大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」早暁の横浜港に入港

(1)
a0195032_17305686.jpg
猛暑日が続く中、昨日の日曜日(7/26)は午前3時過ぎに家を出発して、首都高で横浜の大黒ふ頭中央公園を目指しました。
4時過ぎに現地に着いて車から下りた途端、熱く湿った重々しい空気に包まれてしまいました。
思わず「何じゃこりゃぁ!」と・・・何だか嫌な予感がします。

気を取り直して撮影地の横浜ベイブリッジ直下にあるスカイウォーク前へとぼとぼと歩いていくと、その嫌な予感が的中してしまいました。
視程はあまり良くなく、しかも、水平線より上には雲が居座っているではありませんか。
これでは「ダイヤモンド・プリンセス」が来ても、太陽の光が直接当たりそうにもないようです。

自然現象ですから致し方ありませんが、船体には直接太陽光は届いてはいません。
本当はもっとモヤっとしているのですが、ソフトウエアのご威光をお借りして何とか見られる画像に仕上げてみました。
う~む・・・

※今回使用した機材はオリンパスOM-D E-M1と下記レンズ3本です。
 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
 M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ




(2)
a0195032_17313248.jpg
東の空を見ても朝焼けといった感じにはほど遠いものがありました。
気持ち的には「あ~ぁ!」ですなぁ。


(3)


(4)
a0195032_17321582.jpg
まぁ、何だかんだ言いながらも「ダイヤモンド・プリンセス」横浜ベイブリッジ をくぐっていきます。
まだ太陽の光は直接当たらないようですね。


(5)
a0195032_17325817.jpg
港内に入ったところでやっと太陽の光が船体を照らし出しました。
ちょっと遅かったけれど、まぁ、一安心ですね。
数日前に「飛鳥Ⅱ」を同じように撮影しましたが、「ダイヤモンド・プリンセス」は一際大きく感じます。


(6)
a0195032_17331321.jpg
港内での回頭が終わり、いよいよ大さん橋を目指して後退していきます。
ほぼ真横を向いたところですが、全長290mというのは伊達ではありませんね。


(7)
a0195032_17332643.jpg
みなとみらい21を背景にした「ダイヤモンド・プリンセス」は存在感がありますね。
船体は優美でありながらも迫力に満ちています。
惜しむらくは青空が・・・さて、そろそろ撤収して大さん橋へと向かうことにしましょうか。


(8)
a0195032_17333900.jpg
横浜ベイブリッジを車で渡り、大さん橋1階にある駐車場に車を止めたのが午前6時前のことでした。
船はすでに着岸しており、サポートしていたタグボート(ダイドー:たちばな)が離れていくところでした。
それにしても暑い! 噴き出した汗が止まらない・・・(^^ゞ


(9)
a0195032_17335797.jpg
大さん橋の屋上デッキをユニオンジャックを振りながら歩いている人がいました。
一言断って撮影させて貰いましたが、この方は有名な人らしいですね。


(10)
a0195032_17341300.jpg
さすがに近くで撮影するとクリアに写ってくれました。
この角度から見ると、シロナガスクジラに似ていると思うのは私だけ?

それにしても、朝の6時過ぎでこの暑さはハッキリ言って異常です。
とりあえず目的の撮影は出来ましたから、早めに撤収した方が無難のようです。
熱中症にでもなったら大変ですからね~。


(11)
a0195032_17341072.jpg
横浜港大さん橋国際客船ターミナルの中に入るとこのような立派なものが・・・
プリンセス・クルーズのものですが、この日撮影した「ダイヤモンド・プリンセス」が写っていました。


(12)
a0195032_17343526.jpg
駐車場から車を出して、「ダイヤモンド・プリンセス」と愛車(三菱グランディススポーツ)の記念撮影!
本当はもっと奥がいいのですが、路駐している車(←お前もな~笑)があって無理でした。
時刻は午前6時30分過ぎのことでしたが、下道を走って8時ちょっと過ぎには無事帰還致しました♪

ダイヤモンド・プリンセス シッピングデータ

全  長:290m
全  幅:37.5m
全  高:54m(水面上)
総トン数:115,875G/T
喫  水:8.5m
デ ッ キ:17層
巡航速力:22.ノット(41km/h)
船  籍:英国(ロンドン)
乗客定員:2,670名
乗組員数:1,100名
就 航 年:2004年

【お断り】
 この拙いブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 当ブログのルールとしましてコメントとトラックバックは承認制をとっております。
 承認まで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントとトラックバックは承認しませんので予めご了解ください。
 リンクはフリーとさせていただいております。

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/21486275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-07-27 07:40
1枚目、仄かに暖かい光りが当たって、
まほろろばには良いと感じました。
確かに、見通しの良いのもありですが・・・・

無事に帰還、なによりです。
Commented by zeiss1221 at 2015-07-27 08:39
まほろばさんへ

ベイブリッジをくぐるまでは微かな光だけでしたから、現像ソフトで
思い切りいじってみました。
コントラストと彩度をかなり上げてといった手法ですが、個人的には
あまり好みではないんですよ。
ただ、オリジナル画像ではあまりにも情けないものでして・・・
Commented by enjoy_sealife at 2015-07-27 10:03
全長290m。みなとみらいの街が隠れてしまいそうです。
存在感のある客船、みなと横浜にお似合いですね。

しかし、写真は時間帯も大切であることを実感します。
夜明け前は、優しい陽の光が、海面と客船、街並みを優しく
照らしているのがわかります。力強さもありつつ、
優しさを感じるお写真ですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2015-07-27 19:59
ZEISSさん、こんばんは〜♪
全長290mですか、ホントにデカイ船ですねぇ〜
10枚目の撮り方なんて迫力があって凄さが増しますね。

それにしても梅雨明けから一気に暑さが増しました。
撮影に夢中になっても水分だけは忘れずに補充しましょうね。
Commented by zeiss1221 at 2015-07-27 20:54
シュウイチさん、こんばんは。

さすがに290mはでかいですけれど、今までで見た中では二番手です。
310mの客船はベイブリッジをくぐることは出来ないため、一般人が入れない
ふ頭に着岸します。

時間帯は季節によって変わりますが、この時は計算上は入港時から太陽光が
当たる筈でした。
雲に阻まれてしまいましたが、何とかソフトウエアの力で見られるものには
仕上げてみました。
オリジナル画像は見るも無残で、カメラのモニターで見ても「う~む」でした。

やはり、太陽光は力強く当たって欲しいものです。
まぁ、贅沢を言っていてはいけないのでしょうけれど(^^ゞ
Commented by zeiss1221 at 2015-07-27 20:59
tanuki_oyajiさん、こんばんは。

この船は全長が長い割には全高が比較的低いため、ベイブリッジをくぐることが
出来ます。
それにしても真横から見ると、その長さが実感できますね。
10枚目は大さん橋の屋上デッキからの撮影ですが、超広角レンズを使ってやっと
収めることができるといった具合です。

しかし、この日もそうですが、ここ数日の篤さには萎えます。
若干ながらも暑さに慣れつつあったのに、今日の天気予報では「この猛暑はあと
2週間は続きます」と言っており、一気に希望が打ち砕かれました(涙)

撮影中もしっかり水分補給はしていますが、時々は冷房の効いた室内に入らないと
ヤバイです。
「おかしいな」と思う前に対処しないとマズイことになりますよね。
お互いに気を付けましょう♪
Commented by あおの ひろ at 2015-07-29 06:28 x
10枚目、私も何かに似ていると思いました。
「シロナガスクジラ!」 ぴったりです
この暑さで、昼間は屋外には出ないようにしています。
渋谷の通りは相変わらずで、10代と思われる若い人たちは元気です。
Commented by zeiss1221 at 2015-07-29 21:08
あおの ひろさんへ

>「シロナガスクジラ!」 ぴったりです
でしょう?
一昨年の初入港の時からそう思っていましたが、賛同者が一人も
いませんで心細かったです。

本当に暑いですね。
暑いといっても引き籠ったいる訳にもいまずに、炎天下でも表へ
行かざるを得ません。
今日はかなり水分を摂ってしまったので、お腹がタポンタポンです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-07-27 00:00 | 船舶 | Trackback | Comments(8)