2013年 07月 13日 ( 1 )

(1)
a0195032_23342455.jpg

灼熱の世界を逃れて、爽やかな高原にある野反湖へ行って来ました。
ここは標高1,500メートルの高原にある人造湖ですが、今ではすっかり周囲の風景に溶け込んでいます。
そして、四季折々に見せてくれる魅力的な眺めを展開してくれる場所でもあります。

この時期は何といってもニッコウキスゲに尽きますが、それ以外にもいろいろな高山植物が咲き誇る別天地です。
ただ、交通の便があまり良くなく、公共交通機関で行く場合は下調べが必要となってきます。
まぁ、私は当たり前のように車でここまで来ましたが・・・

今年は久々にニッコウキスゲ(現地ではノゾリキスゲと呼ぶ)は当り年のようです。
画像は湖畔に立つ休憩舎付近から見たところですが、3年前に訪れた時よりも花数は多く感じられました。
ただ、空には雲がかなり広がっていて、青空が大してなかったことが残念でした。

撮影地:群馬県吾妻郡中之条町六合(くに)「野反湖」
撮影機材:オリンパス・ペン E-PL3 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ+UVフィルター
撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/500秒) ±0.0EV 12㎜(24㎜相当)
撮影年月日:2013年7月12日(金)


あと5枚掲載しています。続きはこちらで・・・
[PR]
by zeiss1221 | 2013-07-13 00:03 |