人気ブログランキング |

大丈夫か?今回の国勢調査のセキュリティは!

(1)
a0195032_13472311.jpg
5年ごとに実施されている国勢調査ですが、今回はいささか気がかりなことがあります。
皆さんの手元にも調査票が届いていることと思います。
勿論、我が家にも届きましたが、ポストに無造作に入っている姿を見て唖然としました。

本来、調査票は直接手渡しされることが原則となっている筈です。
共働きなどで留守の家庭もあることと思いますので、留守の場合は「あるルール」を守ればポストに入れても構わないということを知りました。
我が家も留守であったために調査票はポストに入っていましたが、「あるルール」は守られていませんでした。

「あるルール」とは封筒を二つ折りにしてポストに入れるのだそうですが、本来は「封をしてからポストに入れる」のが当たり前の話でしょう。
画像を見てお気づきの様に封筒には封はされていませんでしたが、こういった状態を「開いた口が塞がらない」と言うんでしょうなぁ。


(2)
a0195032_13472510.jpg
このように封がされていなければ、誰でも(赤の他人でも、通りすがりの人でも)中を見ることが可能です。
最低限の情報セキュリティすら守れない今回の調査票の配布には、疑問どころか危機感さえありますね。
IDやパスワードが記載された紙が同封されているにも関わらず、この体たらくでは信用されなくても仕方のないことでしょう。

昔から官公庁をはじめとする行政機関の情報セキュリティは非常に甘く、何度も問題になっていることは周知の事実です。
それは、社会保険庁から名前が変わっただけで従前と何ら変わらない杜撰な日本年金機構の情報漏えい事件を見ても明らかです。
サーバーやクライアントパソコンも古いままの役所もあって、本当にびっくりしましたけれどね~。

このインターネットを利用した国勢調査のシステム構築に20億円もかけたそうで、さらには大々的にTVのCMも流しています。
末端の調査員(?)への指導はどうなっているんでしょうかね?
何だかこの調査票で回答する気はなくなってしまいましたよ。

もう既に国勢調査を騙った特殊詐欺事件も発生しているそうですが、本当に今回の国勢調査は安全なんですかね?

【お断り】
 この拙いブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 当ブログのルールとしましてコメントとトラックバックは承認制をとっております。
 承認まで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントとトラックバックは承認しませんので予めご了解ください。
 なお、リンクはフリーとさせていただいております。

by zeiss1221 | 2015-09-17 00:00 | その他