私が客船に嵌ったきっかけ

(1)
a0195032_2148162.jpg

船舶の記事では何回か書いたことがありますが、私が船舶の撮影に嵌ったきっかけはこの「Pacific Venus」なんです。
今を去ること4年前のこの日に初めて横浜港大さん橋を訪れた時、山下公園側のバースに停泊していたんですよね。
それまで20,000tクラスのカーフェリーに乗ったことはありますが、30,000t近くもある客船を見たのは初めてのことでした。

「大きいなぁ・・・」と思ったと同時に「優雅だなぁ・・・」とも感じましたね。
「いつの日にか、こういった客船に乗って旅に出たい」と思っているうちに、魅力を感じてしまったんでしょう。

撮影地:神奈川県横浜市「横浜港大さん橋」
撮影機材:RICOH Caplio GX100
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/320秒 f/11.0) ±0.0EV 38㎜相当
撮影年月日:2009年7月20日






(2)
a0195032_21593762.jpg

この時は「Pacific Venus」がどんな船なのかも知らずにシャッターをきっていました。
船尾に「大阪」と書かれていましたので、「あぁ、日本の客船なんだな」と妙に安心したのを覚えています。

撮影データ:ISO80 プログラムAE(SS1/250秒 f/9.0) ±0.0EV 24㎜相当


(3)
a0195032_2214581.jpg

建造されてからさほどの年数は経っていないんだろうなと思いました。
何よりも色使いがその新しさを感じたのでしょうね。

撮影データ:ISO80 プログラムAE(SS1/250秒 f/10.0) ±0.0EV 43㎜相当


(4)
a0195032_2244379.jpg

「ロイヤル・ウイング」を入れて「Pacific Venus」の船首付近を撮影したカットです。
船舶というのはどこを狙っても様になるものですね。

撮影データ:ISO80 プログラムAE(SS1/320秒 f/6.3) ±0.0EV 58㎜相当


(5)
a0195032_2264015.jpg

この時、やはり定番ショットだと思ったんでしょうね。
ちゃんとベイブリッジと一緒に撮影したカットを見つけました。
私が客船の撮影に嵌ったきっかけをくれた「Pacific Venus」は、やはり優美な船体をしていると思います。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/380秒 f/10.0) ±0.0EV 34㎜相当
[PR]
by zeiss1221 | 2013-09-02 00:00 | 船舶