赤そばの花が咲く武蔵丘陵森林公園

(1)
a0195032_19484342.jpg
昨日お約束しましたように、今回は赤そばの花が咲く武蔵丘陵森林公園の様子をお届けします。
この日はお天気も良くて、花の間の小路を往く人たちも楽し気な感じでした。

ここは昨年まではコスモス畑だったところですが、今年は赤そばとコキアを植えています。
実は、今年は久々に長野県の伊那にある広大な赤そば畑を再訪するつもりでいました。
ところが、お天気の関係で断念せざるを得なかったのです。

ですから、我が家から車で1時間ほどの場所で赤そばを見ることが出来るとは夢のような話です。
たまたま森林公園の様子が気になってホームページを見たら、「えっ、赤そば・・・ホント?」と喜びを隠せませんでした。
ということで急きょお出かけした次第です。




(2)
a0195032_19571160.jpg
とにかく画面を赤そばの花で埋め尽くそうとして撮ったものです。
個人的にも気に入っていて、トップ画像にしようかな?とも考えたカットです♪
でも、森林公園らしさはないため、この2枚目に据えました~。


(3)
a0195032_19582600.jpg
全景を写せる訳でもありませんが、こんな感じで赤そばとコキアが植えられています。
のびやかで気持ちのいい空間ですね。


(4)
a0195032_20000332.jpg
ちょっと玉ボケを使って遊んでみようかな?と思いました。
さて、この玉ボケの正体は一体何でしょうか?
答えは明日の記事で・・・(←勿体ぶるなよ~笑)


(5)
a0195032_20012796.jpg
今度はシンプルに・・・


(6)
a0195032_20014953.jpg
葉や茎の緑は混ざりますが、赤そばの花の色に染め上げてみました。


(7)
a0195032_20024313.jpg
順光線に近い光で撮れば空もクリア~!
実は、今回は久々にC-PLフィルターを使いました。
赤そばの花と空や木々の緑を鮮やかに描きたかったからなんですよね。


(8)
a0195032_20041206.jpg
「写真」とは真実を写すと思われがちですが、私は写した人の真の心が写るのではないかと感じています。
心が荒んでいる時はどことなくキツイ描写になり、穏やかな時は優しい描写になるような気がします。
勿論、狙いによって違いはあるかと思いますが、撮っているうちに自然とそうなるように思えてならないのです。


(9)
a0195032_20065940.jpg
この時はご覧のようにふわっとした優しい描写になっていますから、多分、私の心は穏やかだったのでしょう。


(10)
a0195032_20074519.jpg
別にソフトフォーカス的な効果を狙った訳ではないのですが、結果としてこうなったという感じですね。
今回、つくづく「明るいPROレンズを買って良かった~!」と思いました。
普及タイプのレンズでしたら、こういった描写にはなりませんから・・・


(11)
a0195032_20100654.jpg
トンボやハチ、蝶も飛んでいて、どこかのタイミングで撮りたいなとカメラを構えて待っていました。
漸くキチョウがやって来て、近い花に止まってくれましたのでパチリ!
一枚撮ったところでテレコンをつけようとしたら逃げられました(涙)


(12)
a0195032_20115956.jpg
エレコンをつけた状態で違う方角を見たら、若いカップルを発見!
うーむ、なかなかいい感じではあるわいな。
何だかオヂサン、羨ましく思ったゾ!(笑)


(13)
a0195032_20134197.jpg
ということで、もう一回画面を赤そばの花で埋めちゃおうかな?


(14)
a0195032_20141695.jpg
いつまでもt撮り続けていたいところですが、この後二つほど野暮用が待ち受けているんです。
そろそろ森林公園を後にしないと・・・
明日は画面奥に見えているコキアをお届けしたいと思っています。

なお、今回使用した機材は以下の通りです。
・M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14(12枚目・↑のマスターレンズとの組み合わせ)

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/21745581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tachibana at 2015-10-17 14:56 x
森林公園でも赤そばが見られるのですね。
写真だけ見たら、伊那にいらっしゃった?と思ってしまいます。
コスモスも良いですが、秋らしさを感じる画です。
コキアも楽しみです~
Commented by mahoroba-shahai at 2015-10-17 19:44
”赤そば”ですか! 赤いのもいいですね。
全くその存在を、知りませんでしたが、
実は食べることができるんですか?
Commented by zeiss1221 at 2015-10-17 20:47
tachibanaさん、こんばんは。

森林公園では今年初めて赤そばを植えたようですよ。
本当は伊那に行きたかったのですが、まさか近場で見られるとは思っても
いませんでした。
本当にうれしく思いました。
コキアは明日の記事でご覧いただけますよ♪
Commented by zeiss1221 at 2015-10-17 20:52
まほろばさん、こんばんは。

赤そばは長野県の伊那が有名ですが、今年初めて森林公園でも
その姿を見ることが出来るようになりました。
勿論、赤そばも実がなりますから食べることができます。
蕎麦自体の色は普通ですが、味は・・・普通だったと記憶しています。
Commented by 武ちゃん at 2015-10-17 22:53 x
こんばんは、
なるほど‥コスモス畑だったところが赤蕎麦畑に。
秋の七草のところは今シーズンはコキアでしょうか。
そういえば栗橋にも赤蕎麦畑がありましたよね。
晴天のなか素敵な雰囲気で赤蕎麦が描写されています‥さすが!  (*^^)v
Commented by zeiss1221 at 2015-10-18 21:09
武ちゃんさん、こんばんは。

はい、今年は赤そばとコキアが植えられました。
実は、コスモスが咲く時期にここは来たことがないんですよ。
ですから、そのあたりのことが分かりませんで・・・(;'∀')

>そういえば栗橋にも赤蕎麦畑がありましたよね。
あっ、それ、聞いたことがあります。
数年前に行こうかな?と思いました。
以前は長瀞にもあったようですが、どこを探しても見つかりませんでした。
Commented by しーたけ at 2015-10-18 22:16 x
赤蕎麦いいですよね
ずっとコスモス畑だったところですからまるっきり雰囲気が変わりました
これからもうちょっとすると紅葉が始まってきますね(^^)
Commented by zeiss1221 at 2015-10-18 23:21
しーたけさんへ

赤そばはやはり一風変わっていますので、インパクトがあります。
本当は伊那へ行きたかったところですが、お天気などとの兼ね合いも
ありまして断念しました。
次に森林公園へ行くとしたら、「紅葉見ナイト」ですかね。
Commented by kurese0535 at 2015-10-19 00:20
こんばんわです。
え、赤そば!!初めて観ました聞きました。
これは赤い蕎麦になるんですか?ざる赤蕎麦?月見とろろ赤そば??十割赤蕎麦???・・
(自分にとっては)珍しいものを見せていただきました。
ありがとうございます。
Commented by zeiss1221 at 2015-10-19 20:14
kureseさん、こんばんは。

赤そばはあまり栽培されていませんから、見る機会は
少ないと思います。
今まででも、福島県猪苗代町、長野県箕輪町(伊那)
でしか見たことがありません。

蕎麦の色としては普通のと一緒です。
そして「安心してください。食べられますよ♪」
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-10-17 00:00 | | Trackback | Comments(10)