6月の光が丘公園

(1)
a0195032_13211799.jpg

我が家から歩いてもすぐの場所にある光が丘公園は、四季折々の花が咲く素敵な場所です。
また、大きな木も多くて深い森に迷い込んだようなスポットがあるのも魅力の一つです。

さて、梅雨時の6月というのは、このタイサンボクが純白の大きな花を咲かせる時期でもあります。
タイサンボクはモクレン科の常緑樹で、大きくなると高さは20M以上にもなります。
さすがは北米産の樹木だけのことはありますが、花が高い位置に咲くので撮りづらい印象はありますね。

撮影地:東京都練馬区区光が丘「光が丘」
撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F4.0L IS USM+MC-1Bフィルター
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/400秒) -0.3EV 200㎜(320㎜相当)
撮影年月日:2013年6月1日(土)






(2)
a0195032_1328829.jpg

この黄色い花は何だろうなぁ?
道を歩いていて気になって撮影したのですが、よく分からない・・・
一応は調べたんですが(汗)

撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/320秒) -0.7EV 200㎜(320㎜相当)


(3)
a0195032_13295459.jpg

この時期はアジサイも咲き始めますが、私はガクアジサイが大好きなんですよね。
特にこの光が丘公園にはちょっと変わったガクアジサイがあります。
画面では分かりにくいと思いますが、葉が斑入りなんですよ。

撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/640秒) +0.3EV 187㎜(299㎜相当)


(4)
a0195032_13323724.jpg

この時期はあちこちで目にするホタルグクロはキキョウ科の多年草です。
大きな釣り鐘状の花を咲かせ、大きなものでは高さが80cmまでに生育します。

撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/400秒) +0.3EV 200㎜(320㎜相当)


(5)
a0195032_1339172.jpg

これもホタルブクロですが、前ボケを大胆に使ってみました。
まぁ、ただそれだけの話ですが・・・

撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/500秒) ±0.0EV 200㎜(320㎜相当)


(6)
a0195032_1341597.jpg

タチアオイは2年草、もしくは多年草で、日本では古くから夏の花のひとつとして親しまれています。
私はこの花を見ると「となりのトトロ」を思い出してしまします。
妹のメイが姉のサツキの学校を訪れて帰る際に登場するのですが、それがなんとも印象的でした。

撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/2000秒) -0.3EV 200㎜(320㎜相当)


(7)
a0195032_13441279.jpg

トトロといえばクスノキでしょう。
光が丘公園にはクスノキの巨木が何本かあって、日差しの強い夏には涼しい木陰をつくってくれます。
もっとも、私はトトロとは遭遇したことはありませんが(笑)

撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/160秒) -0.7EV 93㎜(149㎜相当)


(8)
a0195032_13455831.jpg

光が丘公園で忘れてはならないのが、このセンダンの来です。
5月後半には優しい花を咲かせますが、6月ともなれば花は散ってしまいます。
その代わり、横に大きく広がった枝に茂った葉が涼しい木陰をつくりだしてくれるのです。

撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/125秒) -0.3EV 81㎜(130㎜相当)
[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/17927951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2013-06-11 00:00 | | Trackback | Comments(0)