客船「フォーレンダム」夕日を浴びて晴海ふ頭より出航!

(1)
a0195032_11081679.jpg

前日の4月29日に晴海ふ頭に入港したオランダの客船「フォーレンダム」が函館港へ向けて出航しました。
この「フォーレンダム」はホーランド・アメリカラインが運航するクルーズ客船です。
ホーランド・アメリカラインはアメリカのシアトルに本拠を置くクルーズ会社ですが、船籍はオランダ王国のロッテルダムとなっています。

全長238mは「飛鳥Ⅱ」よりも3mほど短いのですが、逆に全福は3m広いこともあって総トン数は10,000トンほど重い60,906トンあります。
見た目はご覧のようにとてもスタイリッシュで気品に溢れていますね。
船体の色も白一色ではなくてダークカラーを巧みに用いており、それが一層スタイルをよく見せているのではないかと思います。

撮影地:東京都港区海岸「芝浦南ふ頭公園」
撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/500秒) -0.3EV 135㎜(216㎜相当)
撮影年月日:2015年4月30日(木)

【お断り】
 この拙いブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 当ブログのルールとしましてコメントとトラックバックは承認制をとっております。
 承認まで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントとトラックバックは承認しませんので予めご了解ください。
 リンクはフリーとさせていただいております。




(2)
a0195032_11104256.jpg
出航時刻は過ぎてはいたものの、岸壁ではまだ離岸作業が続けられていました。
それを見守るかのようにPILOT船が左側で待機しています。
出航時刻の前後は西の空にはまだ薄雲があって、太陽光は弱々しい感じがしますね。

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO250 f/8.0AE(SS1/500秒) ±0.0EV 300㎜(480㎜相当)


(3)
a0195032_11140466.jpg
予定よりもかなり遅れたものの、サイドスラスターを使って離岸しました。
それにしても随分と岸壁から離れたものですね。
ここまで離れるのも珍しいとは思いますが・・・

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/200秒) ±0.0EV 155㎜(248㎜相当)


(4)
a0195032_11174906.jpg
「フォーレンダム」を先導するのは東港サービス(株)のタグボート「やわた」です。

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO125 f/8.0AE(SS1/320秒) ±0.0EV 166㎜(266㎜相当)


(5)
a0195032_11243400.jpg
ハイテク企業が入っている豊洲の高層ビル群を背に航行していきます。

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO125 f/8.0AE(SS1/400秒) -0.3EV 269㎜(430㎜相当)


(6)
a0195032_11272170.jpg
暫くすると、レインボーブリッジをくぐるために船の向きが変わります。

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/320秒) -0.3EV 182㎜(291㎜相当)


(7)
a0195032_11545164.jpg
東海汽船高速ジェット船セブンアイランド「虹」 がやって来てすれ違いました。
出航するのが遅れた分、こういった嬉しいご褒美がありました♪
このシーンはもう二度とお目にかかれないかもしれませんね。

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/320秒) -0.3EV 74㎜(118㎜相当)


(8)
a0195032_11283767.jpg
かなりレインボーブリッジへと近づいて来ましたので、そろそろここでレンズ交換ですね。
船舶の動きは一見遅いように見えますが、もたもたしているとシャッターチャンスを失うこともあります。
大体の撮影プランを立てておかないと、「しまった~!あのシーンを撮るのを忘れた!」ということもあります。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/320秒) -0.3EV 18㎜(29㎜相当)


(9)
a0195032_11304431.jpg
いよいよレインボーブリッジをくぐり始めました。
写真では遠くを航行しているように見えるかもしれませんが、実際には大きな客船が目の前を通過していく感じです。
時々はシャッターボタンを押す手を休ませ、ファインダーから目を離して直接見ると「迫力!」の一言に尽きます。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/320秒) -0.3EV 24㎜(38㎜相当)


(10)
a0195032_11374669.jpg
ほぼ正面でしょうか?
この頃には西の空には雲の姿はなく、船体に夕日が強く当たって反射していました。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/400秒) -0.3EV 18㎜(29㎜相当)


(11)
a0195032_11403062.jpg
無事にレインボーブリッジをくぐり終えました。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/320秒) -0.3EV 22㎜(35㎜相当)


(12)
a0195032_11411704.jpg
追いかけシーンとなりますが、去りゆく客船は絵になります。
船尾側から見たスタイルも抜群ですね。
私が数多く見た客船の中でも5本の指に入る素晴らしいスタイルだと思います。

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/320秒) -0.3EV 207㎜(331㎜相当)


(13)
a0195032_11431842.jpg
ほぼ船体が真後ろを向いたところです。
と、ここで私は紅白のキリンさんの会話を耳にしました。

キリンA「おい、フォーレンダムがやって来たぜ。お辞儀しなくていいのかな?」
キリンB「勤務は5時までだからしなくて構わないさ。」
キリンA「でも、奥の連中はお辞儀しているぜ。」
キリンB「彼らはちゃんと残業代が出ているからなぁ。」
キリンA「そっかぁ。じゃぁ、このままでいいんだ。」

と、こんな会話がその場に居合わせた人たちの耳に入ったかどうかは定かではありません(笑)

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO125 f/8.0AE(SS1/400秒) -0.3EV 300㎜(480㎜相当)


(14)
a0195032_11510054.jpg
船体の向きが変わりましたし、後ろを航行する貨物船がもう少しで被ってしまいます。
そろそろ撤収することにしましょう・・・と、言いながらもまだその場に居続けたんですけどね(笑)
新たな被写体が現れたのですが、それはまた別の機会に♪

撮影機材:キャノンEOS7D+EF70-300mm F/4.0-5.6L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO125 f/8.0AE(SS1/400秒) -0.3EV 300㎜(480㎜相当)

【シップデータ】
 総トン数 - 60,906トン(最終改装)
 全長 - 238m(最終改装)
 全幅 - 32.2m
 喫水 - 7.8m
 デッキ - 10層
 客室数 - 720室
 乗客定員 - 1,440名
 乗組員数 - 647名
 就航年 - 1999年7月
 客船会社 - ホランド・アメリカ・ライン
 巡航速力 - 23ノット
 主エンジン - Diesel-electric(37,500kw)
 レーティング - プレミアム
 船籍国 - オランダ王国

この日は信頼性と実績を最重要視して、5年間使い続けているキャノンEOS7Dを使用しました。
前日の29日に使ったカメラのように突然撮影できなくなっては困りますし、何よりも二度とない撮影になるかもしれないからです。
キャノンEOS7Dは私の期待に十分に応えてくれる働きをしてくれました♪

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/21182135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2015-05-06 06:55
どうやって違う場面が撮れるのしょうか、驚くばかり
です、バグースです。
凄いですね。
Commented by enjoy_sealife at 2015-05-06 18:48
こんばんは。
巨大客船、当たり前ですが大きいです。キリンたちのコメントが面白い。
レインボーブリッジ、下をくぐる瞬間は、船内でもみなさん楽しみに
されているいるようで、デッキに出ている方々の様子も確認できました。
東京のベイサイド、タワーマンションに住んでいる人は、この光景を
いつも見れるんですね。東京の海、美しいです。
Commented by zeiss1221 at 2015-05-06 20:43
アラックさん、ありがとうございます。

立ち位置は殆ど変っていませんで、望遠ズームで撮り始めて、
船が近くに来たら標準ズームに切り替えているだけですよ。
レインボーブリッジ直下にある公園からは、晴海ふ頭を出港
して、レインボーブリッジをくぐり、そして遠ざかっていく
姿をずーっと追えるんです。
Commented by zeiss1221 at 2015-05-06 20:50
シュウイチさん、こんばんは。

キリンさんの件ですか?
まぁ、私はワンコとニャンコ、カマキリ、そしてこのキリンさんと
コミュニケーションがとれるんですよ(笑)

横浜港ではベイブリッジですが、東京港晴海ふ頭からはこの
レインボーブリッジですね。
遊歩道がありますから上からも撮れますが、いいお天気の時は
直下にある公園から撮るのが定番でしょうか。

晴海ふ頭はいずれ取り壊されるという話を聞いています。
東京オリンピック開催までに立派な港湾施設が出来るような話が
持ち上がっているようです。
ですから、晴海近辺に住んでいる方も、あと数年で客船を見ることが
出来なくなるかもしれません。
Commented by 武ちゃん at 2015-05-06 22:19 x
こんばんは、
船体の白と黒の配色に気品を感じます。
晴海埠頭にもこんな大きい客船が接岸するんですね。
優雅な客船がレインボーブリッジを通過するときは絵になります。
トラベル会社のチラシを見ると豪華な客船クルーズがよく目につきます。
乗船する観光客も懐具合が豊かな人が多くなったんでしょうね。
Commented by zeiss1221 at 2015-05-06 23:11
武ちゃんさん、こんばんは。

フォーレンダムは総トン数の割には全高が抑えられているんでしょうね。
さもないとレインボーブリッジをくぐることは出来ませんから。
前に「飛鳥Ⅱクラスまでならレインボーブリッジをくぐることが出来る」と
聞いたことがありますので、まさかフォーレンダムが晴海に来るとは・・・

白にダーク系の色の客船はほかに、クイーン・エリアザベス、セレブリティ・
ミレニアムなどがあります。
日本の客船ではにっぽん丸がそうですね。
船体が引き締まって見えます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-05-06 00:00 | 船舶 | Trackback | Comments(6)