ぼたんの花咲く東長谷寺「薬王院」にて

(1)
a0195032_10420100.jpg
JR山手線、東京メトロ東西線・西武新宿線の高田馬場駅から歩いて10分ほどの場所に「薬王院」というお寺があります。
ぼたんが咲くことで有名なところで、その時期は数多くの方が訪れます。
一時期は毎年のように訪れていましたが、ここ3年ばかりはご無沙汰していました。

この日は田町方面へ行く予定がありましたので、その前に途中下車して「薬王院」を訪れることにしました。
基本的にはぼたんの花は花期を終えつつあり、中には傷んでいるものもありました。
ただ、全体的にというか、遠目に見る分にはまだまだ鑑賞に耐え得る状況にはありました。

撮影地:東京都新宿区下落合4丁目「東長谷寺・薬王院」
撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ+UVフィルター
撮影データ:ISO200 f/6.0AE(SS1/250秒) -0.3EV 43㎜(86㎜相当)
撮影年月日:2015年4月24日(金)

【お断り】
 この拙いブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 当ブログのルールとしましてコメントとトラックバックは承認制をとっております。
 承認まで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントとトラックバックは承認しませんので予めご了解ください。
 リンクはフリーとさせていただいております。




(2)
a0195032_10570320.jpg
薬王院の入り口というか、三門の前です。
ここにもボタンの花が咲いていて、訪れた人々を出迎えてくれます。

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/80秒) -0.3EV 15㎜(30㎜相当)


(3)
a0195032_10582267.jpg
境内もよく手入れされており、清々しい感じがします。

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/60秒) -0.7EV 22㎜(44㎜相当)


(4)
a0195032_10585410.jpg
奥へと進むと、斜面いっぱいにぼたんの花が咲いています。
これだけ見ていると都内にいることを忘れてしまいそうですね。

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/125秒) -0.7EV 12㎜(24㎜相当)


(5)
a0195032_10594537.jpg
斜面の上から見下ろしたところですが、結構気に入っているポジションです。
人がまったくいないカットもありますが、ここでは敢えて人がいる光景を選択しました。
その方が「絵」に動きが出ますから。

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/100秒) -0.3EV 39㎜(78㎜相当)


(6)
a0195032_11013269.jpg
斜面の途中から左側を狙ったところですが、これも結構いいかな?と思っています。

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/100秒) -0.3EV 16㎜(32㎜相当)


(7)
a0195032_11024903.jpg
構図を変えてもう一枚・・・

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/80秒) -0.3EV 30㎜(60㎜相当)


(8)
a0195032_11031726.jpg
何となく石灯籠を絡めてみました。

撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/125秒) -0.3EV 50㎜(100㎜相当)


(9)
a0195032_11035647.jpg
よしずがかかっている場所に咲くぼたんの花は撮影するのが難しいですね。
以前はこういったよしずはなかったと記憶していますが、いつごろからかけるようになったんでしょうか?

撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/50秒) -0.7EV 16㎜(32㎜相当)


(10)
a0195032_11045730.jpg
お寺さんですから、当然のごとく六地蔵が安置されています。
六地蔵とは・・・薀蓄を傾けようとはしたものの、私の場合は御託を並べるようなものですから、詳しくはリンク先をご覧ください。

撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/100秒) -0.3EV 33㎜(66㎜相当)


(11)
a0195032_11064875.jpg
私は石仏があると黙って通り過ぎることが出来ないんですよ。
以前は相当凝っていて、突然、夜行列車とバスに乗って兵庫県にある北条の五百羅漢を見に行ったこともありました。
信州・安曇野の道祖神を巡ったこともありまして、何だか懐かしい記憶が甦りました。

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/40秒) -0.3EV 12㎜(24㎜相当)


(12)
a0195032_11065005.jpg
これは墓地の入り口にあるものですが、石仏を積み上げてあるのが珍しく感じました。
多分、裏側もこうなっていることと思いますが、回ってみることは躊躇われました。
何か言われがあるのでしょうけれど。

撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/50秒) -0.3EV 13㎜(26㎜相当)

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/21162073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirafune at 2015-04-27 07:07
おはようございます!
私も数年前までよくこちらにでかけていたので、
懐かしく拝見しました。
ボタンの大輪が艶やかですね。
西の長谷寺のように
石段沿いに咲く姿も風情があります。
また、行きたくなりました。
Commented by kurese0535 at 2015-04-27 08:21
おはようございます。
ん、東長谷寺?
奈良にボタンも綺麗な花の寺、長谷寺がありますが
関係あるんでしょうか?
ボタン、きれいですね。
ボタンには笠やよしずがよくかけられていますが
日よけ?直雨よけでしょうかね??
Commented by zeiss1221 at 2015-04-27 19:53
雲母舟さん、こんばんは。

そうですか、雲母舟さんもよくお出かけになったんですか。
ニアミスしたかも(笑)

私は西の長谷寺を知らないのですが、似たような感じなんですか。
とにかく、この石段沿いの斜面にぼたんの花が咲く様が好ましく思います。
枝垂桜は・・・いつか見に行こうと思いながらも果たせないでいます。
Commented by zeiss1221 at 2015-04-27 19:59
kureseさん、こんばんは。

はい、奈良の長谷寺と深い関係があるんですよ。
実は、この薬王院は奈良長谷寺の末寺で、東長谷寺と称されています。
そこから移植されたぼたんが今では40種類、1,000株もあります。

冬ぼたんは霜から守るため、笠や藁囲いをします。
これは・・・日除け、雨除け、霜除けでしょうか?
Commented by 武ちゃん at 2015-04-27 21:27 x
こんばんは、
地図でも薬王院は牡丹寺として掲載されてました。
私も先日の土曜日に出かけてみました。
牡丹の開花も例年より少し早いような気がします。
いつも終わりごろに見る黄色い花の品種も咲いてました。
早咲きが見頃でこれから最盛期でしょうか。
Commented by zeiss1221 at 2015-04-27 23:02
武ちゃんさん、こんばんは。

私は金曜日の午後に訪れましたから一日違いでしたね。
確かに開花はいつもの年よりも早かったように感じました。
白い花は殆ど終わりに近かったような・・・

黄色い花は見ごろでしたね。
三門のあたりで出迎えてくれたのが黄色い花でした。

>早咲きが見頃でこれから最盛期でしょうか。
どうなんでしょうか?
あまり蕾に気づきませんでしたから何とも言えませんけれど・・・
Commented by しーたけ at 2015-04-28 21:10 x
ぼたんの他六地蔵などお寺は良いですネ
とても綺麗ですしお寺の何とも言えないこの雰囲気が好きです
私は取りあえず定番の東松山ぼたん園です(笑)
最近m4/3の出番が少なかったので両方で撮り比べてみました
Commented by zeiss1221 at 2015-04-28 21:18
しーたけさんへ

三年ぶりだったでしょうか、久しぶりに訪れました。
変わらぬ佇まいにほっとしますね。

そうそう、ここでボタンの花を見て「東松山m見頃かな?」と思いました。
お墓参りを兼ねて行って来ようかな。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-04-27 00:00 | 寺社仏閣 | Trackback | Comments(8)