東京港晴海ふ頭を出港する客船「ぱしふぃっく・びいなす」

(1)
a0195032_22314484.jpg
大阪港を母校とする客船「ぱしふぃっく・びいなす」が東京港晴海ふ頭を出港するシーンをお届けします。
晴海ふ頭は横浜港大さん橋と違って、客船が寄港する回数はかなり少なくて寂しい限りですね。
今年(2015年)5月14日に「にっぽん丸」が出港した後、3か月ぶりに寄港したのが「ぱしふぃっく・びいなす」です。

横浜港で見せる貌とは少し違うような印象を持ったのは、環境というか背景の違いでしょうか。
いつもはスリムに感じる船体が、この日ばかりはグラマラスに思えてしまいました。
まぁ、望遠レンズによる圧縮効果がそのように感じさせたのかもしれませんが・・・




(2)
a0195032_22330867.jpg
私がレインボー・ブリッジに到着したとき、太陽はまだ雲には隠れていませんでした。
「どうしようかな?レインボー・ブリッジの下から狙おうかな?」という考えが一瞬脳裏をかすめました。
でも、心の中では「今日は橋の上から撮ろう!」と決めていましたので初志貫徹です。


(3)
a0195032_22332241.jpg
さて、エレベーターに乗って7階デッキで降りて、遊歩道(ノースルート)から晴海ふ頭方面を広く見渡したところです。
画面左端が竹芝桟橋、その右側にある水色の倉庫があるあたりが豊海水産ふ頭で、右側にあるのが晴海ふ頭です。
上空には申し訳程度に青空が見えていますが、反対側にあたる西の空には雲がひろがりつつあるところでした。


(4)
a0195032_22333681.jpg
出港時刻の30フン前になると、出港をサポートするタグボートが出動してきます。


(5)
a0195032_22335035.jpg
出港時刻の午後4時を迎え、腹に響くような汽笛が発せられました。
何回聞いても船の汽笛はいいものですね。


(6)
a0195032_22341760.jpg
艫綱が解き放たれ、「ぱしふぃっく・びいなす」はゆっくりと岸壁を離れていきます。
今回はタグボートに牽引用のロープが張られていましたから、船尾側はタグボートのサポートで離岸するようです。


(7)
a0195032_22343603.jpg
「ぱしふぃっく・びいなす」が前進する態勢が整ったようです。
左端の警戒船は一足早く動き出し、タグボートと本船を繋いでいたロープも外されるところです。


(8)
a0195032_22345401.jpg
いよいよ前進し始めました。
「おっ、いかん!このままではかなり右側を船が通過してしまう!」と気づいて、50mほど右方向へ急いで移動することに・・・


(9)
a0195032_22351082.jpg
何とか間に合いましたね~。
船尾側でサポートしていたタグボート「おおい」が、先導すべく猛ダッシュしていくところです。


(10)
a0195032_22353218.jpg
かなり近づいてきました。
晴海ふ頭を出港した船は、弧を描くようにしてレインボー・ブリッジをくぐり抜けていきます。
ですから、今いるポジションだと真下を通過してくれるようですね。


(11)
a0195032_22354908.jpg
うんうん、かなりいい感じで近づいて来ます。


(12)
a0195032_22360729.jpg
えっ、ここで真正面!?
うーん、真下を通過すると思って更に右側にポジションを変えたのですけれどね~。
予測が甘かったか・・・Orz


(13)
a0195032_22362312.jpg
でも、まぁ、いいでしょう。
レンズを付け替えて、出港した晴海ふ頭も絡めるようにして撮影することにしました。


(14)
a0195032_22363894.jpg
再びレンズを付け替えて、通過する船のファンネルをメインに狙いました。
比較的新しい船ですから、ファンネルのデザインもすっきりとしていて恰好いいですね。
やはり「ぱしふぃっく・びいなす」は優美な船体をしていると再認識した次第です。

【お断り】
 この拙いブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 当ブログのルールとしましてコメントとトラックバックは承認制をとっております。
 承認まで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントとトラックバックは承認しませんので予めご了解ください。
 リンクはフリーとさせていただいております。

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/21566599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-08-22 08:26
おはようございます
素晴らしい写真の数々。
いつも感心しながら拝見してますが、本日の日記も力作ですね。
下から2枚目から4枚目にかけては、凄い迫力です。
レンズ交換も大変だったでしょうが、右方向への50mダッシュもお疲れ様でした(^。^)
Commented by zeiss1221 at 2015-08-22 08:57
tabi-to-ryokouさん、おはようございます。
あれ、「旅プラス」さんが正しいんでしょうか?

この日はお天気が今ひとつでしたから、最初から橋の上から
撮るつもりでいました。
それに、ぱしふぃっく・びいなすという船を上から撮ったこと
もありませんでしたから・・・

レンズ交換は慌てずに確実に行いました。
というのも、オリンパスのレンズは軽いため、前に慌てて交換
しようとして、お手玉して危うく海へ飛んでいくところでした。

50mダッシュ・・・というか小走りではありますが(笑)
一応、今でも全力ダッシュは可能な体力があります。
Commented by kirafune at 2015-08-22 11:23
ビーナスの名にふさわしいお船ですね。
暑いなか、思わずダッシュしたくなりますね?!
勢いあまって、レンズもご自身も
海に飛び込まなくて何よりでした。
カメラの腕もさることながら、その情熱がすごいです。
Commented by zeiss1221 at 2015-08-22 20:55
雲母舟さん、こんばんは。

優美な船体をしているでしょう?
この角度から撮影したのは多分初めてで、いつもとは違う
感じを受けました。

ダッシュねぇ・・・
あまりやりたくないのですが、この時ばかりはシャッター
チャンスを逃すまいとしてやりました。
一期一会ですからね~(笑)
Commented by しーたけ at 2015-08-22 23:52 x
大都市を背景に出航する船もまたいいですね
もう少し近ければ船や飛行機を撮りに行きたいところですが・・・
身近さでいつも野山に出かけてしまいます(笑)
Commented by zeiss1221 at 2015-08-23 10:47
しーたけさんへ

レインボーブリッジ方面から撮ると、晴海や豊洲の高層ビルが
背景となりますから、横浜とはかなり違った印象となります。
私は最近は「鉄」でできたものしか撮影しておりません。
逆にの山へ行く機会が激減しています(;'∀')
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-08-22 00:00 | 船舶 | Trackback | Comments(6)