武蔵丘陵森林公園の梅林で

(1)
a0195032_14441521.jpg
国営武蔵丘陵森林公園の梅林がにぎやかになる頃、そろそろ梅の花を撮影したいなという気分になってきます。
梅林は各地に有名どころがありますが、我が家からは遠い場所にあっておいそれとはお出かけできません。
その点、ここ武蔵丘陵森林公園は車で1時間少々の場所にあって、下道で行くことが可能な場所ですからお財布にも優しい場所です。

さて、この日は本当にいいお天気に恵まれ、風は多少吹いてはいるものの撮影には支障はないようです。
南口から入園し、途中で菜の花の撮影をしながらゆったりとした気分で歩いていくと、梅林が視界に入ってきます。
はやる心を抑えて、枝ぶりのいい梅の木を探し初めて数分・・・「あった~!」という場所で撮影したカットです。

まぁ、毎年のように訪れている場所ですから、大凡の検討はついてはいますけれど・・・
枝打ちされた場合などは「あれっ?」っといった気分になりますね。

撮影地:埼玉県比企郡滑川町「国営武蔵丘陵森林公園」
撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/200秒) -0.7EV 85㎜(170㎜相当)
撮影年月日:2015年3月1日(土)

【お断り】
 当ブログのルールとしまして、投稿されたコメントは承認制をとっております。
 承認するまで若干のお時間をいただきますが、不適切なコメントは承認しませんので予めご了解ください。
 また、トラックバックは当面受け付けておりません。




(2)
a0195032_14551780.jpg
取り敢えずトップ画像を撮影した後は、変化を求めて梅林の中を歩き回ります。
前からあったはずですが、何やら大ぶりの花を咲かせている梅の木が目に入りました。
さすがに八重咲きの花は賑やかであり、また、華やかな印象がありますね。

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/250秒) -0.3EV 82㎜(164㎜相当)


(3)
a0195032_14570965.jpg
この梅の木がそうですが、人気があるだけに人影が絶えることがありません。
このように木の周りや背景となる奥の部分に人影がないのは奇跡に近いと思います。
右側は座ってお花見を楽しんでいる人たちがいますから、フレームから外してはいますが・・・(笑)

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/400秒) -0.7EV 22㎜(44㎜相当)


(4)
a0195032_14590267.jpg
この木の手前には札がありまして、「月宮殿(げっきゅうでん)」という名前が書かれていました。
説明文もありましたので、全文ご披露しておきますね。

げっきゅうでん【月宮殿】とは。
須弥山(しゅみせん)の中腹をめぐる月にあるという月天子(がってんし)の宮殿。
古代インドの須弥山(しゅみせん)説で、月の中にあるという月天使の宮殿。
清浄で美しく月天使が夫人とともに住み、月世界を治めているという。
月の宮。月光殿(がっこうでん)。がっくうでん。

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/250秒) ±0.0EV 37㎜(74㎜相当)


(5)
a0195032_15050304.jpg
う~む、なんだか分かったような分からなかったような・・・
それはさておき、本当に梅とは思えない咲きっぷりの良さですね。
八重桜にも負けていないような気がします。

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/250秒) ±0.0EV 37㎜(74㎜相当)


(6)
a0195032_15061620.jpg
梅といえば枝垂れ梅も忘れてはいけません。
名前が書かれた札がついていましたが、撮影しておくのを忘れました。
まぁ、名前はともかく、この可憐な感じで咲く姿は何とも言えませんね。

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/250秒) ±0.0EV 150㎜(300㎜相当)


(7)
a0195032_15074245.jpg
同じ枝垂れ梅を撮影したものですが、前ボケを大胆に使ってみました。
なにしろ風が吹いていましたので、あっちにゆらゆら、こっちにゆらゆらで無駄カットを量産してしまいました。
まぁ、これが一番まともかな?

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/400秒) ±0.0EV 150㎜(300㎜相当)


(8)
a0195032_15090393.jpg
背景にぼかしたサンシュユを配して紅梅(あれ、ハナモモじゃないですよね?)を手前にもってきました。
ちょっぴり寂しい感じはしますが、背後のサンシュユの黄色い花が効いていると思います。
撮影していて「本当に春なんだな」と感じましたね。

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/320秒) -0.7EV 150㎜(300㎜相当)


(9)
a0195032_15102266.jpg
なんとなく梅の木がずーっと連なっている様子を表現したくなって撮影したカットです。
本当はそんなに連なっているわけでもないのですが、望遠で引き寄せればそういったイメージに近づけることができますね。
手前と奥にある赤やピンクの花を咲かせた梅の木が白梅を引き立ててくれましたね。

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/160秒) -0.3EV 53㎜(106㎜相当)


(10)
a0195032_15133190.jpg
トップ画像とほぼ同じイメージですが、異なっているのは木の根元までフレームに入れているところですね。
最後までトップ画像にするかどうか迷いましたが、結局は違うカットをトップに据えました。
諦めきれないので最後のカットにしましたが、未だに未練がある証拠ですね(笑)

撮影機材:オリンパスOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R+UVフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/200秒) -0.7EV 58㎜(1116㎜相当)

記事を作りながらハタと気が付きました。
たぶん、この人が「おや、梅大使さんがおりませんな」とコメントしてくるだろうなと・・・
それは「不適切なコメント」として処理しちゃおうかな?(笑)

[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-03-09 00:00 | | Comments(0)