人気ブログランキング |

錦秋の西沢渓谷③「七ツ釜五段の滝」

(1)
a0195032_19535138.jpg

西沢渓谷の白眉と言えば、この「七ツ釜五段の滝」に止めを刺すでしょう。
延々と歩いてきた甲斐が(甲斐の国だけに・・・笑)あったというくらい、その優美さにはため息が出てしまいます。
西沢渓谷の観光ポスターや旅行雑誌の紹介記事にも出てくる定番カットですね。

遊歩道が狭いために三脚を立てることが憚られますが、一か所だけやや広くなっている場所があります。
これは、その場所で撮影したカットです。

撮影地:山梨県山梨市「西沢渓谷・七ツ釜五段の滝」
撮影機材:キャノンEOS40D タムロンAF28-300㎜ f/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO
撮影データ:ISO100 SS1/1秒AE(f/18.0) +1.0EV 39㎜(62㎜相当・C-PLフィルター使用)
撮影年月日:2008年10月25日(土)





(2)
a0195032_2002136.jpg

最初はこちらをトップ画像に据えようかな?と思いました。
まぁ、あれこれやっているうちに、二枚目に落ち着きましたが・・・
それでも、画像が「何で俺がトップじゃないんだよぉ」と恨めしげに訴えかけているような気がします。

撮影データ:ISO100 SS1/2秒AE(f/13.0) +0.3EV 84㎜(134㎜相当・C-PLフィルター使用)


(3)
a0195032_20323.jpg

西沢渓谷の遊歩道を歩いてくると、まずはこの光景に出くわします。
七ツ釜五段の滝といっても、実際には一挙に見ることができるのは下の4段のみです。
一番上まで見ることは残念ながらできません。

ただ、ここへ至る前に木橋を渡りますが、そこで背伸びをして右側に目をやると・・・
この最下段の滝を真横から見ることができるんですよ。

撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1360秒 f/5.6) -1.0EV 28㎜(45㎜相当・C-PLフィルター使用)


(4)
a0195032_206598.jpg

さて、西沢渓谷のどん詰まりの不動の滝を最後に見てから、胸突き八丁の階段を昇って行きます。
すると、トロッコ道に出ますが、暫く行くと左手下方に七ツ釜五段の滝を俯瞰できる場所があります。
看板も立っていますから見逃すことはありませんが、ここは是非とも眺めてから帰るようにしましょう。

撮影データ:ISO320 プログラムAE(SS1360秒 f/5.0) -0.73EV 77㎜(123㎜相当・C-PLフィルター使用)
by zeiss1221 | 2011-11-04 20:10 | 風景(滝・渓谷)