客船「飛鳥Ⅱ」・夏空の横浜港に帰港

(1)
a0195032_10375639.jpg
日本を代表する客船「飛鳥Ⅱ」が、夏空の下を横浜に帰ってきました。
「飛鳥Ⅱ」はかなりの回数を撮影していますが、真夏にしてはかなりいい条件で撮影することが出来ました。
ただ、南西からの風が強烈に吹いていて、海上は飛び散った潮の粒子でやや靄っているように見えますけれど・・・

太陽は画面左奥の方から照り付けていますが、これだけ青空が出ていれば文句なしですね。
湿度も高くないようで、気温が高い割には風の強さも手伝って汗をかくこともありませんでした。(←汗っかき・・・)
今日は何だかいい写真が撮れそうな気がします♪

※今回使用した機材はオリンパスOM-D E-M1と下記レンズ3本です。
 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
 M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ




(2)
a0195032_10391369.jpg
撮影場所に選んだ横浜ベイブリッジスカイウォーク前付近で陣取っていると、やがて遠くに「飛鳥Ⅱ」の優美な船体が姿を現しました。
因みに、右側の灯台のような建物は横浜港シンボルタワーです。
昼頃になれば、そちら側から狙うのがいいと思いますね。


(3)
a0195032_10392787.jpg
午前8時前はこの海域はご覧のようなラッシュ状態となります。
各船舶は秩序を守って航行し、目的地のバースへと向かいます。


(4)
a0195032_10394235.jpg
このような角度で「飛鳥Ⅱ」を見るのもいいですね。
おや、左から貨物船(コンテナ船かな?)が異常に速いスピードで近づいてきました。
気になりますなぁ・・・


(5)
a0195032_10395917.jpg
げっ、まさかの「飛鳥Ⅱ」との並走・・・ないワ。
これはいかんですよ。


(6)
a0195032_10401777.jpg
貨物船がスピードを落としたのか、件の貨物船は「飛鳥Ⅱ」の陰に隠れつつありましたね。
舳が見えますが、まぁ、これくらいは仕方ないでしょう。

(7)


(8)
a0195032_10404418.jpg
「飛鳥Ⅱ」が横浜ベイブリッジをくぐって行きます。
おっと、またここでカメラとレンズの通信トラブルが発生!
こんなこともあろうかと思って、もう一本持って来ていたレンズに交換して事なきを得ました。


(9)
a0195032_10405805.jpg
真夏に富士山がはっきりと見えるのは珍しいことなんでしょうね。
昨年も一回遭遇しましたが、ここへ来る途中のバスの中から富士山の姿を見て嬉しくなりましたね。
日本橋たいめいけん三代目茂出木シェフの言葉を借りると、「MAXキャッホ~」であります。(笑)


(10)
a0195032_10411686.jpg
さすがに構内に入ると、ほかの貨物船や小型船、タグボートとかなり被ります。
手前の海面に航跡が見えますが、これは直前に横切ったタグボートのものです。


(11)
a0195032_10413218.jpg
いよいよ大さん橋に近づき、この後回頭作業に入ります。
いつもと違って入船(船首から着岸すること)だと大さん橋で待ち構えた方がいいんですけれど・・・
ただ、タグボートの位置からして、出船で着岸することは間違いないでしょう。


(12)
a0195032_10414573.jpg
げっ、あの貨物船がやって来たではありませんか。
「何だよ~、お前、本牧へ行くんじゃなかったのかよ~」
ということで、回頭作業は見事なまでにこの貨物船と被ってしまって見ることは出来ませんでした・・・Orz


(13)
a0195032_10420015.jpg
回頭作業を終えて真横を向いた「飛鳥Ⅱ」です。
やはり「飛鳥Ⅱ」は優美な船体をしていますね。
船齢は25年を数え、船舶としては「熟女」の域に入っていますが、容色が衰えることはありません。


(14)
a0195032_10424687.jpg
そうそう、このシーンをこのようにして撮りたかったんですよね。
直線距離にして2kmちょっとはありますから、大気の揺らぎで鮮明に写せることは多くはないんですよ。
この日は気象条件がかなり良かったこともあり、背後にあるビルや富士山までもクッキリと写すことが出来ました♪


(15)
a0195032_10421520.jpg
いいすねぇ、みなとみらい21を背景に大さん橋に向けて後退していく姿・・・
いつまでも見送っていたい気持ちはありますが、バスの発車時刻が迫りつつあります。
鶴見経由でも構わないのですが、急行横浜駅行のバス(109系統)乗る必要がありました。
後ろ髪を引かれる思いで、その場を離れることにした私です。

飛鳥Ⅱシッピングデータ

全  長 241m
全  幅 29.6m
総トン数 50,142G/T
喫  水 7.8m
デ ッ キ 12層
巡航速力 最高21ノット
船  籍 日本(横浜)
客 室 数 436室
乗客定員 872名
乗組員数 約470名
就 航 年 2006年2月
※飛鳥Ⅱとしての就航は2006年ですが、前身のクリスタル・ハーモニーとしての就航は1990年です。

【お断り】
 この拙いブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 当ブログのルールとしましてコメントとトラックバックは承認制をとっております。
 承認まで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントとトラックバックは承認しませんので予めご了解ください。
 リンクはフリーとさせていただいております。

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/21501789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kurese0535 at 2015-08-02 00:15
こんばんわです。
大小の船がたくさん写ってるのがよいですね〜。
みなとみらいと富士山の背景も贅沢です。
オリンパスのEシステム、トラブル多発ですか?
先日、ペン使ったらシャッター側のダイヤルの反応が悪かったです。
いくら回してもなかなか絞れず・・。
Commented by tachibana at 2015-08-02 05:28 x
「あの貨物船が…」などハプニング(?)もあったようですが、
飛鳥の船体が見事にみなとみらいの街にマッチしていますね。
しかも富士山の稜線もくっきりと撮れていて「MAXキャッホ~」ですね(笑)
Commented by zeiss1221 at 2015-08-02 09:20
kureseさん、おはようございます。

この海域は船舶の往来が激しいんですよ。
昨年の夏も一回だけ、素晴らしく晴れた日があって富士山もよく見えました。
今年は富士山とみなとみらい21を絡めたかったので、撮影場所をベイブリッジ
直下に選びました。

オリンパスのカメラは三回修理に出しましたが、結局は直らなかったため、現在は
二代目が稼働を始めました。
レンズも序に新しいものに変えましたから、もう心配はないと思いますが・・・

おや、kureseさんのペンも不調ですか?
オリンパスはダイヤル周りのトラブルは多いみたいですね。
リコールの話は聞いていないのですが、ネットで調べるとワンサカ出てきますよ。
Commented by zeiss1221 at 2015-08-02 09:25
tachibanaさん、おはようございます。

この日はいつになくほかの船舶と被ってしまい、若干
ストレスが溜まってしまいました。
まぁ、こればかりは仕方ないんですけれどね~。

>飛鳥の船体が見事にみなとみらいの街にマッチしていますね。
やはり飛鳥Ⅱが一番似合います。
ダイヤモンド・プリンセスもいい船ですが、やはりそこは譲れない
ところです。
富士山もバッチリ見えましたし、基本的には言うことなしでした。
Commented by あおの ひろ at 2015-08-03 11:17 x
飛鳥Ⅱ
いつ見てもいいですね。
時間もお金もあったなら、ずっと乗っていたい。
両方ないので無理ですが。
13枚目の飛鳥が一番お気に入りです。
富士山が見えないのが残念です。
Commented by zeiss1221 at 2015-08-03 20:16
あおの ひろさんへ

飛鳥Ⅱはやはり日本を代表する客船で、優美な船体をしていますね。
今日も横浜で見てきましたが、評価は変わらないままです。

>13枚目の飛鳥が一番お気に入りです。
ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-08-01 00:00 | 船舶 | Trackback | Comments(6)