UVワイドバイザー

(1)
a0195032_21060513.jpg

Amazonで株式会社イモタニの製品「UVワイドバイザー」を購入しました。
目的は逆光時の運転の安全の確保であります。
普通にサンバイザーを下ろすとその部分は全く見えないため、ヒヤリとした経験はどなたにもあるのではないでしょうか?

カーショップなどでいろいろと物色しましたが、結構いいお値段がするものであります。
通販やネットショップップでは安く買えるものもありますが、レビューの評価が良くなかったりで二の足を踏んでいました。
そんな中、たまたまAmazonで消費税・送料込みで1,100円のこの製品を見つけました。

レビューの評価も「完全に固定できないことが・・・」とありましたが、純正のバイザーに厚みがあれば解決するようです。
私の愛車「三菱グランディス・スポーツ」はバイザーの厚みがかなりあるため、きちんと装着できるような気がしました。
ということで、ポチっとやって後は到着を待つだけです。


(2)
a0195032_20594822.jpg

中身の大きさに比べて大振りの段ボール箱から出てきたのがこれです。

謳い文句には・・・
①スライド式により広範囲に日差しをブロック!
②スライド式だからバニティミラーの使用を妨げません。
③クリップ・ホルダー部はポリカーボネート樹脂で耐久性抜群!
④クリップ式で簡単庄着
⑤99.4%紫外線をカット!
⑥垂れ下がり防止機能付き

ということで、⑤以外は実感して、謳い文句に嘘がないことは立証されました。
UVカットだけは素人判断では分かりませんから、メーカーさんの言い分をそのまま飲み込みましょう。

使用感ですが、「固いかな?」と思いましたが、バイザーは片手で下すことができます。。
先日訪れた「真壁のひなまつり」の帰り道は西日を正面い受けて走りますから、絶大なる効果を発揮してくれました。
太陽が視界に入ってもあまり眩しさを感じることはありませんでした。

いろいろなメーカーのものがありますが、このイモタニ製「UVワイドバイザー」はなかなか良心的な製品だと言えますね。

[PR]
by zeiss1221 | 2016-02-26 00:00 | 自動車関連 | Trackback | Comments(2)

a0195032_16195376.jpg
自動車のナンバープレートには、その土地の名称や数字以外にも平仮名が一文字表示されています。
この平仮名には使用区分があって、順番に、或いはランダムに使われているものではありません。

事業用の車を登録する場合は、”あいうえかきくけこを”を使います。
自家用車を登録する場合は、”さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ”を使います。
また、”わ”はレンタカーだけに使われるもので、以前は(今でも?)北海道だけは”れ”が使われていました。
さらに、”よ”は駐留軍人用で、日本で退役・除隊した軍人の車に使われます。

よくみると、使われていない平仮名が4文字ありますね。
以下、その文字と使われない理由を挙げておきましょう。

 1.”お” ⇒ 形が”あ”"す””む”に似ているために間違いやすい(事故や犯罪捜査などで支障が出る)
 2.”し” ⇒” 死”を連想させるために縁起が悪い
 3.”へ” ⇒ ”屁”、つまり、”おなら”を連想するから(笑)
 4.”ん” ⇒ 単音では発音しにくいし、一般的には単独で使うことがない 

このように、文字には一つ一つに意味があるという例です。

今回の話題と直接の関係はありませんが、いよいよマイナンバー制度が始まりました。
国民一人ひとりに12桁の番号が割り当てられて、税や社会保障など情報一元化に役立てるそうです。
ただ、すべての個人情報が集約されてしまうことに一抹の不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

既に、マイナンバー制度を悪用した特殊詐欺事件が発生しています。
安保法案もそうでしたが、マイナンバー制度に関する国民への説明が十分ではない証拠でしょうね。
何らかの情報管理の不備や事故等でマイナンバーが漏えいしてしまったら大変なことになります。

もしも、漏えい事故が発生して損害が生じた場合、国や自治体、或いは管理者となる各企業は補償してくれるのでしょうかね?
とにかく情報管理に関する意識が低い国のことですから、そこまでの想定はしていないと思われます。
”制度ありき”といったものにならないよう願いたいところです。

[PR]
by zeiss1221 | 2015-10-09 00:00 | 自動車関連 | Trackback | Comments(6)

(1)
a0195032_16195376.jpg

我が愛車の三菱グランディスも初年度登録から10年が経過しました。
タイヤは5年前に一度入れ替えましたが、さすがに5年も経てば相応の経年劣化が生じます。
トレッド面には無数のヒビ割れが発生していて、このまま運転し続けるのは気持ちが悪いな、と・・・

タイヤは車と路面との間にある大変重要なパーツです。
ケチってバーストしたり、事故るのもバカバカしいですから入れ替えることにしました。
有名なカーショップへ行って見積もりをして貰ったところ、予算をかなり上回る金額になったので「う~む」・・・

本来は推奨されたミニバン用タイヤを履くべきなんでしょうけれど、グランディスはそんなに車高がある車ではないのです。
ミニバンというよりもステーションワゴンに近いといってもいいでしょう。
前のタイヤも乗用車用でしたが支障はありませんでしたので、別のお店(Uという頭文字のスタンド)で相談してブランドを決めました。


(2)
a0195032_16255144.jpg

選んだタイヤはヨコハマのBluEarth-A(ブルーアース・エース)の215/60R16サイズです。
私のタイヤ選びは一貫していて、特にウエット性能を重視します。
日本という国は雨の日が多く、そんな天候の日こそ安定したグリップ性能や制動力を発揮して欲しいからなんです。
その点、このタイヤはウエット操安性とウエット制動性はトップクラスなんですね。


(3)
a0195032_1629960.jpg

このように太いグルーブが4本あって、見た目でもウエット性能の高さが分かりますね。
トレッドデザインも静粛性を犠牲にせずに、タイヤ本来の性能の高さを追及しているようです。
静粛性に関しては前のタイヤには敵いませんが、それは無理もありません。
前のタイヤは静粛性が一番のウリで、国内トップクラスの静粛性を誇っていたブランドでしたから。

このヨコハマのBluEarth-A(ブルーアース・エース)は燃費「命」のエコタイヤより転がり抵抗は多少劣りますが、それでも省燃費仕様タイヤとなっています。
以前履いていたいたタイヤはクラウンクラスがターゲットのようで、吸音材が入っていたためにやや重い感じがありました。
ところが、今度のタイヤは走り出してみて、軽い靴に履きかえたような軽快さを感じたのです。
新しいタイヤだからといった先入観があったことは否定できませんが・・・(笑)

因みに、4本入れ替えたお値段は、工賃・タイヤ引取料も含めて税込み58,800円でした。
リーズナブルな価格だったと思います。
タイヤの表面が一皮剥けるまでは大人しい運転をしないとね♪
[PR]
by zeiss1221 | 2013-08-17 00:00 | 自動車関連

カーナビを買った♪

(1)
a0195032_2325842.jpg

長いこと車に乗っていますが、わが愛車にはETCはあれどもカーナビは未装着なんです。
特に不都合を感じることもありませんでしたが、昨年8月に次女が三菱「EKワゴン」を買いましてね~。
それにはリアビュー付きの立派なカーナビが装着されているんですよ。

乗るたびに「便利だな~」と思っていましたが、そこではたと気が付きました。
「そうか!カーナビがないから土地勘のある場所しか行かなくなっているんだよね」と・・・
行動範囲を広げるためにも、今回思い切って買ったという訳なんです。

思い切って買ったと言っても、お値段は税込19.800円と破格でありました。
購入先はイエローハットで、多分数量限定の商品だと思います。
機種はパナソニック製「CN-GL320D」SSDポータブルカーナビゲーションです。

僅か5インチの小型液晶画面ですが、これで実用的には十分です。
音声案内もついていますから、カーナビの画面を凝視する必要もありませんしね。
実際に、今度再訪する近江八幡までのルート検索して、模擬走行画面をキャプチャーしておきました。

模擬走行画面が気になる方はこちらへどうぞ・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2013-01-18 00:00 | 自動車関連 | Trackback | Comments(2)