豪華客船「SILVER SHADOW」を城南島で撮る

(1)
a0195032_21072612.jpg
「爆弾低気圧」が通過した後は急速に天候が回復したため、城南島海浜公園豪華客船「SILVER SHADOW」を撮影しに出かけてきました。
本来ならば午前8時に晴海ふ頭に着岸していた筈だったのですが、荒天のため入港がかなり遅れていました。
午後3時前後に城南島海浜公園前を通過する絶好の機会ですから、これを見逃す手はありませんよね。

急速に天候が回復したといっても、上空にはかなり雲が残っていました。
私の目の前に近づくにつれて船体に当たっていた光も斑模様になり、そのうちに太陽は雲に隠れてしまいました(涙)
これは太陽が隠れる前に撮影したものですが、うーむ・・・

【SILVER SHADOW シッピングデータ】
 竣  工 2000年9月
 総トン数 28,258トン
 全  長 186.0 m
 全  幅 24.9 m
 吃  水 6.0 m
 主  機 ディーゼル 2基
 航海速力 18.5ノット
 デ ッ キ 7層
 船客定員 382名
 乗 組 員 302名
 船  籍  バハマ




(2)
a0195032_21302532.jpg
この日、「SILVER SHADOW」の入港をサポートするタグボートは、東港サービス「おおい」(全長40m、総トン数241t、出力3,600PS)です。
奥に見える橋は「東京ゲートブリッジ」で、ここもなかなか興味深い場所です。


(3)
a0195032_21302752.jpg
タグボート「おおい」が「SILVER SHADOW」を先導していきます。


(4)
a0195032_21302963.jpg
クルーザーが一隻沖合へ出ていくようですね。


(5)
a0195032_21303123.jpg
華やかなクルーズライフに好奇心を刺激された後は、船室に戻って一息つきたいもの。
豊かな洋上生活を送っていただくためにも、シルバーシー・クルーズはプライベートな空間を大切にしています。
客室はすべて海を望み、ゆったりとしたバスタブを備えるスイート仕様。
さらに、全客室で導入されているバトラーサービスにより、ゲストひとりひとりにきめ細かく対応いたします。
プライベートな極上空間があるからこそ、旅も満喫していただけるのです。
-SILVERSEAのサイトより引用-


(6)
a0195032_21303338.jpg
何気なく左方向を見たら、いつの間にか大きなコンテナ船が「SILVER SHADOW」の方向へ進もうとしていました。
「あぁ、このままでは真横に来た時に被っちゃうな」と思いましたが、気を取り直して撮影続行です。


(7)
a0195032_21322019.jpg
真横ではありませんが、限りなく目の前に近づいたタイミングでシャッターを切りました。
そのあとは・・・


(8)
a0195032_21322240.jpg
二隻の船が擦れ違う寸前のタイミングです。
船舶は右側通行ですから「SILVER SHADOW」は大きなコンテナ船の陰に隠れてしまいます。
真横の写真も撮りたかったし、東京ゲートブリッジとも絡めたかったなぁ・・・Orz


(9)
a0195032_21324827.jpg
良くないことは重なるもので、折角船体には万遍なく太陽光が届いているのに、それ以外は日陰となってしまいました。
「あぁ、東京スカイツリーも日陰になっちゃったかぁ」(涙)


(10)
a0195032_21330423.jpg
暫し肉眼で見送っていると、海上保安庁「まつなみ」らしき船と擦れ違いました。


(11)
a0195032_21330632.jpg
やはり巡視艇の「まつなみ」でした。
この時は東京スカイツリーがちゃんと見え始めていたんですよね~。


(12)
a0195032_21331121.jpg
やがて「SILVER SHADOW」は遠ざかっていき、東京タワーとレインボーブリッジの歓迎を受けていたかのようでした。
歓迎と言えば、おそらく晴海ふ頭では歓迎放水は行われていたことと思います。


(13)
a0195032_21331423.jpg
コンテナ船がやって来た時、東京スカイツリーはその姿を太陽光に照らし出されていました。
こういった時は喜んでいいのかどうか・・・うーん、やっぱり何だかなぁ、って感じですね。


(14)
a0195032_21331631.jpg
城南島のニャンです。
ツキに見放された私は、何と猫にまでそっぽを向かれてしまいました(涙)
猫としては、「フン、何もくれないんだ。おやつくらい寄越せよ!」とでも思っていたのでしょう。


[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/21702012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2015-10-04 09:59
そんなことはありませんよ、天候急変にの臨機対応の素早さ&ニャンコも可愛いですね、バグースですね。
Commented by あおの ひろ at 2015-10-04 11:19 x
真っ白できれいな船ですね~
名前も素敵です。
コンテナ船の大きいのに驚きました。
こうして並んでいないと大きさは全く分かりません。ちょっとびっくりです。

ニャンちゃんのおすまし顔はカメラを意識していたのでは?
手も足もぴったり揃ってます。
Commented by kirafune at 2015-10-04 12:54
zeissさん

爆弾低気圧、明け方頃の風雨すごかったですね。
島に渡らないと、こういう大型船舶の雄大な姿は
なかなか撮れないのでしょうね。
島のにゃんこのおすまし顔がにゃんともたまりません。
コンテナ船の赤い荷物がいいなあと思いました。
Commented by nont‐bell at 2015-10-04 19:44 x
いつのまにかPRO・PROになってますね~♪
そのうち、もうーつPROが付くんでしょうネ!
そういう私も長いPROが出たら逝っちゃうのかナ~(^_^;)
Commented by zeiss1221 at 2015-10-04 20:43
アラックさんへ

この城南島ではきれいに晴れ上がったことは過去に1回しかないんですよ。
多分、日ごろのおこないのせいだと思います。
Oh,my GOD!(笑)
Commented by zeiss1221 at 2015-10-04 20:46
あおの ひろさんへ

この船は船体がきれいなことも勿論ですが、高級感においては
群を抜いています。
全室オーシャンビューのスイートで、Premium User Onlyと
記載されていました。

コンテナ船の大きさはいろいろとありますが、今回被ってしまった
船は大きな部類に入ります。
仕方がないとはいえ、残念でした。

ニャンはシャッターを押す寸前までこちらを見ていましたが、すぐに
横を向かれてしまいました。
人慣れしているようで、近寄っても逃げません。
Commented by zeiss1221 at 2015-10-04 20:51
雲母舟さんへ

あの風雨は凄まじかったですね。
あの音で二回も目が覚めてしまいました。

城南島といっても単独の島ではなくて陸地続きなんですよ。
正確には城南島海浜公園と言いますが、朝夕を除いては一時間に
一本しかバスがありません。

にゃんは始めは見てくれていたんですが、撮影しようとカメラを
構えたらそっぽを向かれてしまいました。
多分、何もあげなかったからだと思われ(笑)

コンテナ船でも格好いいのがあるんですよ。
APLの赤いコンテナのみを積んだコンテナ船の姿は客船に勝るとも
劣りません。

Commented by zeiss1221 at 2015-10-04 20:52
nont‐bellさん

もう一本のPROレンズも欲しいですね。
一応F2.8遠しですから、揃ったら「大三元」なんでしょうね(笑)

>そういう私も長いPROが出たら逝っちゃうのかナ~(^_^;)
その時は心置きなく逝って下さい。
Commented by しーたけ at 2015-10-04 20:53 x
おぉぉ ついにプロレンズ!
私もパナのレンズを試してみました。不思議なことにフォーカスが合うときは綺麗にすぱっと合うのですが合わないときは全く合わないです。まぁマニュアルで合わせればいいのですが・・・
Commented by AandM at 2015-10-04 20:57 x
こんばんは。
こちらの豪華客船を先日釧路港で見ました。どこの船かなと思っていましたがバハマでしたか。
ちょうど入港するところでしたが、もしかして、そちらから南下してきたのでしょうか?
Commented by zeiss1221 at 2015-10-04 22:43
しーたけさんへ

いよいよPROレンズが主力レンズとなりました。
これと普及タイプとで撮ったものは、写りの次元が違います。
やっとの思いで手に入れたものですから、末長く使っていきたいと
考えています。

フォーカスが合いにくいのは困りますよね。
同じマイクロフォーサーズ陣営でも、微妙にセティングが違うのだと
思います。
Commented by zeiss1221 at 2015-10-04 22:46
AandMさん、こんばんは。

この船を釧路港でご覧になったんですか・・・
先ほどそちらで拝見しました。
滅多に見ることができない船ですからラッキーでしたね。

この日は荒天の影響で入港時刻がずれたため、横浜港の飛鳥Ⅱを
袖にして「SILVER SHADOW」を迷うことなく選びました。
の翌日も出港シーンを見に行きましたよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-10-04 00:00 | 船舶 | Trackback | Comments(12)