雨の日は地下鉄に乗って・・・

(1)
a0195032_20571396.jpg

昨日の土曜日に続いて日曜日もお天気は×でした。
不貞寝を決め込もうと思っていましたが、雨の日ならではの写真が撮れるんではないのか?とお出かけしてきました。
それにしても寒い・・・まるで季節が冬に逆戻りしたかのようでした。

これは地下鉄丸ノ内線御茶ノ水駅で降りて、聖橋の上から撮影したカットです。
運よく擦れ違いシーンを捉えることが出来ましたが、あと数秒我慢するべきでしたね~(笑)
さてと、聖橋を渡ってどこへ行きましょうか?





(2)
a0195032_2102828.jpg

まぁね、今さら学問成就でもない歳ですが、一生勉強ですから刻苦勉励しないといけません。
ってゆーことで、湯島聖堂に立ち寄ることにしました。
年々振りだろうなぁ・・・


(3)
a0195032_2123884.jpg

新緑と木々の芽吹きがきれいだなぁ。
お天気が良ければなおさら綺麗に見えたんでしょうけれど、贅沢は言いっこなしです。


(4)
a0195032_214068.jpg

入徳門(にゅうとくもん)をくぐっていくと、このような眺めが待ち受けています。
湯島聖堂へ来たならば、このシーンは押さえておかなくっちゃね。
杏壇門(きょうだんもん)の奥に大成殿(たいせいでん)が見えます。


(5)
a0195032_2165736.jpg

重厚な大成殿(たいせいでん)が目の前に現れました。
この大成殿は間口20メートル、奥行14.2メートル、高さ14.6メートルもあります。
因みに、大成とは孔子廟の正殿の名称だとのことです。


(6)
a0195032_2185448.jpg

大成殿の前から振り返ると、これまた重厚な杏壇門(きょうだんもん)が目に入ります。
この杏壇門は間口20メートル、奥行4.7メートルもあり、大成殿とともに日本にいることを忘れさせる造りとなっています。
因みに、杏壇とは山東省曲阜にある孔子の教授堂の遺址のことを言うのだそうです。


(7)
a0195032_2113851.jpg

杏壇門に近づいて、やや角度をつけて撮影してみました。
下に入徳門(にゅうとくもん)が見えますが、入徳とは朱熹の「大学章句序」「子程子曰、大学、孔子之遺書而初学入徳之門也。」によります。


(8)
a0195032_21143557.jpg

やはり学問成就の名にふさわしく、数多くの絵馬が奉納されていました。
信じる者は救われる・・・みんな頑張れ~。
オヂサンも若いころは頑張ったんだゾ!・・・「だからどうした!」ってかぁ(爆)


(9)
a0195032_21171074.jpg

昭和50年(1975)中華民国台北市 ライオンズ・クラブから寄贈された孔子像です。
今回の撮影はすべてコンデジで行いましたが、何と顔認識しましたよ。
銅像でも顔認識するものなんですね(笑)


(10)
a0195032_21193476.jpg

さて、仰高門(ぎょうこうもん)まで来て振り返ると、親子が仲良く歩いていくのが見えました。
こういったシーンは微笑ましいですね。
なんだか「来てよかったな~」と心の底から思えた一日でした。
[PR]
トラックバックURL : https://zeiss1221.exblog.jp/tb/17658797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2013-04-22 14:07
この寒い中の撮影にバグースです、
電車大好きです、いいですね、すれ違い。
天気はどうなっているのでしょうかね?
Commented by ワンちゃん at 2013-04-23 00:15 x
お茶の水の聖橋から、中央線と地下鉄丸ノ内線の交差ポイントですね。
以前、うちの会社の本社があったというのももあって、
小生も何度か行って撮っておりますけど、
鉄道写真マニアの聖地とも言われてるポイントですもんね ♪~
Commented by zeiss1221 at 2013-04-23 22:14
アラックさん、ありがとうございます。
いやぁ、本当にこの日は寒かったですね~。
でも、この擦れ違いを撮影できて大満足でした。
欲を言えば、JRの電車も走っていたらなぁ・・・とは思いましたけれど。
Commented by zeiss1221 at 2013-04-23 22:17
ワンちゃんさんへ

はい、ここは超有名撮影地です。
ただ、雨が降っていましたから、私以外には「鉄子サン」が一名いただけでした。
次回は地下鉄とJR同時走行を狙ってみようかと思っています。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2013-04-21 21:20 | スナップ | Trackback | Comments(4)