ときがわ町椚平のシュウカイドウ

(1)
a0195032_19542894.jpg

埼玉県西部にあるときがわ町椚平のシュウカイドウが見ごろになったという情報を得ました。
我が家周辺では青空が広がっていましたし、天気予報でも昼頃はときがわ町も青空が広がると・・・
実際にはうまくいかないものでして、東松山に入ったあたりから上空は雲に覆われてしまいました。

さらに走り続けてときがわ町に入ったところで、上空からとうとう雨粒が落ちてきてしまいました(涙)
お昼過ぎのことでしたので、とりあえず昼食を摂って様子を見るしかないのかなぁ、と。
とりあえず食事を終えたら雨は上がっていましたので、一路シュウカイドウの群生地へ向かいました。

太陽も顔を出してくれないので「何だかなぁ・・・」と思いましたが、サギソウの時と同じように水滴がついたシュウカイドウを見ることができるのではないかと!
現金なもので、そうとなれば俄然元気が出てきた私でした(笑)

撮影地:埼玉県比企郡ときがわ町椚平「シュウカイドウ群生地」
撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF70~200mm F4.0L IS USM
撮影データ:ISO125 f/4.0AE(SS1/320秒) ±0.0EV 200㎜(320㎜相当)
撮影年月日:2013年9月2日(月)






(2)
a0195032_204645.jpg

現地に近づいて「オオ~ッ!」
聞きしに勝る咲き具合で、今まで見た中では花数は最高でしたね。
天気は悪くとも力が入りました。

撮影機材:キャノンEOS7D Tokina AT-X 124 PRO DX(12-24mm F4 IF ASPHERICAL)
撮影データ:ISO100 f/6.3AE(SS1/50秒) -0.3EV 12㎜(19㎜相当)



(3)
a0195032_208222.jpg

薄暗い林を背景にすると、シュウカイドウの花が浮かび上がって見えますね。
シュウカイドウ(愁海棠)はベゴニア科の多年草で、花言葉は、”自然を愛す”、”恋の悩み”、”片思い”、”未熟”です。
因みに、ベゴニアはシュウカイドウの園芸種なんですよね。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF70~200mm F4.0L IS USM
撮影データ:ISO250 f/4.0AE(SS1/320秒) +0.3EV 200㎜(320㎜相当)



(4)
a0195032_20112021.jpg

群生地全部を一枚の画面に収めることは到底無理な話です。
でも、部分的に切り取っても凄い花数であることは画面から伝わることと思います。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF24~70mm F4.0L IS USM
撮影データ:ISO160 f/5.6AE(SS1/40秒) ±0.0EV 24㎜(38㎜相当)



(5)
a0195032_20143532.jpg

↑の5枚目とは反対方向を撮影したカットです。
シュウカイドウは直射日光が当たらない程度に明るく、湿気の多い場所を好んで生育します。
画面を」見るとわかるのですが、木立ちで陰になっている部分には殆ど株は存在しません。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF24~70mm F4.0L IS USM
撮影データ:ISO160 f/5.6AE(SS1/30秒) ±0.0EV 24㎜(38㎜相当)



(6)
a0195032_2018478.jpg

シュウカイドウ群生地は公園でもなく、地元の方の生活道路に面しています。
センターラインもない狭い道ですから、路上駐車などはもってのほかですし、待避所に車を止めることも絶対にやってはいけません。
駐車場が用意されているのですから、きちんとそこに車を止めるべきです。

何だか常識をわきまえない輩が増えてきたのは大変残念なことですね。
こんな状態があちこちで続くと、撮影禁止や立ち入り制限なんて措置をとる場所も増えてきます。
鎌倉でも極楽寺は撮影は一切禁止されているほどです。

訪れる方には最低限の良識を持って貰いたいものですね。

撮影機材:キャノンEOS7D キャノンEF24~70mm F4.0L IS USM
撮影データ:ISO160 f/4.0AE(SS1/100秒) ±0.0EV 70㎜(112㎜相当)

[PR]
by zeiss1221 | 2013-09-04 00:00 |