人気ブログランキング |

「ゆりかもめ」が走る光景

国際展示場正門駅(1)
a0195032_18032652.jpg
東京の豊洲駅新橋駅の間を走る「ゆりかもめ」ですが、途中、国際展示場や船の科学館、台場などを高架で通る新交通システムです。
何が新交通システムかというと、この電車は運転士・車掌とも不在の無人で走る交通機関なんです。
最初の頃は「何かあったら怖いなぁ」(←ビビリ)と思いましたが、多分今までは事故に至るような事態は発生していなかったと記憶しています。

これは青海駅から国際展示場正門駅までトボトボと歩いていて、「あっ、ここで撮りたいな」と思った場所で撮影したカットです。
抜けるような青空が広がっていて、電車に合わせるかのようなタイミングでコンテナを積んだトレーラーが走って来ました。
この光景には打ってつけの組み合わせでしたね♪

※今回は撮影地があちこちとなりますので、撮影地は本文中に記載します。
 なお、撮影機材はオリンパス OM-D EM-1で、レンズは12-50㎜ズームと15㎜ボディキャップレンズです。

【お断り】
 当ブログのルールとしまして、コメントは承認制をとっております。
 承認するまで若干のお時間をいただきますが、不適切な内容のコメントは承認しませんので予めご了解ください。
 また、トラックバックは当面受け付けておりません。




(2)
a0195032_18132039.jpg
これは、昨日お届けしました客船「BALMORAL」を撮影し終えて、「さて、次はどこへ行こうか?」と考えながら歩いた時に遭遇した光景です。
場所はフジTVの向かいにあるダイバーシティ東京プラザの敷地で、西の方向を向いて撮影しました。
遠くには富士山が見え、また、東京港品川ふ頭に設置されている港湾クレーンも見えますね。


(3)
a0195032_18163822.jpg
さて、トップ画像の続きとなりますが、国際展示場正門駅から海の方へと歩くと東京港10号地その1多目的ふ頭へ至る道があります。
道と書きましたが、実際には有明西ふ頭公園となっており、何とその続きで10号地その1多目的ふ頭に立ち入ることが出来るのです。
港湾施設は関係者以外は立ち入り禁止とするのが普通ですが、ここはふ頭自体が公園になっているんですよね。
以前、今は引退した客船「ふじ丸」の入港シーンをそこで撮影したことがあります。


(4)
a0195032_18212830.jpg
↑の3枚目の続きですが、3枚目では全く「ゆりかもめ」について触れていませんでした(笑)
国際展示場正門駅を発車した電車と青海駅を発車した電車がこのポイントですれ違います。
画像が小さいので分かりにくいと思いますが、画面ほぼ中央にそれぞれの車両が写っています。


(5)
a0195032_18235002.jpg
4枚目よりも広めに取り込んでみました。
ちょうど車両同士がこれからすれ違うシーンとなりますね。
あっ、擦れ違いを終えるところかな?


(6)
a0195032_18245109.jpg
車両は写っていませんが、国際展示場正門駅(画面右)と青海駅(画面左の観覧車が見える辺り)の間はこのようなっています。
まるで海の上から撮影しているかのようでしょう?
ここはマイナーな場所なのか、釣り人以外はたまにカメラをぶら下げた人しか来ないようです。

いい場所なんですけれど、これという目玉がないからでしょうか?
個人的には結構好きな場所です。

それにしても、今回使用したOM-D EM-1は素晴らしいカメラです。
使い始めてまだ2週間程度ですが、感触といいその解像度といい、十分に満足できるレベルにあります。
こうなると、重いEOSシステムを持ち出す機会が殆どなくなってしまいそうです(笑)

by zeiss1221 | 2015-03-05 00:00 | 鉄道