(1)
a0195032_16424632.jpg
今からちょうど3年前のことですが、家族で南会津桧枝岐尾瀬へ2泊3日で出かけた時の写真をお届けします。
別にネタ切れしたわけではないのですが、なんとなく「懐かしいなぁ!」と思ったものですから・・・

いつもは9月に家族旅行へ出かけるのですが、この年は9月に長女がスロベニアなどへ出かけたために10月となりました。
まぁ、尾瀬は紅葉もしていることでしょうから、却って都合が良かったことになりました。
ところが、最初の二日間は曇りで、時折小雨がぱらつく生憎のお天気でした。

最初に訪れたのは、南会津の前沢曲家集落です。
実際に住民の方が生活されている場所で、観光地というのはちょっと違うのではないかと思います。
車は集落入口にある駐車場にとめて、生活の邪魔にならないように徒歩で見学することになっています。

せっかくですから曲家の写真を掲載すればいいようなものですが、空がどんよりとしていて絵になりませんでした・
それはともかく、このように薪を積み上げているのが懐かしくて・・・(←北海道育ち)
いかにも北国というか、雪国といった風情が出ていると思いました。


あと9枚掲載しています。続きはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2015-10-08 00:00 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

旧軽井沢を歩く

(1)
a0195032_19525033.jpg

白糸の滝を辞した後は、とにかく旧軽井沢を目指しました。
実は、私はこの旧軽井沢を殆ど歩いたことがないんですよね。
最後は・・・女房と結婚前に来たときだったですかね?

まぁ、相変わらず歩いている人が多く、平日だというのにみんなヒマだなぁ・・・(お前もナ・・・笑)
ここは有名な軽井沢写真館ですが、やはり立ち止まって眺めている人が多かったですね。
おっ、二階には由緒正しき組立暗箱がありますね。

あと4枚掲載しています。続きはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2013-10-12 00:00 | 旅行

(1)
a0195032_1427449.jpg

家族旅行二日目のお宿は鹿教湯温泉にある「大江戸温泉物語 鹿教湯藤館」です。
鹿教湯温泉はどちらかといえば地味な温泉で、いわゆる歓楽街などはありません。
古くからリハビリや健康増進で知られています。

我が家族は温泉とバイキングがないとなかなか納得しませんでねぇ(笑)
今回は宿の手配は全て次女に任せました。
私は転職の真っ最中でそれどこれではありませんでしたから・・・

温泉は単純泉の源泉かけ流しとなっており、浴場も広くてなかなか良かったですよ。
露天風呂は離れた場所にありましたが、こちらもなかなか。
食事も大変種類が多く、全て食べ尽くすことができるものではありませんでした。


(2)
a0195032_14274510.jpg

さて、この日の最終目的地は軽井沢でしたが、時間が早いこともあって北軽井沢へ先に立ち寄ることにしました。
滝はパスして、草軽軽便鉄道の北軽井沢駅を再現した施設を訪問しました。
昨年も次女と来ましたが、鉄道ファンである私は再訪したかったんですよね。
何しろ軽便鉄道大好き人間ですから・・・


(3)
a0195032_14274694.jpg

その昔、今では有料道路となっている白糸ハイランドウエイを蒸気機関車や電気機関車が牽引する客車が走っていたんですよね。
タイムマシンがあればその時代に行ってみたいものです。
「ドラえも~ん!」(笑)
[PR]
by zeiss1221 | 2013-10-09 00:00 | 旅行

近江八幡観光パスポート

a0195032_2032744.jpg

近江八幡の街を観光するには、この観光パスポートは必需品ですね。
私が昨年訪問した折には、この存在に気付かずに損をしてしまいました。
自宅に戻ってからその存在に気づき、本当に地団太を踏む思いでした。

今回は女房殿を伴っての訪問でしたから、最初から購入するつもりでいました。
この「観光パスポート」はお値段が1,000円で、各施設をすべて回れば800円もお得になるんですよ。

購入した場所は「白雲館」でしたが、あまり目立ってはいませんでした。
というか、現地ではあまり宣伝しているようには思えず、「勿体ないなぁ」と思っちゃいましたね。


a0195032_20321392.jpg

これが実際に使った後の観光パスポートです。

市立資料館4館 500円 (郷土資料館、歴史民俗資料館、旧西川家住宅、旧伴家住宅)
かわらミュージァム 300円 
八幡山ロープウェー 800円 
を利用しましたから、都合600円も得したわけです。
アートミュージアムNO-MAは行きませんでしたから、行けば800円以上も得したことになるんですね。

ということで、もっとこの観光パスポートの存在を知っていただきたくて、急遽記事にしました。
皆さんも近江八幡を訪れる際は是非とも手に入れて活用なさって下さいね♪
[PR]
by zeiss1221 | 2013-02-07 20:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

(1)
a0195032_19572770.jpg

毎年9月中旬に我が家は家族旅行をする習わしとなっています。
ところが、今年は9月に長女がスロベニアへ出かけたため、この3連休に実行することにしました。
行先は南会津・桧枝岐・尾瀬で、特に尾瀬の紅葉を楽しみにお出かけしたんです。

ところが、三日間の行程のうち、最初の二日間はどんよりとした曇り空でテンションは上がりません。
それでも、初日は頑張って、桧枝岐村中土合公園にある展望台まで登って桧枝岐村を見下ろすことにしました。
桧枝岐村は何度も出かけていますが、この眺めは私の憧れのものだったのです。

ただ、「展望台0.5km」という案内板を信じて軽い気持ちで登り始めたら、それはキツイの一言でした。
急な階段を402段も登らないとこの眺めを見ることができないのであります。
まぁ、それでも家族は文句ひとつ・・・あ、いや、文句タラタラ言いながら登りましたとさ(笑)

あと3枚掲載しています。続きはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2012-10-08 20:14 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

近江八幡市立八幡小学校

(1)
a0195032_2030033.jpg

近江八幡の街を歩き回っていると、どこからともなく子供たちの歓声が耳に入ってきました。
どうやら学校の近くを歩いていたようです。
角を曲がると、正面に大層立派な校舎が視界に入ってきたではありませんか。

「警戒中」や「立ち入禁止」の貼り紙がありましたので、学校の敷地内に入るのは躊躇われました。
多分、職員室で撮影許可を貰いに行っても無駄だろうなと思いました。
まぁ、とりあえず敷地外からの撮影ならば問題なかろうかと・・・

あと4枚掲載しています。続きはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2012-03-09 12:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

近江商人のルーツを探る

(1)
a0195032_17581234.jpg

滋賀県東近江市五個荘は近江商人発祥の地として知られています。
この「近江商人博物館」では、天秤棒一本で豪商になった近江商人について紹介されています。
近江商人屋敷が集まる金堂からは少し離れた位置に建っていますが、一見の価値はありますよ。

私は近江商人屋敷四館とここ「近江商人博物館」のセット券を購入していましたので迷わずに立ち寄りました。
折しも雪が激しく降ってきましたので、ちょうど休みにもいいタイミンでしたし・・・
この写真ではいいお天気で写っていますが、これは「藤井彦四郎邸」を辞した後の通りががりに撮影したカットなのでありまする。

ということで、エレベーターで三階まで昇っていくことにします。

あと7枚掲載しています。続きはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2012-03-07 18:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

(1)
a0195032_14464394.jpg

無事に京都・近江の旅から今朝早く戻って来ました~♪
いやぁ、やはり往復とも夜行バスは身体に堪えますな・・・若くないって証拠かも(汗)

名神・東名高速道路ってこんなに路面が悪いんだっけ?というくらいに酷かったですね~。
シートが後輪の真上ってことも関係したんでしょうけれど、路面の凹凸がバッチリ!
一時間寝ては覚め、また一時間寝ては覚め・・・という具合で、寝たような寝ないような微妙な感じです。

寝たと言えば、今回の旅行で二泊お世話になったのが「ベストイン近江八幡」です。
駅から近いし、清潔で安くて安心して泊まれるホテルでした。
ただ、駅に近いってことは電車の音がやはり気になるところであります。

私ははじめ「おっ、電車が見えるじゃん!」って、鉄道ファンとしては嬉しく思ったのですが・・・
電車が近づくたびに鳴る警報や電車の通過音がモロに聞こえちゃいましたね~。
ここに泊まるなら(ほかでもそうと思いますが)、線路と反対側の部屋を予約するほうがいいと思います。

あと4枚掲載しています。続きはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2012-02-12 15:03 | 旅行 | Trackback | Comments(2)