このレンズでなければ撮れないものがある!

(1)
a0195032_17134558.jpg
って、大上段に構えてしまいましたが(笑)
やっとの思いで、このM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROを手に入れることが出来ました。
一応、超広角ズームとしては、M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6を持ってはいるんですけれどね~。

「もっと広がりを、もっと光を!」って、人間の欲望は限りないものであります(笑)
たった2㎜の違いでも、7㎜(フルサイズ換算14㎜)と9㎜(同18㎜)とでは写せる範囲が全く違ってくるんですよね。
また、これはF2.8通しのズームレンズですから、暗さに強いことも大きなアドバンテージとなっています。

発表当時から欲しくて仕方がなかったレンズですが、発売時には既に超品薄状態でした。
価格もそれなりでしたし、暫く待つことにしました。
そして、いよいよ購入するタイミングがやってきたのであります。




(2)
単体でもいろいろな組み合わせでもキャッシュバック(実際はJCBの金券)されるため、実質的には中古レンズに限りなく近い金額で新品が手に入るんです。
しかも、中野にあるフジヤカメラさんでは36回払いまでのショッピングクレジットが金利なしだったんです。

そうとあらば、これを見逃さない手はありませんよね?
税込み本体価格127,000円を、初回4,500円、2回目以降36回目までは月々3,500円の支払いで手に入れることにしました。
カメラ保険も3年間つきますから言うことなしです。


(3)
a0195032_17140552.jpg
但し、7㎜側ではこのように前玉が出っ張った形となりますから、ぶつけたり傷つけたりしないようにしないといけません。
勿論、保護フィルターなどを装着することは出来ませんから、撮影時や収納時には細心の注意を払うことが必要ですね。


(4)
a0195032_17140770.jpg
メイン機材であるOM-D E-M1に装着したところです。
PROレンズはそれなりに大きくて重量がありますから、バッテリーグリップを装着した方が安定します。
さて、本来は先月30日がデビュー戦の予定でしたが、明日の11日にそれが延びてしまいました。

どんな写りをしてくれるのか、今からとても楽しみです。
そう、このレンズでなければ写せない被写体があるんです♪

そういえば天邪鬼の奴、よく大人しくしているな。
あっ、風邪をひいて調子が悪いって言ってたっけ・・・

[PR]
by zeiss1221 | 2016-02-10 00:00 | レンズ