緋毛氈の如く・・・巾着田の彼岸花

(1)
a0195032_12531797.jpg
今を去ること7年前のことになりますが、埼玉県日高市にある巾着田で撮影した彼岸花の数々を今日はお届けします。
昨今のフィーバーぶりは凄まじいものがあり、3年前に訪れたのが最後となってしまいました。
何しろ人混みが大の苦手ときていますからね~(;'∀')

それはさておき、何だかんだ言いながらも、やはり巾着田の彼岸花は凄いと思います。
まるで緋毛氈を敷き詰めたようで・・・って、例えが古いなぁ(笑)
赤い絨毯、もしくは赤いカーペットとでも言えばいいのにね。





(2)
a0195032_12531881.jpg
この頃はどうやら「ゲージツ性」を意識していたようで、やたらボケを大きくした写真を撮っていたようですね。
今ではあまりやらなくなってしまいましたけれど。


(3)
a0195032_12532003.jpg
ここの彼岸花は林間に咲きますから、全体的に光が当たることは殆どないようです。
ちょうどうまい具合に光が当たっているところを見つけてパチリ!


(4)
a0195032_12532208.jpg
背景をほぼ赤一色に染め上げて・・・


(5)
a0195032_12532398.jpg
かと思えば、かなり低い位置にきた太陽を画面右上に配したり・・・


(6)
a0195032_12532753.jpg
光の帯がこちらに向かって走っているところを見つけたりと、なかなか精力的に撮っていたようです。


(7)
a0195032_12532833.jpg
おっ、背景が暗く落ちているところに太陽の光を浴びている花の一群を見つけたようですね。
ここで暫く撮影したことを記憶しています。
って、画像フォルダを見れば一目瞭然なんですが(笑)


(8)
a0195032_12533017.jpg
2枚目とは撮影意図が違っていますね。
2枚目は結構明るい背景にも目が行きますが、こちらはあくまでも彼岸花に視線を導こうという意思で撮ったと思います。


(9)
a0195032_12533181.jpg
背景の林を含めてパンフォーカス敵に捉えたカットです。


(10)
a0195032_12533325.jpg
こちらは↑の9枚目とは逆に、望遠レンズで背景の林をぼかして主題である彼岸花を強調しています。
うーん、やはり前に撮影した画像を見ると参考になったり、反省したりすることがあるものですね。
「なるほど!」と思ったり、「もっとこうして撮れば良かったかも」といった反省材料にもなります。

【お断り】
 この拙いブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 当ブログのルールとしましてコメントとトラックバックは承認制をとっております。
 承認まで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントとトラックバックは承認しませんので予めご了解ください。
 なお、リンクはフリーとさせていただいております。

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/21681149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2015-09-27 09:50
タイトル : 巾着田の彼岸花
君恋ふる 涙しなくは 唐衣むねのあたりは 色燃えなまし By 紀貫之 秋晴れの日曜日 100万本の彼岸花で有名な 埼玉の巾着田(きんちゃくだ)を訪れた。 朱に交われば 赤くなる。 ニセアカシアの林の中も あいあい橋の下も 真紅の絨毯に覆い尽くされていた。 貴方を想う恋しさに流す涙がなかったなら、私の唐衣の胸のあたりで、炎は瞬く間に燃え上がってしまうことだろう。 (撮影10月3日) 巾着田 埼玉県日...... more
Commented by emily1105 at 2015-09-27 00:33
こんばんは。はじめまして。
いつもイイネをありがとうございます。
とってもすてきなレッドカーペットですね。画面に釘付けになりました!
こんなすてきなところがあるのですね~。是非一度肉眼で見てみたいです。
Commented by tachibana at 2015-09-27 05:30 x
これだけ咲いているのは圧巻です。
連休中、川越に出掛けた折にNACK5の交通情報を聴いていたら
巾着田付近が大渋滞とのことで、これは近付かないほうが…と
思った次第でアリマス。
緋毛氈という言葉が似合いますよ(^^)
Commented by zeiss1221 at 2015-09-27 09:07
emily1105さん、あれ、emilyさんでいいんでしょうか?
こちらこそ、初めまして。
ご来訪とイイネをいつも送っていただきありがとうございます。

ここは国内有数の彼岸花の大群落地で、シーズン中の人出は半端ではありません。
記事にも書きましたが、三年前を最後に行かなくなってしまいました。
それでもこのすばらしさには変わりはありませんから、機会がありましたら、是非
お出かけください。
今シーズンは終わっていると思いますので、来シーズン以降ですね。
Commented by zeiss1221 at 2015-09-27 09:09
tachibanaさんへ

さすがにここは凄いのですが、人の数も多すぎて萎えます。
巾着田は電車で行っても大変ですよ。
高麗駅のホームと駅前広場は人で溢れ、巾着田までの道は金魚のフン
よろしくぞろぞろと・・・(笑)
ジサマとバサマが多いから、歩く速度も極端に遅くていらつきます(笑)
Commented by kirafune at 2015-09-27 09:49
zeissさん

おはようございます!
ここ何年か、すごいブームですよね、巾着田。
彼岸花の数もすごいけれど、人の数も半端なし。
赤ばっかりなので、撮るのが難しかったです。
また行きたいような、でも疲れるような。
行くのなら朝早くですね。
今年はzeissさんのお写真で満足しました。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-09-27 10:30
圧巻といったところで、精力的に撮影されていますね!
気迫を感じます。

>何しろ人混みが大の苦手ときていますからね~
まほろばも人混みは駄目で、誰もいないところで、ぼちぼちと
撮影しています。
また、定番のところへは、なるべく近寄らないようにしています。
Commented by zeiss1221 at 2015-09-27 22:04
雲母舟さん、こんばんは。

はい、もう3年ほど行っていませんが、気持ちは萎えてしまいます。
まずは駅からの道のりが思った以上に長く感じられます。
ジサマ、バサマのゆったりとした歩きに付き合っていると日が暮れます(笑)

まぁ、彼岸花は基本的に赤一色ですから、色飽和を起こしやすいですね。
その点、ダイナミックレンジがホ広いカメラ(現状ではほとんどなし9だと
ちゃんと色が分離して綺麗に撮れるんですけれど。
それは40万円以上もしますから現実的な話ではありませんよね。

仰る様に、人を入れずに撮影するなら早朝出撃ですね。
私は客船撮影で早朝出撃は慣れていますけで、もう巾着田は行かないだろうな。
Commented by zeiss1221 at 2015-09-27 22:06
まほろばさん、こんばんは。

この当時は精力的に撮影していましたね。
最近はお気軽な撮影に終始していますが、その方が気楽でして・・・
まぁ、当時は今よりも元気だった証拠でしょうか?

人混みはねぇ、苦手ですね。
今日は水族館へ行って来ましたが、水槽の前は黒山の人だかりでした。
日曜日に行くところじゃないです。
Commented by kurese0535 at 2015-09-27 23:59
こんばんわです。
ぬおお、これが巾着田の彼岸花ですか!
まさに聞いた通り、赤い絨毯ですね。
これはみんな観に行きますね。毎年人いっぱいなんでしょうね。
でもいつか行ってみたいです。
二枚目がお気に入りです^^
Commented by zeiss1221 at 2015-09-28 21:04
kureseさん、こんばんは。

はい、その名を全国に轟かせる巾着田です。
まさに赤い絨毯ですが、そこを通る人の数も半端じゃありません。
毎年というか、年々訪れる人が増えてとんでもないことになっているようです。

>でもいつか行ってみたいです。
彼岸花だけではアレですので、周辺の見どころもぜひ!

>二枚目がお気に入りです^^
ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-09-27 00:00 | | Trackback(1) | Comments(10)