「Acronis True Image WD Edition」がバージョンアップ!

(1)
a0195032_11294033.jpg
私が愛用しているバックアップソフトの「Acronis True Image WD Edition」がバージョン6126にアップデートされました。
と言うよりも、アップグレードと言った方がいいかもしれません。
製品版「Acronis True Image 2016」とインターフェイスがほぼ同じですから、かなりブラッシュアップアップされたことと思われます。

リリース日は9/18/2015とサイトに書かれていますが、ほんまかいな!と言いたいですね。
と言うのも、Windows10が初のメジャーバージョンアップしてから、↓のようなアラートが表示されるようになったんですよね。

a0195032_11372704.jpg
旧版の「Acronis True Image WD Edition」を起動すると「互換性がないぞよ」という表示がされるため、サイトをほぼ毎日見ていましたからねぇ。
それが唐突(?)に新しいバージョンが見つかりましたから「むむむ!」なんであります。

まぁ、それはいいとして、サイトの辿り方によっては英語版しか手に入らない場合があります。
本来は直リンに近いリンクを貼ることは好ましくないのですが、ソフト本体はサイトの階層がかなり深いところにありますので・・・
↓から日本語版がダウンロードできますよ。(注:Windows用とMac用あり)




(2)
a0195032_11100605.jpg
ダウンロードしたファイルはZip圧縮がかかっていますので、任意の解凍ソフトで解凍します。
ファイルは2個あって、上がPDFファイルの取扱説明書(なんと90ページ!)で、下がインストールファイルです。
インストーラーをダブルクリックすると・・・


(3)
a0195032_11473349.jpg
このような画面が表示されます。
私は旧版からのアップデートですから、このまま「アップデート」をクリックします。
初めてインストールされる方は、これがおそらくは「インストール」という表示になるのでしょうね。


(4)
a0195032_11493526.jpg
アップデート(インストール)中の画面です。


(5)
a0195032_11503452.jpg
ところが、途中でこのような画面に切り替わって動作が停止しました。
ウィルス対策ソフトを一時的にOFFにして「再試行」をクリックしても状況に変化はありませんでした。
OS側でブロックしているのかは定かではありませんが、「無視」をクリックしたら先に進みました。

因みに、私はデスクトップを3台(←アホか・・・笑)持っていますが、その内2台がこのように表示されました。
もう1台はすんなりとインストールが完了しましたので???であります。
まぁ、同じOS(Windows10)を使っていても、内部機器も違えばインストールしているソフトも違いますからね~。

何かしら競合したのかもしれません。


(6)
a0195032_11551215.jpg
多少のすったもんだはありましたが、無事にアップデートが完了しました。
この後、指示に従って「コンピュータを再起動」させます。


(7)
a0195032_11294033.jpg
再起動後、念のため「Acronis True Image WD Edition」を起動させました。
途中でアップデートが止まったPCも問題なく動作しました。
ご覧の様にインターフェイス(これはバックアップ画面)は随分と変わりましたね。


(8)
a0195032_11583560.jpg
ご参考までに、こちらが旧版のバックアップ画面です。


(9)
a0195032_11593814.jpg
さて、アップデート(インストール)が完了してソフトが正常に作動することを確認した後は、もう一つ大事な作業があります。
それはレスキューメディアの作成です。
もし、何らかの原因でOS(Windows10など)が起動しなかった場合は、レスキューメディアを使って起動させた後に復元させる必要があるからです。

アップデートした方は「前のがあるからいいや」と思わずに、必ず新しいメディアを作成しておきましょう。
互換性がなくて復元できない場合もありますから、忘れずに実行することを強くお勧めしておきます。
その手順は以下のとおりです。


(10)
a0195032_11195445.jpg
↑の9枚目の画面でレスキューメディアビルダをクリックさせるとこのような画面が現れます。
この画面で上に記載があるメニューを選択します。
下のメニューは製品版で使える機能で、このWD Editionでは使うことができません。


(11)
a0195032_11195835.jpg
基本的には光学メディアに焼きますから、ここは下の光学ドライブを選択します。
ISOイメ-ジはどちらかと言えば上級者向けですね。

実は、次にもう一つ画面が出ますが、きゃぷちゃーできませんでした(;'∀')
多分。「作成」あるいは「実行」というボタンを押すだけの話だったと記憶していますが。
データは460MB程度ですから光学メディアはCD-Rを使用します。


(12)
a0195032_11200491.jpg
CD-Rに焼いている最中の画面です。


(13)
a0195032_11200711.jpg
めでたくメディアが完成しました。
紛失しないように、ちゃんと保管しておきましょうね。


(14)
a0195032_20571482.jpg
実際に起動ドライブを丸ごとバックアップしてみましたが、心なしか処理が速くなったようですね。
旧版では6分ほどかかったものが、新版では4分で全ての処理が完了しました。
リカバリはまだ実行していませんが、この分では速く終わるのではないかと推測されます。

システムのバックアップソフトはいろいろとありますが、私はずーっと「Acronis True Image WD Edition」を使っています。
それは何を置いても信頼性が高いからです。
なお、ウエスタン・デジタル製のハードディスをお使いでない場合は、このソフトをインストールすることは出来ません。
ご参考までに!

[PR]
by zeiss1221 | 2015-11-26 00:00 | ソフトウエア