「銀河丸」10号地その1多目的ふ頭に停泊

(1)
a0195032_10165443.jpg

ゆりかもめに乗って国際展示場正門前駅に差し掛かった時でした。
車窓の左手に見える10号地その1多目的ふ頭に船舶が停泊しているのが見えました。
特に急ぎの用事がなければ下車して向かいたいところですが、台場に用事があったものですから・・・

台場の用事を終えて、帰り道に10号地その1多目的ふ頭にたちよりましたところ、停泊中の船舶は「銀河丸」でした。
晴海ふ頭でも時々見たことはありますが、これほどまでに近寄ることはできません。
この10号地その1多目的ふ頭は、船舶のそばまで近寄ることが出来るので気に入っている場所です。

撮影地:東京都江東区有明3丁目「10号地その1多目的ふ頭、有明西ふ頭公園、水の広場公園」
撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-200mm F/3.5-5.6 IS+C-PLフィルター
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/60秒) ±0.0EV 50㎜(80㎜相当)
撮影年月日:2013年6月17日(月)






(2)
a0195032_10282719.jpg

「銀河丸」はいわゆる官公庁船で、独立行政法人「航海訓練所」所有の実習船です。
「本船は東京海洋大学海洋工学部、神戸大学海事科学部、商船高等専門学校、海技大学校及び海員学校の学生及び生徒を乗船させ、実習訓練の実施及び船舶運航技術の研究の実施を目的とする。」とサイトには記載されています。
因みに、奥に見える青い色の橋は「東京ゲートブリッジ」です。

撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/250秒) ±0.0EV 200㎜(320㎜相当)


(3)
a0195032_1034460.jpg

本当はこれをトップ画像に据えようかなと考えていました。
以前、「客船「ふじ丸」が10号地その1多目的ふ頭に寄港した日」という記事を公開しましたが、それに合わせようかと考えたんですよね(笑)

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/100秒) ±0.0EV 18㎜(29㎜相当)


(4)
a0195032_10371676.jpg

「銀河丸」の仕様はサイトにも記載されていますが、一部を抜粋しておきます。
竣工年月日:2004年 6月15日 定員合計(実習生):246(180)
総トン数:6,185 全長(m):116.40 幅(m):18.00 最大速力(k't):20.5


撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/125秒) ±0.0EV 18㎜(29㎜相当)


(5)
a0195032_1042798.jpg

後方から見た姿です。
こんな近くにまで寄れるなんていいですよね~♪

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/100秒) ±0.0EV 20㎜(32㎜相当)


(6)
a0195032_10435754.jpg

今度は斜め後方から・・・

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/125秒) ±0.0EV 18㎜(29㎜相当)


(7)
a0195032_10445588.jpg

去り際に一枚!
大型客船も魅力的ですが、こういった船舶を見るのも楽しいものですね。
船に興味がない方には退屈かもしれませんが・・・

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/80秒) ±0.0EV 40㎜(64㎜相当)
[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/17980040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirafune at 2013-06-22 20:05
船の名前がいいですね。
そして、前からのお姿がやっぱり
かっこいいです。
当たり前のことかもしれませんが、
船にも頭とお尻がちゃんとあるのですね~。
あらためて認識しました。
女性的な船、男性的な船というのも
あるのでしょうか?
船の性格とか。
風格とか。
人それぞれ感じ方の問題でしょうね。
Commented by zeiss1221 at 2013-06-22 22:46
雲母舟さんへ

銀河丸・・・何だかロマンティックなネーミングですが、実際は厳しい(?)
練習船なんですよね。
女性的な船は客船なんでしょうね。
ヴィーナスとかプリンセスなどという名前がつくくらいですから。

逆に男性的なのは働く船でしょうか?
コンテナ船、貨物船、RORO船・・・はたまた海上保安庁や艦船でしょうね。

風格という点では、やはり大型船がそれに値すると思います。
だからといって小型船が風格がないという訳でもないんですが・・・
やはり、仰るように人ぞれぞれの感じ方なんでしょうね。
Commented by 武ちゃん at 2013-06-22 23:43 x
こんばんは、
銀河丸ですか‥なかなか夢のある船名ですね。
号でなく、丸というのがいかにも日本的ですね。
6千トンもあれば、遠洋航海にも十分な船体かと思います。
船舶は、用途別に実に多くの種類があるものです。
それぞれが用途に合わせて、独創的で機能美を感じます。

最近、第二次大戦時の艦船に興味をもっています。
双葉社発行の、CG映像のDVD付き書籍を8冊も購入してしまいました!
戦艦・空母・巡洋艦・駆逐艦ほか、多くの優秀な艦船を建造したものです。
因みに艦船の名前は戦艦が昔の国名(大和・武蔵・陸奥・長門・伊勢・榛名・霧島ほか)
空母の赤城や加賀はもともと戦艦をして建造されたので国の名前です。
巡洋艦は一級河川の名前で駆逐艦は気象に関係した名が付けられたようです。
Commented by zeiss1221 at 2013-06-23 10:21
武ちゃんさん、おはようございます。

名前はロマンティックでも、実際は練習船です。
そうですね、6000トンもあれば結構な大きさですから、遠洋航海も可能です。
ただ、最近は大型客船ばかり見ていたためか、「小さいな」という印象でした。

>双葉社発行の、CG映像のDVD付き書籍を8冊も購入してしまいました!
最近、本屋さんへ行って船の雑誌を手に取ったりしますが、殆どが客船と関係ないんです。
大きな店へ行けば別なんでしょうけれど・・・
「世界の艦船」という古い雑誌を一冊持っていますが、カーフェリー特集なんですよ。
昔、私が乗った船の記事が掲載されています。
Commented by あおの ひろ at 2013-06-27 18:10 x
この記事は見逃していました。
練習船はいいですよね。
若い力を感じます。

練習船といえば帆船の日本丸を思い出しますが、7月の海の日には帆をすべて広げるとか。
見に行きたいですが、無理なのが残念です。
Commented by zeiss1221 at 2013-06-28 19:55
あおの ひろ さんへ

この銀河丸は晴海でよく見かけました。
ゆりかもめから見たときは???でしたが、近づいてみてはっきりとわかりました。
練習船でも6000トン以上もある大型船ですね。
日曜日の天気は何とか雨が降らないで欲しいです・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2013-06-22 10:47 | 船舶 | Trackback | Comments(6)