真壁のひなまつり -和の風第十五章- (5)

(1)
a0195032_21495703.jpg
「真壁のひなまつり」に来たなら是非とも見ていただきたいのが、清酒「花の井」の醸造元である西岡本店さんです。
町の中心部から少し離れていますので、滅茶苦茶混みあうこともあまりないようです。
酒蔵を開放して飾っているひな人形と演出が素晴らしいんですよ。




(2)
a0195032_21495717.jpg
こちらが西岡本店さんの入口です。


(3)
a0195032_21495841.jpg
まずは順路に従って見ていきましょう。


(4)
a0195032_21495856.jpg
一番奥にある酒蔵は昨年から開放して、暗い中でひょうたんを使った照明などで演出しています。
実際はもう少し暗く見えますが、写真ですから明るめに撮影しました。


(5)
a0195032_21495859.jpg
いかにも醸造元といった飾り方ですね。


(6)
a0195032_21583046.jpg
清酒「花の井」が前面に出ています。
緋毛氈まで・・・花の井。


(7)
a0195032_21583065.jpg
トップページのお雛様を角度を変えて見たら、何とも言えない色っぽさを感じました。
この日、一番多くシャッターを切ったのは言うまでもありません。
それにしても、お雛様に色気を感じるなんて病んでいるのかな?(笑)


(8)
a0195032_21583168.jpg
ひょうたんを使ったランタンにも工夫を凝らしています。
あれっ、これは素材が違うのかな?


(9)
a0195032_21583134.jpg
酒瓶にビー玉を入れて照明を当てていましたが、昨年はありませんでした。
「今年はかなり気合を入れました」とは西岡本店さんの方の弁です。


(10)
a0195032_21583198.jpg
長めの焦点距離をもつ明るいレンズで撮影してみました。
やはりズームではなくて、明るい単焦点レンズが威力を発揮しますね。


(11)
a0195032_22040806.jpg
一昨年までは手前にあるこの酒蔵でいろいろな工夫がされていました。
昨年あたりから少し寂しくなりましたが、これでも十分に魅力があります。
さて、来年はまた趣向を凝らして私たちを楽しませてくれることでしょう。

撮影年月日:2017年3月4日(土)
撮影地:茨城県桜川市真壁町
撮影機材:オリンパスOM-D E-M1
     M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
     M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
     LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/23660137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tachibana at 2017-02-19 18:49 x
ZEISSさん、こんばんは。
男兄弟の家で育ったゆえお雛様とは無縁だったので、間近で見るのは滅多になく新鮮な感じです。
行く場所ごとに飾り付けが工夫されていていいですね。
酒蔵にいったらお雛様よりもお酒が飲みたくなってしまいますが…
Commented by zeiss1221 at 2017-02-21 20:58
tachibanaさん、こんばんは。
遅レス、すみませんm(__)m

私も男兄弟でしたからひな人形とは無縁です。
結婚して娘二人に恵まれてから家にお雛様を飾るようにはなりました。
勿論、立派な段飾りではありませんけれど。

真壁のひな祭りは色々と工夫がされていて、毎年行っても飽きることは
ありません。
ただ、立ち寄る場所がかなり固定化されてきましたが・・・

>酒蔵にいったらお雛様よりもお酒が飲みたくなってしまいますが…
私は下戸ですからその心配はありません(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2017-02-19 06:00 | 観光地 | Trackback | Comments(2)