「小笠原丸」のこと

(1)
a0195032_22581935.jpg

東京の竹芝桟橋と南国の風情溢れる小笠原を結ぶ船舶が「小笠原丸」です。
この日は客船「にっぽん丸」がレインボーブリッジをくぐって晴海ふ頭に着岸するシーンをカメラに収めて満足感に浸っていた私でした。
「にっぽん丸」は船首をレインボーブリjッジ側に向けて着岸したため、レインボーブリッジを渡りながらさらに撮影するつもりでいました。

そのレインボーブリッジの北側を歩いていたら、眼下に貨客船が航行している姿が目に入りました。
「小笠原丸だ!」とすぐに気づきましたが、まったくのノーマークでした。
でも、とりあえずほぼ真横のポジションから見下ろすように撮ることができましたからまずまずでしょうか?

撮影地:東京都港区海岸「レインボーブリッジ」
撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-200mm F/3.5-5.6 IS
撮影データ:ISO100 f/10.0AE(SS1/100秒) -0.3EV 35㎜(56㎜相当・C-PLフィルター使用)
撮影年月日:2012年12月8日(土)






(2)
a0195032_22582083.jpg

折角ですから晴海ふ頭に停泊中の「にっぽん丸」や官公庁船とも絡めることにしましょう。
撮影時刻は午後4時を回ったところですが、冬の日は傾くのも早くて色合いも温かみを増しています。
写真の場合は色温度といいますから、暖かみというよりは温かみと表記した方がしっくりとくると思います。

撮影データ:ISO100 f/10.0AE(SS1/160秒) -0.3EV 90㎜(144㎜相当・C-PLフィルター使用)


(3)
a0195032_22582239.jpg

ほぼ同じ位置で引きの構図で収めたところです。

撮影データ:ISO100 f/10.0AE(SS1/100秒) -0.3EV 50㎜(80㎜相当・C-PLフィルター使用)


(4)
a0195032_22582339.jpg

奥に停泊している官公庁船は独立行政法人「航海訓練所」が所有する「銀河丸」です。
「銀河丸」はこの半年後、今年の6月に10号地その1多目的ふ頭に停泊している姿をカメラに収めたことがあります。

撮影データ:ISO125 f/10.0AE(SS1/200秒) ±0.0EV 150㎜(240㎜相当・C-PLフィルター使用)


(5)
a0195032_22582515.jpg

やっぱり船と海はいいなぁ!と思わせるシーンですね。
この日はお天気も良くて幸いでした♪

撮影データ:ISO100 f/10.0AE(SS1/125秒) -0.7EV 35㎜(56㎜相当・C-PLフィルター使用)


(6)
a0195032_22582730.jpg

左前方に停泊している船舶は、独立行政法人「航海訓練所」が所有する「青雲丸」です。
この時はまだ官公庁船には興味がなく、「客船命」みたいな撮影をしていましたね。
さて、「小笠原丸」もかなり遠ざかりましたので、レインボーブリッジを渡りながら「にっぽん丸」を撮影することにしましょう。

撮影データ:ISO160 f/10.0AE(SS1/250秒) -0.3EV 200㎜(320㎜相当・C-PLフィルター使用)
[PR]
by zeiss1221 | 2013-10-18 00:00 | 船舶