シラネアオイ咲く八間山への道と大仙の滝

(1)
a0195032_15282360.jpg

ちょうど一週間前(6/4)に、念願のシラネアオイを八間山で見ることができました。
八間山といっても、咲いているのは中腹ですからアクセスは非常に楽です。
駐車場から歩いても10分強(正確には計っていないので、いい加減ですが・・・)で、この可憐なシラネアオイの群落とご対面~!



(2)
a0195032_15311174.jpg

野反湖休憩舎のある駐車場の一角に立派な案内板があります。
ここで大凡の検討をつけておきましょう。


(3)
a0195032_15322380.jpg

と言っても、すぐ脇には「シラネアオイ群生地」という案内板がありますが・・・


(4)
a0195032_15333419.jpg

↑の案内板から登山道に入り、進行方向を望んだところです。
シラネアオイは画面一番左奥のところに咲いていますから、やはり10分では無理かな?


(5)
a0195032_15352499.jpg

分岐点に到着しました。
7月ともなれば、手前にあるガレ場に高山植物の女王と呼ばれているコマクサが咲きます。
↓これは昨年訪れた時の様子を撮影したもので。ご参考までに・・・

高山植物の女王「コマクサ」(写真ざんまい!デジタルざんまい!⇒2010年7月22日の記事

今はシラネアオイが咲いていますので、ガレ場にはコマクサの花は見当たりません。


(6)
a0195032_15395417.jpg

↑の分岐点で来し方を振り返ったところです。
画面中央が休憩舎のある駐車場ですが、登山や釣りで来た時は左側にある第一駐車場を利用するようにしましょう。
それがマナーってぇもんです。


(7)
a0195032_1542286.jpg

分岐点から5分も歩けば、このように可憐なシラネアオイが出迎えてくれます。
急傾斜に咲く花ですから、見学する際は転ばないように・・・また、通路以外の場所に立ち入らないようにしましょう。


(8)
a0195032_15433142.jpg

休憩舎とトイレ付近には、このような募金箱が置いてあります。
来年も、、また、さらに来年以降もずーっと咲き続けるように祈りながら、ささやかな募金をしましょう。


(9)
a0195032_15445755.jpg

さて、シラネアオイを見た帰りは、折角ですから世立八滝の一つである「大仙の滝」を見学することにしましょう。
滝見ドライブインに車を置いて、遊歩道を5分も歩けば滝とご対面と相成ります。
落差は15mほどですが、先日公開しました「仙の滝」よりも水量が多くて飛沫も飛んできます。


(10)
a0195032_15465860.jpg

カップルが滝見ドライブインで手にした絵馬を奉納して、永久の愛を誓っています。
皆さん、お幸せに♪
[PR]
by zeiss1221 | 2011-06-11 15:48 | 風景(その他)