尾瀬逍遥(2)・大江湿原~尾瀬沼

(1)
a0195032_20283225.jpg

尾瀬・大江湿原の奥に潜む木々も、強烈な朝日を浴びて覚醒したようです。
本来は涼しい場所なんですが、何だか暑くなりそうな予感がしますね。

撮影地:福島県南会津郡桧枝岐村「大江湿原~尾瀬沼」
撮影機材:CANON EOS40D SIGMA18-125㎜OS HSM+C-PLフィルター
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/100秒 f/6.3) -0.7EV 63㎜(101㎜相当)
撮影年月日:2009年6月28日(土)




(2)
a0195032_20283427.jpg

ユリ科のコバイケイソウは、夏の山でごく普通に見られる高山植物の一つです。
丈は1mくらいまで育ち、花も大層多くつけます。
コバイケイソウの花がたくさん見られると、ニッコウキスゲの当たり年になるとも言われています。

撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/125秒 f/8.0) -0.3EV 41㎜(66㎜相当)


(3)
a0195032_20283690.jpg

コバイケイソウは6月から8月にかけて、穂の先に白い花をつけます。
花茎の先端部は両性花で、横に伸びる花は雄花です。
プロトベラトリン等のアルカロイド系の毒成分を持ち、誤食すると嘔吐や痙攣を起こし、血管拡張から血圧降下を経て、重篤な場合は死に至ります。

撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/250秒) ±0.0EV 125㎜(200㎜相当)


(4)
a0195032_20283892.jpg

なおも大江湿原をてくてくと歩いていくと、右手に燧ケ岳が視界に入ってきます。
燧ヶ岳は東北最高峰の山で、山頂部は最高峰の柴安嵓(2356m)と三角点がある俎嵓、そしてミノブチ岳、赤ナグレ岳、御池岳の五峰から成っています。
至仏山とともに尾瀬の展望台でもあり、山頂からは360度の大展望が楽しめ、俎嵓からは尾瀬沼、柴安嵓からは尾瀬ヶ原のパノラマを俯瞰できます。

撮影データ:ISO200 f/9.0AE(SS1/80秒) -0.3EV 32㎜(51㎜相当)


(5)
a0195032_20284046.jpg

そうこうしているうちに尾瀬沼が見えてきました。
ツツジはまだ殆どが蕾であったことは残念でしたが、こればかりは仕方がありません。
左側には「三本松」と呼ばれているカラマツ(?)も視界に入っています。

撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/80秒 f/10.0) -0.3EV 97㎜(155㎜相当)


(6)
a0195032_20284193.jpg

なおも足を進めると、ワタスゲの向こうに三本松が・・・

撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/160秒 f/6.3) -0.3EV 125㎜(200㎜相当)


(7)
a0195032_20284394.jpg

ハイカーが画面に入ると動きが出ますね。
前は人物がフレームインすることを嫌っていた私ですが、変われば変わるものです。

撮影データ:ISO200 f/9.0AE(SS1/60秒) -0.3EV 125㎜(200㎜相当)
[PR]
by zeiss1221 | 2011-06-28 20:57 | 風景(一般)