吉見町桜堤公園のヒガンバナ(1)

(1)
a0195032_10453491.jpg

しーたけさんのブログでこのヒガンバナの存在を知り、教えていただいて早速お出かけしてきました。
我が家からは下道で一時間少々の場所にありながら、今までその存在に気づきませんでした。
現地に着いたら結構暑くて、何だか思い切り汗をかきそうな予感が・・・(笑)

今回はきっちりと三脚にカメラを据えて撮影を行いました。
三脚は手振れ防止で使う方も多いとは思いますが、正確な構図決定とピント合わせを行うことが主眼であると思います。
結構手持ち撮影をすることが多いのですが、今回は再認識した次第です。

撮影地:埼玉県比企郡吉見町「桜堤公園」
撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF70~200mm F4.0L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/500秒) ±0.0EV 200㎜(320㎜相当)
撮影年月日:2013年9月10日(火)






(2)
a0195032_10521629.jpg

ここのヒガンバナは早めに咲くようで、品種が違うそうです。
シナヒガンバナとのことですが、どうも私は花の種類には疎くて・・・
そうそう、ここは赤い花だけでなく、白や黄色、オレンジ色、ピンク色の花まで咲いているんですよ。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF70~200mm F4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/320秒) ±0.0EV 200㎜(320㎜相当)



(3)
a0195032_1056338.jpg

ご覧のように堤防に沿ってヒガンバナが咲いています。
埼玉県では日高の巾着田が超有名ですが、あり得ないくらい大勢の人が次々と押しかけます。
個人的には静かに撮影したいため、こういった場所の方が好ましく思いますね。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF70~200mm F4.0L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/640秒) ±0.0EV 200㎜(320㎜相当)



(4)
a0195032_10592496.jpg

青空に抜こうと思ったのですが、桜並木が続く堤防ですから桜の木が空を覆っています。
葉の隙間から青空が見えるから、まぁ、これでよしとしておきましょう。
桜が咲く心は見事なんだろうなと思わせる景観でした。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF24~70mm F4.0L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/125秒) ±0.0EV 24㎜(38㎜相当)



(5)
a0195032_1134322.jpg

この場所はどこをどのように切り取っても絵になります。
木漏れ日のように当たる日の光がまた何とも・・・
このカットでは黄色い花(初めて見ました)をメインにして、奥までヒガンバナが続くイメージで捉えています。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF70~200mm F4.0L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/60秒) +0.3EV 160㎜(256㎜相当)



(6)
a0195032_1163791.jpg

今度は上から見下ろすような感じで、奥の方にピントを合わせて撮影しました。
結果的に明るめに仕上がりましたが、これはこれでいいのかな?と・・・

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF70~200mm F4.0L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/60秒) ±0.0EV 200㎜(320㎜相当)



(7)
a0195032_1182753.jpg

今度は思い切り姿勢を低くして撮影してみましsた。
奥に続くヒガンバナは隠れますが、桜の木の連なりが奥行を感じさせてくれました。
このようにして縦の変化をつけて撮ると、また違ったイメージに仕上がりますね。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF70~200mm F4.0L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/250秒) ±0.0EV 97㎜(155㎜相当)

[PR]
by zeiss1221 | 2013-09-12 00:00 |