人気ブログランキング |

「飛鳥Ⅱ」夕映えの横浜港より出航!

(1)
a0195032_16510214.jpg
時刻は午後4時半を少し回ったところでした。
日もかなり傾いてきて、海面の反射も黄金色に変わってきました。
「飛鳥Ⅱ」の出港時刻まで30分を切りましたから、そろそろ予定した撮影場所へと移動しなくてはなりません。

その撮影場所とは、大さん橋と対岸にある赤レンガ倉庫の前です。
まぁ、普通に歩いて行っても10分少々で着きますから余裕はまだあります。
秋になって徐々に日が暮れるのが早くなっていますから、あとは太陽がいつまで輝き続けていてくれるかどうかですね。




(2)
a0195032_16515861.jpg
さて、赤レンガ倉庫の前までやって来ました。
既にタグボートが「飛鳥Ⅱ」の船尾で待機しています。


(3)
a0195032_16521486.jpg
この日、「飛鳥Ⅱ」の出港をサポートするタグボートは、東京汽船「天竜丸」 です。


(4)
a0195032_16523866.jpg
そろそろ出港時刻の5時を迎えるところですが、空を見たら月が出ていました。
画面では右上にありますけれど、VGAサイズの画像では分かりにくいですよね。
こうやって二隻の外航客船と今では横浜クルーズ船として活躍している旧客船の組み合わせを見るのも最後かもしれません。


(5)
a0195032_16532022.jpg
出港間際の「飛鳥Ⅱ」のそばを、夕日を強く反射させながらシーバスが通り過ぎていきました。
このすぐ後に銅鑼が鳴り、「飛鳥Ⅱ」いよいよ出港の時を迎えました。


(6)
a0195032_16533671.jpg
岸壁を離れた「飛鳥Ⅱ」がゆっくりと後退していきます。


(7)
a0195032_16540307.jpg
大さん橋の岸壁から遠ざかっていきましたが、太陽の光がだんだん弱まってきたようです。
因みに、「飛鳥Ⅱ」の右側に見えるのが横浜ベイブリッジで、左側に見えるのが鶴見つばさ橋です。


(8)
a0195032_16541870.jpg
太陽の姿が消えないうちに「飛鳥Ⅱ」の姿を大きめに記録しておくことにしましょう。


(9)
a0195032_16543561.jpg
船体が真横を向いたところで、いよいよ前進して港外へと向かっていきます。
船室の窓が太陽の光で「ギラリ」という瞬間を待ちましたが、ごく前の方しか直接当たってはいませんでしたから無理でした。


(10)
a0195032_16545786.jpg
午後5時といえば、右側に待機している「ロイヤルウイング」も夕方のクルーズへと出ていく時刻です。
こういった場合は大型船が優先され、「ロイヤルウイング」は暫し待機となります。


(11)
a0195032_16551222.jpg
やがて、「飛鳥Ⅱ」が「ロイヤルウイング」を従えるかのようにして港外へと進んでいきます。


(12)
a0195032_16552868.jpg
画面右端では横浜消防局の消化艇がお見送りの放水を行っています。
私は「飛鳥Ⅱ」の出港シーンな何度か見ていますが、放水シーンを見たのは初めてでしたね。
国内船でも「にっぽん丸」や「ぱしふぃっくびいなす」の出港時は何度も見ていますけれど。

飛鳥Ⅱシッピングデータ

全  長 241m
全  幅 29.6m
総トン数 50,142G/T
喫  水 7.8m
デ ッ キ 12層
巡航速力 最高21ノット
船  籍 日本(横浜)
客 室 数 436室
乗客定員 872名
乗組員数 約470名
就 航 年 2006年2月
※飛鳥Ⅱとしての就航は2006年ですが、前身のクリスタル・ハーモニーとしての就航は1990年です。

さて、この後はいよいよ「Celebrity MILLENNIUM」が出港する番ですが、動く気配が感じられません。
そのうちに放送で「18時出港に変更となりました」と聞いて撮影は諦めました。
あと30分ほど待っていればいいようなものですが、夜明け前から粘っていたため張りつめていた糸が切れてしまいました。

重たい足を引きずるようにして駅へと向かい、電車で帰宅したお疲れZEISSメにござりまする。
もう若くないんだな、と痛感させられました(;'∀')


by zeiss1221 | 2015-10-01 00:00 | 船舶