2013年 08月 07日 ( 1 )

節電より「命」

a0195032_23263494.jpg

                 (↑YAHOO!天気予報より引用)

立秋にも関わらず、日本列島各地でまたまた猛暑日となりました。
一昔前では35℃を超える気温はそうそうは発生しなかったものです。
地球温暖化やヒートアイランド現象などの理由で、夏の気温は上昇するばかりです。

こういったときに注意したいのは「熱中症」です。
冷房した家の中でも車の中でも、起きるときは起きるのが「熱中症」です。
冷房していても室温設定が28℃以上ではあまり意味がありません。

今年はさすがに「節電」は声高に叫ばれていませんが、それは当たり前の話ですね。
節電をするあまり、「熱中症」にかかってしまっては元も子もあったものではありません。
「命」より大事なものがこの世にあるでしょうか?

室内でも冷房を使用し、適度に水分をとることが重要です。
のどがかわいていなくとも、事前に水分を取っておくことは「熱中症予防」に効果的です。
水分と言ってもただの水では効果は薄く、汗で失われた電解質を補うスポーツドリンクなどが有効ですね。

これから2週間は猛暑日が続くと気象庁が注意を呼び掛けています。
「自分は大丈夫」などと油断せずに、日ごろから注意をしておきたいところです。
節電より「命」・・・お互いに気を付けたいですね。

とにかく、異常に暑い夏を乗り切りましょう!
[PR]
by zeiss1221 | 2013-08-07 21:07 | その他