カテゴリ:レンズ( 22 )

(1)
a0195032_15435660.jpg
こともあろうに、半年ほど前に買ったオリンパスの高倍率ズームを紛失してしまいました。
緊急避難的に、パナソニックのLUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.Sを入手しました。
初めに結論を書くと身も蓋もありませんが、買ったのは失敗でした。
その理由は続きで・・・


続きはまだあります。それはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2017-01-29 15:57 | レンズ | Trackback | Comments(4)

(1)
a0195032_21564526.jpg
キャノンEOS7DからオリンパスOM-D E-M1にシステム変更して、所有していないレンズがありました。
それがマクロレンズです。
マクロレンズ以外のM.ZUIKO DIGITAレンズも近接撮影能力は高いのですが、やはりマクロレンズに勝てるわけがありません。

ということで、あれこれと物色してはみたものの、悲しいことにボンビーな私にはおいそれと手が出せません。
さほど出番が多くはないレンズに4万円以上もかけるわけにはいかないのですよ。
ところが、「フォーサーズ規格のレンズなら中古で安く買えるんでないかい?」と閃いたのであります。

一週間ほど前に購入できるチャンスはあったものの、タッチの差で売り切れてしまいました。
数日経ってからいつものフジヤカメラさんに同じものが入荷しましたので、取り置きを頼んでおいて無事GET!
ブツはこの「ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5MACRO」で、等倍撮影が可能な、重さ165gの世界最軽量マクロレンズとの触れ込みです。(発売当時の話)

価格は税込みで11,880円とナイス!


(2)
a0195032_21564717.jpg
但し、フォーサーズ規格のレンズは、そのままではマイクロフォーサーズ規格のボディには装着出来ません。
マウントアダプターを間に噛ませないといけないのです。
最新型のフォーサーズアダプター MMF-3は剛性不足であるため、あえてこのMMF-1の中古を探しました。

フジヤカメラさんには在庫がなかったのでAmazonで検索したら、送料無料で税込み6,800円のものが見つかりました。
程度はそこそこのようでしたが、値段に負けて速攻でポチ!
鏡胴に大き目のスレはあるものの、写りに影響が出るわけではありません。


(3)
a0195032_21564918.jpg
で、これがE-M1にi装着した状態です。
見た目もバランスも悪くはないようですね。
肝心の実写はこの次のお休みの日にでもと思っています。

[PR]
by zeiss1221 | 2016-07-01 00:00 | レンズ | Trackback | Comments(4)

(1)
a0195032_21115126.jpg
物の弾みというのは恐ろしいもので、また、限りないもの、それが欲望であります(笑)
ということで、いつかは手に入れてやろうと思っていたレンズがM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 Ⅱでした。
レンズ交換をしている暇がない、或いは気象条件等が悪くてレンズ交換に二の足を踏むことって結構ありますよね。


「欲しい!」と思ってから一年少々・・・とうとう手に入れてしまいました。
新品を買う予算はなかったため、中古Aランクの商品を中野にあるいつものフジヤカメラさんでGET!
少し前までは税込み45,000円前後で推移していましたが、ある時、42,120円まで値下がりしたところで決心しました。


続きはまだあります。それはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2016-05-01 00:00 | レンズ | Trackback | Comments(4)

(1)
a0195032_17134558.jpg
って、大上段に構えてしまいましたが(笑)
やっとの思いで、このM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROを手に入れることが出来ました。
一応、超広角ズームとしては、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6を持ってはいるんですけれどね~。

「もっと広がりを、もっと光を!」って、人間の欲望は限りないものであります(笑)
たった2㎜の違いでも、7㎜(フルサイズ換算14㎜)と9㎜(同18㎜)とでは写せる範囲が全く違ってくるんですよね。
また、これはF2.8通しのズームレンズですから、暗さに強いことも大きなアドバンテージとなっています。

発表当時から欲しくて仕方がなかったレンズですが、発売時には既に超品薄状態でした。
価格もそれなりでしたし、暫く待つことにしました。
そして、いよいよ購入するタイミングがやってきたのであります。


続きはまだあります。それはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2016-02-10 00:00 | レンズ

(1)
a0195032_10093663.jpg
今から三か月ほど前にオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを購入した際に、それまで主力だった標準ズームを資金の足しにするために手放しました。
必然的に使わなくなってしまうだろうといった判断もあったんですけれど・・・

ところが、軽くて使い勝手がいいお散歩用レンズの必要性を感じ、ここ一か月の間にいくつか物色を始めました。
新品の普及タイプの標準ズームはコストパフォーマンスが極めて悪いため、以下の3本の中古の出物を探しておりました。


①と②は中古で出回るものの人気があるんでしょうね、店に電話すると売り切れとなっていることもありました。
いわゆるパンケーキタイプのものは収納性がよくて、お散歩用レンズにうってつけですからね。
しかも、①のレンズはフルサイズ換算で24mm相当からの焦点距離となっていることには魅力を感じました。

ところが、この2本のレンズには決定的な要素が欠けているんですよ。
それは、レンズフードが用意されていないということです。
用品メーカーの汎用製品に装着可能なものもありますが、「屁のツッパリ」にもならない単なるアクセサリーに過ぎません。

「パンケーキレンズにフードは必要ないじゃん!」と思われる方もいらっしゃるでしょうけれど、フードはやはり必要だと個人的には強く思っています。
その結果、候補として残ったのが③のレンズで、これに傾いた最大のポイントは大型の花形フードが付属していることなんです。
写りの評判も悪くはないですし、製品写真を見て「これに決~めた!」と・・・

問題は価格です。
中古では殆ど見かけないレンズですから、新品で買うしかないようです。
すると、アウトレット品でしょうか、Amazonで新品ながらも税込み16,000円以下で1本だけ在庫があることに気づきました。

定価の半額以下で手に入るのですから、速攻でポチっとやっちまったのは言うまでもありません(笑)


続きはまだあります。それはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2015-11-01 00:00 | レンズ | Trackback | Comments(8)

(1)
a0195032_19585722.jpg
先日、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROを購入しましたが、必要に迫られてテレコンを手に入れることにしました。
EOSシステムをすべて売却していた関係で、まだ手元にはそれなりの金額が残っていたのです。
決して”お大尽”なんかじゃありませんよ~(笑)

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROと一緒に買わなかった理由は、以前購入したM.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 Ⅱの画質を再度見極めてからにしようと思ったからです。
実際に使ってみると焦点領域の違いはあるにせよ、普及タイプのレンズではやはり限界がありました。
そういった結果が出ましたので、このテレコンを購入しようと決めた訳です。

「えっ、何でテレコン?トリミングすればいいじゃん。デジタルテレコンでも構わないし・・・」と思われた方もいらっしゃることでしょう。
でも、マイクロフォーサーズの撮像素子はフルサイズの半分しかないのです。
出来ることならあまりトリミングをしたくないというのが正直なところです。

但し、本来の光学系統に別の光学系統をプラスするものですから、テレコンを使ったからといって画質が向上することはありません。
一般的には画質が低下するのが当たり前の話ですが、このテレコンは専用設計であるためその画質の低下を極力抑え込んでいます。
その結果として、汎用タイプとは比較にならないほどの高画質を得ることができる筈です。

ということで、いつもの中野にあるフジヤカメラさんで、定価の半額近い価格でAクラス(新品同様)の中古品を手に入れました。


続きはまだあります。それはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2015-10-10 00:00 | レンズ | Trackback | Comments(4)

(1)
a0195032_21262285.jpg
やっとというか、とうとうオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROを手に入れました。
もっと早い段階で手に入れておけば良かったようなものですが、一気に購入できるほどのお大尽ではありませんからね~(;'∀')

特に臨時収入があったということではなく、長年使い続けてきたキャノンのEOSシステムを全て売却して購入資金を作りました。
私にデジタル一眼レフで撮る楽しさを教えてくれたEOSデジタルですが、オリンパス OM-D E-M1を購入してからは殆ど出番がなくなりました。
用途によって使い分けるつもりでいましたが、E-M1を手にして出かけることが殆どとなってしまったんですよね。

売却するにあたって未練はなかったか?と言えば、全くなかったというのが正直なところです。
ただ、小型軽量システムのオリンパスですが、画質を優先するとレンズは結局のところ”重厚長大路線”となってしまいます。

昔からよく言われることですが、「レンズは大きくて重くて明るいものがいい」と。
付け加えるならば、「価格が高いものが写りがいいに決まっている」とも。
悔しいけれど、これは今でもある意味で的を得ている言葉です。

因みに、購入先はいつもの中野にあるフジヤカメラさんです。


続きはまだあります。それはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2015-10-07 00:00 | レンズ | Trackback | Comments(6)

a0195032_21491143.jpg
Panasonicさんもやりますなぁ!
これはもうハイアマチュアだけでなく、プロも本気でターゲットにしている証だと思いますね。

同じマイクロフォーサーズ陣営のオリンパスさんもうかうかとはしていられませんよ。
何しろ標準価格が税別37,000円という価格設定は、同じ焦点距離をもつM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8より5,000円も安いのです。
あるカメラ店ではすでに税込み29,000円切りで予約を受け付けていて、その実売価格の差は2,000円少々となっています。

うーむ、こうなってくるとPanasonicさんから目が離せないですね。
いやぁ、カメラ業界も素敵なニュースで盛り上がっていますねぇ。

【お断り】
 この拙いブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 当ブログのルールとしましてコメントとトラックバックは承認制をとっております。
 承認まで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントとトラックバックは承認しませんので予めご了解ください。
 なお、リンクはフリーとさせていただいております。

[PR]
by zeiss1221 | 2015-09-03 12:00 | レンズ | Trackback | Comments(4)

(1)
a0195032_08582925.jpg
ついに、というか、やっとのことで、このオリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を手に入れました。
それまで主力だった「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」 も防塵防滴仕様で、軽くて使い勝手のいいレンズでした。
ただ、周辺の画質にはやや不満があり、特に風景や夕景・夜景を撮影した場合は十分なレベルにあるとは言えませんでした。

実のところ、私はマイクロフォーサーズに関しては「重厚長大路線」は止めようという考えがありました。
ところが、いつしかOM-D E-M1が主力機種となり、サブ機の感覚では使えなくなってきたのです。
それまで主力機であったキャノンEOS7Dはお留守番をすることが多くなり、画質について再考することが多くなってきました。

画質を考慮して単焦点レンズを3本所有してはいますが、動いているものを撮る場合はズームレンズに軍配が上がります。
いろいろと考えた上で、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」 を下取りに出してこのレンズを導入することに決めました。
購入はいつもの中野にある「フジヤカメラ」さんで、追い金54Kほどで私のもとに来ることと相成りました。


続きはまだあります。それはこちらで・・
[PR]
by zeiss1221 | 2015-07-31 00:00 | レンズ | Trackback | Comments(4)

(1)
a0195032_13453550.jpg
「キャノンEF50mm F1.8 Ⅱ」が25年ぶりにリニューアルされました。
その知らせを聞いた私は、あまり考えることなくカメラ店に予約を入れました(笑)
発売日は5月21日でしたが、その3日後に予約を入れたカメラ店で目出度く購入と相成りました。

この「EF50mm F1.8 STM」「キャノンEF50mm F1.8 Ⅱ」から比べると、本体価格は税別で7,500円高くはなりました。
しかし、時代の要請に応じた大きな進化を遂げています。
レンズ構成は前モデルと同じ5群6枚ですが、デジタル特性に合わせたレンズコーティングが採用されています。

AF駆動はDCモーターからSTM(ステッピングモーター)に変更され、静粛性と合焦スピードに期待が持てます。
さらに、レンズマウント部が金属に変更され、絞りも5枚5角形のものから7枚円形絞りに変更されました。
実は、私はこのSTMと円形絞りが採用されたから購入に踏み切ったようなものですが・・・

レンズ本体の大きさはあまり変わっていませんが、重量が130gから160gへと30g重くなっています。
これは何よりもマウントが金属になったことによるものです。
エンジニアリングプラスティックでも問題はありませんが、やはり金属製だと安心感みたいなものがありますね。


続きはまだあります。それはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2015-05-27 00:00 | レンズ | Trackback | Comments(7)