。
役場近くの国道352号沿いに見られる板倉は、蒸篭[せいろ]造と呼ばれ、窓がない。
板で隙間なく四面を巡らし、柱や釘は一切使わず、せいろのように厚い板を組み合わせ積み上げたもの。
屋根は厚板を置き、ダケカンバの皮で覆いナラの割板で葺いている。
奈良の正倉院と同時代の建築様式といわれ、昔の人々の生活を知る上で貴重なものだ。
るるぶcomより引用


(8)
a0195032_16445407.jpg
前々から一度見たかった眺めで、桧枝岐村を一望のもとに見下ろせる場所です。
中土合公園から階段と山道をかなり登ったところにあって、肌寒いのに大汗をかいてしまいました。
太陽の姿がないのは残念でしたが、念願の眺めを見ることができて大満足でした。


(9)
a0195032_16453884.jpg
3日目にしてようやくいいお天気に恵まれました。
最終日ですからあまり遠くまで行くことはできません。
とりあえず御池の駐車場に車を止めて軽く散策することにしました。


(10)
a0195032_16455423.jpg
御池の駐車場から遊歩道を歩いていくと、燧裏林道という人気(ひとけ)の少ないコースへ出ます。
湿原が次から次へと現れてくる楽しい木道を行きますが、湿原には”〇〇田代”という名前がついています。
ここは上田代という湿原で、草紅葉がとてもきれいでした。

もう少し奥まで行きたかったところですが、家までそれなりの距離を運転して帰らないといけません。
後ろ髪をひかれる思いで帰途に就きました。

[PR]
トラックバックURL : https://zeiss1221.exblog.jp/tb/21716952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kurese0535 at 2015-10-10 00:00
こんばんわです。
すごい色づいていますね〜。9とか錦色のようですね。
10も先を進みたくなりますね〜。
誰もいないようですが人は少ないのですか?
Commented by zeiss1221 at 2015-10-10 09:24
kureseさん、おはようございます。

尾瀬は標高がありますから色づきは早いですね。
桧枝岐ではまだまだでも、奥に入ればきれいな色となっていました。
今頃は錦秋の世界が広がっていることでしょう。

>誰もいないようですが人は少ないのですか?
はい、こちらはメインストリートではないため、殆ど人がいません。
クマが出そうで、ちょっと怖いか印字がしますね。
この遥か先には、有名な三条の滝があるんですよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-10-08 00:00 | 旅行 | Trackback | Comments(2)