オリンパス OM-D E-M1を購入!

(1)
a0195032_17032366.jpg
もうかれこれ一年以上も前から考えていたことですが、とうとうというか、やっとのことでオリンパスのフラッグシップであるOM-D E-M1を購入しました。
PEN E-PL3も今まで頑張ってくれていましたが、もう少し解像感が欲しかったことが追加購入した一番の理由ですね。
勿論、お気軽に使えるPENを引き合いに出したら気の毒ですが、主力のEOS7Dの画像と比較すると「う~む」となってしまいます。

「えっ、黒じゃなくてシルバーを買ったの?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、それには深~い訳があるんですよ。
それにつきましては後述しますが、購入したタイミングはベストだったようです。
年末年始には中野にあるフジヤカメラさんの店頭価格では122,000円(価格は全て税込)だったのですが、それ以降一か月の間にどんどん値下がりしました。

122,000円から119,900円になって、さらに117,000円に値下がりした時に購入を決断したのですが、その一週間後には何と112,000円になっていました。
価格保証という意味も込めて、すぐさま取り置きの電話を入れたことは言うまでもありません。
一応、キャッシュバックキャンペーンの締切(購入期限が2/20までで、申込期限が2/27)が近づいたこともありますが・・・(笑)

更に下取り値引き3,000円といったものもあって、最終的には109,000円が購入金額となりました。
殆ど使わなくなったキャノンのEFレンズ2本を下取りに出し、ポイント値引き等を含めると追い金は2万円を切りました♪
キャッシュバックキャンペーンで1万円戻ってきますから、実質的な購入金額は99,000円で追い金は1万円弱となりますね。

記事作成中にたまたまフジヤカメラさんのサイトを見たら、価格が117,500円になっていました。(2月19日現在)
本当にいいタイミングで購入できたと思います。

【2月22日追記】
店頭価格は115,500円に少し下がっていました。
下取りがあればさらに5,000円引きですから、その場合は110,500円で買うことができる訳ですね。




(2)
a0195032_17290012.jpg
これが化粧箱ですが、さすがにフラッグシップだけあって高級感に溢れています。
まぁ、それなりの価格ですから分かりますが、コストを抑えてその分安くしていただいた方が嬉しいんですが・・・

しかも、いきなり箱を開けられるのではなく、上カバーをスライドさせると箱が出現するといった作りになっています。
驚いたことに蓋をあけると、更に中蓋があり、それを取り外すとまた何やら箱があり、箱を出してもう一つ蓋をあけるとやっと黒い袋に包まれたボディとご対面となります。
うーむ、ボディを拝むことができるまで何ステップ踏んだでしょうか?(笑)


(3)
a0195032_17290313.jpg
開封したら、付属品や添付されている品を確認しましょう。(←これ、基本中の基本)
「新品だからいいや」などと思わずにきちんとやるべきで、それは取扱説明書の9頁にも書かれています。
勿論、一流メーカーの厳格な商品検査を受けた製品ですけれど、瑕疵があった場合に後からでは遅いですから・・・


(4)
a0195032_17290550.jpg
シルバーボディを選んだ一番の理由がこれです。
保有しているM.ZUIKO DIGITALレンズ6本のうち5本がシルバー鏡胴ですから、同じカラーで統一することにしたのです。
PEN E-PL3がシルバーボディですから、自然とシルバー鏡胴で揃えていった結果なんですけれど・・・

それと、私自身が天邪鬼ですので、あまり売れていない(?)シルバーボディにするのも面白いのではないかと思いまして(笑)
また、シルバーボディは黒に比べるとボディが熱を吸収しにくいため、炎天下の撮影でもあまり熱くなりにくいといったメリットもあります。
いずれにしろ、シルバーボディを選んで大変満足しています。


(5)
a0195032_17290786.jpg
元々、銀塩時代に売り出されたオリンパスOM-1もシルバーボディしかなかったと記憶しています。
OM-2になって初めてブラックボディが商品ラインに加わった筈です。
20代にはカメラ店に8年ほど勤務していましたから、この記憶は正しいと思います。

シルバー鏡胴のレンズはシルバーボディに装着すると恰好いいですよね?
ブラックボディにシルバー鏡胴のレンズでは・・・何となく違和感を覚えてしまうかもしれません。
因みに、装着しているレンズはM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8で、威圧感はまったくありませんね。


(6)
a0195032_17465253.jpg
唯一黒い鏡胴のレンズがこのM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6です。
昔は殆どがこういったカラーリングの組み合わせでしたから違和感はありませんね。
えっ、「御託はもういいから操作性や写りはどうなんだかを教えろ!」と・・・分かりやした~。


(7)
a0195032_17554115.jpg
ということで、早速テスト撮影を行いましたが、撮影条件はフルオートでJPEG撮って出しです。
RAWだと現像時にいろいろといじってしまいますからね~(笑)

これは豊島区にある鬼子母神(正確には「鬼」の上の点はない)で、色収差が出やすいM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6を使って撮影したカットです。
ちょうど↑の6枚目の組み合わせですね。
まずはEVFを覗いて「おぉ~!」・・・光学ファインダーと同じとはいきませんが、限りなく近づいているなといった印象です。
PEN E-PL3に装着している外付けEVFであるVF4も同等の能力がありますが、撮像素子と画像処理エンジンの違いなのか全く別物に感じます。

さて、画像にはさすがに色収差は出ておらず、さすがは新開発の画像処理エンジン「TruePic Ⅶ」と「新16M Live MOSセンサー」です。
中心部だけでなく画面周辺部までシャープな解像感がありますが、まさにこれを望んでいたんですよね~。



(8)
a0195032_17554394.jpg
さて、次は大好きな都電で、これまた大好きな千登勢橋(正確には小千登勢橋)の上から撮影したカットです。
使用したレンズはE-PL3にセットとなっていたM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rです。
小型軽量な望遠ズームレンズですが、軽量なだけに却って手振れしやすいんです。

逆光という条件的には厳しいのですが、手振れもなくシャドウ部の色合いまできちんと出ています。
シャドウ部は色が濁りがちで解像度も落ちたような描写になりやすいのですが、それは全くと言っていいほどありません。
また、飛びがちなハイライト部分もいい感じで再現されているようですね。

また、連写性能も合格点で、10コマ/1秒は伊達ではありません。
C-AFでフォーカス追従にすると6.5コマ/1秒となりますが、ファームウエアが3.0となった時点で9コマ/1秒に向上します。
この辺りがOM-D EM-5 MrakⅡよりも大きなアドバンテージを持っていると言えるでしょう。


(9)
a0195032_17554597.jpg
えー、折角ですから付属品にあったボディーキャップレンズ BCL-1580で撮影したカットも掲載しておきましょう。
メーカーの謳い文句は・・・

薄さ9mm、カメラマウント用のボディーキャップと見紛うほどの超薄型のレンズです。
3群3枚のオールガラスのレンズ構成で、焦点距離30mm相当(35mm判換算)の単焦点広角レンズとして使用できます。
広角で被写界深度も深いため、パンフォーカスレンズとして普段使いできる他、マニュアルフォーカスも可能です。

近接撮影距離は30cmです。
レンズ保護バリア付きなのでカメラに付けて、そのままポケットへ。
普段はボディーキャップとして、撮影時には、スナップ用パンフォーカスレンズとして、すばやく気軽に写真を楽しめます。
ボディー内手ぶれ補正機構搭載のOM-DやPENと一緒に使えば、手ぶれ補正も有効です。

となっております。

ご覧のように周辺光量落ちもあるため何となくトイカメラで撮影したようにも見えますが、写りは馬鹿には出来ません。
装着していたレンズを外した状態でこのボディーキャップレンズ BCL-1580をつけてバッグに仕舞っていても、咄嗟の場合にとりあえず写真を撮ることはできます。
辛口評価をしてもコンデジ程度には写ってくれますよ。


(10)
a0195032_18141646.jpg
折角買ったカメラですから、ユーザー登録を済ませておきましょう。
付属のCD-ROMをパソコンに入れるとメニューが現れますので、一番上の「ユーザー登録」をクリックします。


(11)
a0195032_18153394.jpg
続いて現れる画面が「これですが、ここでカメラとパソコンを付属のUSBケーブルで繋げると商品名とシリアルナンバーが認識されて表示されます。
画面右下の「登録画面を開く」をクリックするとブラウザが開いて登録画面が出現します。
後は必要事項を入力して送信すると仮登録となります。

その後、メールが配信されますので、ここで本登録を行います。
48時間以内に行わないと最初からやり直しとなりますのでお早めに!

使用感に戻りますが、シャッターボタンの感触もいいし、テンポよく撮影が出来たのはさすがでした。
もうPEN EPL-3には戻れないかも・・・

【2016年10月24日追記】
 OM-D E-M1マークⅡの発表があってから、かなり値崩れしてきました。
 新型を待つのも一つの手ですが、モデル末期の本機を安く購入するのもアリですね。
 高感度特性が今一つである点を除けば、とても使いごなし甲斐のあるカメラだと思います。

[PR]
Commented by tanuki_oyaji at 2015-02-22 08:59
ZEISSさん、おはようございます〜♪
おっ、新兵器導入ですね、
1年以上も前から狙っていただけに手にした時のヒートアップが頭に浮びます。
一つ二つと蓋を開けるたびに私だったら手が震えちゃうかも・・・(笑)
良いタイミングでの購入で今後の撮影も楽しみになりますね。
Commented by zeiss1221 at 2015-02-22 10:10
tanuki_oyajiさん、おはようございます。

はい、悩みに悩んで購入しました。
「いつ買うの?今でしょ!」みたいな感じとなりました(笑)

>・・・手にした時のヒートアップが頭に浮びます。
いや、それが妙に冷めていましてね、箱を開けたのは三日後でした(笑)
何だかんだでバタバタしていて、液晶保護フィルムを買うのを忘れていまして。
後から注文し、手元に届いてから開封したんですよ。
普通はすぐに開封すると思うんですけれどね~
Commented by arak_okano at 2015-02-22 12:40
良いタイミングでしたね、バグースです。レンズと色もぴったり。アラック、D750か7Dなんですが、ペンの6を買ってしまいました、白いのです。
Commented by zeiss1221 at 2015-02-22 22:42
アラックさんへ

欲しい時が買い時と言いましても、こいつは価格が高いですからね~。
実質的に10万円を切ったら買おうかな?と漠然と考えていました。
今は徐々にセッティングを煮詰めている最中です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2015-02-22 00:00 | カメラ | Comments(4)