人気ブログランキング |

光が丘公園で秋を感じて・・・

(1)
a0195032_13044234.jpg
我が家から歩いて10分ほどの場所に入口がある練馬区光が丘公園では、静かに秋の装いが始まっていました。
これは野鳥観察池の畔に立っているラクウショウ(落羽松)です。
まだ葉は青々としてはいたものの、ところどころオレンジに色づき始めている様子が伺えました。

似たような木にメタセコイアがありますが、このラクウショウも負けず劣らず見事な葉の色付きを見せるんですよ。
ラクウショウはスギ科ヌマスギ属に分類される北米原産の落葉針葉高木で、別名をヌマスギ(沼杉)といいます。
丸く見える実がなっていますが、まさしくこれは果実です。




(2)
a0195032_13044429.jpg
芝生広場にある形の良い満天星も色づき始めていました。
晩春から初夏には白い可愛らしい花をつけますが、秋になると葉が目にも鮮やかな色に変化します。
さて、今年は綺麗に染まるのでしょうか?


(3)
a0195032_13044629.jpg
色づきといえばハナミズキも忘れてはいけませんね。
順光線だとくすんで見える葉も、逆光などの透過光で見るととてもきれいですよ。


(4)
a0195032_13044868.jpg
そのハナミズキの木にも赤い実がたくさんなっていました。
これって鳥も啄むんでしょうか?


(5)
a0195032_13045050.jpg
光が丘公園のメインストリートは樹齢100年を超える銀杏の並木となっています。
かなりの株にぎんなんがなっており、たくさんの実が地面に落ちていました。
茶碗蒸し、焼きぎんなん・・・旨いのですが、この状態での臭気るやなかなかのものです。
これを靴で踏んづけてから電車やバスに乗ったら白い目で見られまっせ~(笑)


(6)
a0195032_13045288.jpg
クサギ(臭木)の実です。
白い花は終わっていましたが、独特の形と色合いの実がなっていました。
聞いた話では「昔、この実を羽子板の羽に使っていた」と・・・


(7)
a0195032_13045340.jpg
昆虫広場(原っぱだったかな?)にあるススキです。
場所としてはバードサンクチュアリの前といった方が分かりやすいと思います。
手前にはチカラシバも群生し、ここも秋の装いでしたね。

なお、今回使用した機材は以下の通りです。

by zeiss1221 | 2015-10-03 00:00 | 樹木・草本