「ほっ」と。キャンペーン

キャノンEF24-70mm F4L IS USMをGET!

(1)
a0195032_20485811.jpg

それまで使っていたEF24-105mm F4L IS USMの描写力にある種の不満を感じ始めましたので入れ替えました。
描写力云々は個体差もありますし、個人的な感じ方にも差がありますのでここでは差し控えておきますが・・・

実は、前日までは悩んだんですけれどね~・・・費用の捻出で(笑)
何とかなる目鼻がついたので、いつもの中野にあるフジヤカメラさんで下取り交換をしました。
結論から言えば、「いい買い物をした」との満足感に浸っておりまする。

さて、このEF24-70mm F4L IS USMですが、いろいろと改良点がありますので、続きで述べさせて貰いますね。





(2)
a0195032_20555532.jpg

思えば、私が新品のEFレンズを購入したのは、今を去ること5年少々前のことでした。
それは今回、人身御供(下取りネ)に出したEF24-105mm F4L IS USMでした。
寒い中をフジヤカメラさんの初売りに長時間並んで、10万円を少し切る価格で手に入れたのが最後でした。

というのも、財布に余裕のない私は、基本的に程度のいい中古レンズを買うことが多いんですよね。
でも、今回はいろいろと特典があって、新品じゃなきゃ旨味がなかったものですから・・・


(3)
a0195032_20592119.jpg

さて、元箱を開封して中身を取り出しました。
レンズ本体とレンズフード(L玉のみ付属)、そして巾着袋のようなレンズケースの3点です。

このレンズケースは必要ないから、外して少しでも安くしてくれないかなぁ・・・
使い勝手が悪いし、外からの衝撃にも強くはありませんからね~。
私は用品メーカーのクッション入りのレンズケースに入れて運ぶのが常です。


(4)
a0195032_217129.jpg

このレンズのウリの一つがマクロモードで、最短撮影距離はなんと20cmなんですよ。
倍率0.7倍(フルサイズ)と、本格的なマクロ撮影が可能なんです。
私のカメラはEOS7DでAPS-C相当の撮像素子を搭載していますから、等倍撮影(以上かな?)が可能な驚きの機能です。

それに加えて、単なるIS(手振れ補正機能)ではなく、カメラの上下左右のブレ(シフトブレ)補正機能を採用しています。
マクロ撮影ではありがちなシフトブレを補正しようとするもので、特に近接撮影では絶大なる効果があります。
この機能は、本レンズとEF100mm F2.8Lマクロ IS USMの二本にしか搭載されていません。


(5)
a0195032_21135295.jpg

レンズフードはEF24-105mm F4L IS USMで採用されていたものとほぼ同じものでした。
その遮光効果は、F2.8通しの高級レンズに付属している理想的なフードには到底及ぶものではありません。


(6)
a0195032_21152978.jpg

但し、大変有益なフードのロック機構が採用されました。
フードを指定された位置にセットして回すと、カチッという音とともにロックがかかります。
画面左下にあるフードについている四角いボタンがロック解除ボタンで、これを押さない限りはフードが外せないようになっております。

前のEF24-105mm F4L IS USMで採用されていたフードでは、気が付くと撮影時にずれていたことが結構ありました、
長焦点側では大した問題にはなりませんが、広角側ではケラレが発生してしまいます。
気が付けばいいんですが、後から「アッ!」ということがありますから、これは歓迎すべき改良点です♪


(7)
a0195032_2120717.jpg

レンズキャップも新型に切り替わっていました。
従来のものと比べると、フード装着時の使い勝手がかなり良くなっています。
シグマやタムロンのレンズキャップに、やっとこれで肩を並べることができたようです(笑)


(8)
a0195032_21214931.jpg

最後に、中野にあるフジヤカメラさん独自のキャンペーンでMARUMIのDHGレンズプロテクタが無料でついていました。
私はUVかMC-1Bを装着する主義で、この手のものは使わないのですが有難く頂戴しておきました。

レンズの下取りに下取り優待割引、ポイント等を差し引くと、追い金63,000円程度の出費で済みました。
いつかは決断しなくてはならなかったので、通常よりもお得な時期に買い替えができてラッキーでしたね。

肝心の写りはシャープで素晴らしいものがあります。
ディストーションは若干ありますが、ソフトウエアの「Digital Photo Professional」で補正が出来ますから問題にはなりません。
また、周辺減光については殆どないと言っても過言ではありませんね。

実際の写りについては、以下の記事の画像(VGAサイズで小さいですが・・・)をご参考になさって下さい。

瞳ちゃんと佃島で(1)
瞳ちゃんと佃島で(2)
日向(ひな)ちゃんと西新宿で
日向(ひな)ちゃんと西新宿で(2)


ありゃ、ポートレート撮影以外では殆ど使っていない(汗)
まぁ、暑さが一段落したら本格的に風景などにも使うつもりでいます。-8月14日加筆-

ポートレート以外でも撮影しましたので、リンク先でご確認ください。
昭和記念公園のサギソウ
ときがわ町椚平のシュウカイドウ
ときがわ町椚平のシュウカイドウ(2)
秩父鉄道「パレオエキスプレス」などを・・・
長瀞七草寺巡り「尾花の寺 道光寺」
長瀞七草寺巡り「萩の寺 洞昌院」
長瀞七草寺巡り「女郎花の寺 真性寺」

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/18064794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zeiss1221 | 2013-07-11 00:00 | レンズ | Trackback