やっぱり「HIMIKO」♪

(1)
a0195032_20542963.jpg

隅田川を航行する水上バスの中でも、やはりこの「HIMIKO」は特別な存在ですね。
初めて見た時の衝撃は今でも忘れることはありません。
浅草で「何だ?この宇宙船みたいな船は・・・」と。

帰ってから調べると、その船は「HIMIKO」という名前で松本零士氏がプロデュースしたものだとのことでした。
松本零士氏といえば、「銀河鉄道999」で知られていますが、私的には「男おいどん」なんですよね~(笑)
それはさておき、このカットはお台場にある「レインボーブリッジ」上から狙ったもので、超望遠レンズでかなり引き寄せています。

撮影地:東京都港区台場「レインボーブリッジ」
撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO320 プログラムAE(SS1/640秒 f/10.0) ±0.0EV 500㎜(800㎜相当)
撮影年月日:2012年10月12日(金)






(2)
a0195032_21102935.jpg

「レインボーブリッジ」の台場側からだと、遠くに東海汽船の船舶が停泊する竹芝桟橋を望むことができます。
今までは焦点距離が200㎜(フルサイズ換算320㎜相当)までのレンズで悔しい思いをしました。
でも、この時は500㎜までの高倍率ズームを手に入れた後でしたから、思う存分に撮影することが可能となりました。

奥に見える船舶は東海汽船の「さるびあ丸」で、全長120m、総トン数は4,973トン、旅客定員は816名。
平成4年12月竣工し、通常は東京~三宅島~八丈島航路に就航しています。

撮影データ:ISO320 プログラムAE(SS1/800秒 f/10.0) ±0.0EV 500㎜(800㎜相当)


(3)
a0195032_2116108.jpg

ちょうどクレーンを運んでいる船が通りかかりましたので、それを絡めて・・・

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/250秒 f/9.0) ±0.0EV 50㎜(80㎜相当)


(4)
a0195032_21174256.jpg

レインボーブリッジは海上からの高さがありますから、このように空撮でもしたかのように撮影することができます。
GWあたりになると潮風も心地よく感じられますから、歩いて渡るのも面白いものですよ。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/200秒 f/7.1) ±0.0EV 75㎜(120㎜相当)


(5)
a0195032_211943100.jpg

これは「HIMIKO」ではなく、「ホタルナ」という新造船です。
初めて見た時は見間違えましたが、屋上デッキが備えられているのはデザイン的には今一つですね。
私はやっぱり「HIMIKO」が一番♪

撮影データ:ISO500 プログラムAE(SS1/640秒 f/10.0) ±0.0EV 500㎜(800㎜相当)


(6)
a0195032_2121367.jpg

この大型客船は「SILVER SHADOW」という外国船籍のものですが、何ともスタイリッシュな船舶です。
ちょうど晴海に寄港したため、仕事をサボ・・・あ、いや、有給休暇をいただいて撮影をしました。
その時の記事は「客船「SILVER SHADOW」晴海埠頭に入港」でアップさせていただきました。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/400秒 f/8.0) ±0.0EV 244㎜(390㎜相当)
[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/17422346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2013-03-07 21:26 | 船舶 | Trackback | Comments(0)