国蝶・オオムラサキ

(1)
a0195032_801172.jpg

昨日の記事で「凄いものを見た」と書きましたが、実はこのオオムラサキだったのです。
ヤマユリを撮影していて”バサバサ”という音に気付いて「何だろう?」と思っていたら・・・
何と、このオオムラサキが至近距離に舞い降りていたのです。

蝶は気配で逃げますので、動かずに望遠で狙いました。
幸いなことに距離があまりにも近かったため、ノートリミングでもこの大きさで捉えることが出来ました。
翅を広げた瞬間を待ちますが、これがなかなか・・・

よく見ると翅が傷んでいますので、かなり弱っている様子でした。
あと数枚撮影しただけで、そっとしておくことにします。

撮影地:埼玉県比企郡嵐山町「菅谷館跡」
撮影機材:キャノンEOS7D TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD+UVフィルター
撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/80秒) -0.3EV 300㎜(480㎜相当)
撮影年月日:2012年7月15日(日)



(2)
a0195032_80136.jpg

真横からも撮影しておきました。
翅を閉じた状態はタテハチョウ特有の地味な色合いですが、オスは翅を広げると美しい青紫色をしています。

オオムラサキは雑木林に生息し、翅の裏面は黄白色や灰白色をしています。
広げた状態ではは黒褐色の地に白や黄色の斑紋があります。
林の上を滑降しながら堂々と飛び、樹液を吸いによく木にはやって来るようです。

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/200秒) -1.0EV 300㎜(480㎜相当)

さて、このオオムラサキですが、少し離れた場所でも相当な数の撮影ができました。
それは後日のお楽しみで・・・
[PR]
トラックバックURL : https://zeiss1221.exblog.jp/tb/15771731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふん転菓子 at 2012-07-16 20:29 x
ユリを撮影している時、出会うなんて運が良いですねー
私はいまだに見た事が無い。。
夕方涼しくなってから行ったら、これからは蛾の時間だよと言われました。(笑)

Commented by shin at 2012-07-17 10:49 x
羽を広げたオオムラサキ・・・・・
素敵な色合いですね♪
私も昨日・・・・・山百合を探して・・・・・
嵐山に行こうかなって考えていました。ww
たくさんのオオムラサキ・・・・・
見事でしょうね♪
楽しみにしています!!
Commented by zeiss1221 at 2012-07-17 20:54
ふん転菓子さんへ

はい、もうラッキーとしか言いようがないほどの至近距離での撮影でした。
ちょうど今時の晴れた午後は見ることが出来る確率が高いようです。

>夕方涼しくなってから行ったら、これからは蛾の時間だよと・・・
確かに(笑)
Commented by zeiss1221 at 2012-07-17 20:57
shinさんへ

オオムラサキは翅を広げた状態が一番綺麗に見えますね。
タテハチョウの仲間ですから、翅を閉じると地味~に感じます。

>私も昨日・・・・・山百合を探して・・・・・嵐山に行こうかなって
ヤマユリにはまだ早かったですね。
今度の土日でしたら、かなり咲いていることと思われます。
開花状況は森林公園のサイトが参考になると思います。

また、オオムラサキは晴れた午後の方が見ることが出来る確率は高いですよ。
虫よけと水分補給をお忘れなく。
あと、スズメバチやマムシにもご注意を!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2012-07-16 12:00 | 生き物 | Trackback | Comments(4)