マンサクの花は春色(1)

(1)
a0195032_19551625.jpg

私が住んでいる彩の国・和光市にある「和光樹林公園」のマンサクの花が見ごろを迎えました。
暦の上では春とはいえ冬景色が広がる中で、この黄色い花をつけるマンサクは春を感じさせてくれる貴重な存在となっています。

マンサクは早春に他に先駆けてまず咲くからマンサクと呼ばれているという説があります。
あるいは、花が沢山つくことから、豊年満作という願いを込めて呼ばれているとも言われています。
また、花期が長いことも特徴の一つで、その理由は花粉を媒介する虫が少ないからだそうです。

撮影地:埼玉県和光市広沢地内「和光樹林公園」
撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/10.0AE(SS1/160秒) -0.3EV 127㎜(203㎜相当・MC-1Bフィルター使用)
撮影年月日:2013年2月11日(祝)






(2)
a0195032_20524.jpg

まだ比較的朝の早い時間帯に撮影していますから、離れた場所から望遠でドドーンと狙うことが出来ます。
何しろ公園のメインストリートを挟んでいますから、午前10時を過ぎたらまず撮影出来ない条件だと言えます。
小高い丘に立っているように思われますが、木の向こうは5~6m下がったグラウンドなんですよね。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/500秒) -0.3EV 200㎜(320㎜相当・MC-1Bフィルター使用)



(3)
a0195032_2084115.jpg

背景が暗く落ちた場所を選んでパチリ!
ラインライトもバッチリであります♪

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/1250秒) -0.7EV 200㎜(320㎜相当・MC-1Bフィルター使用)



(4)
a0195032_20102796.jpg

今回はマウントアダプターを介して、Carl Zeissレンズの描写を楽しんでみました。
今から30年以上前に製造されたレンズですから、最新設計のレンズから比べると物足りなさを感じますね。
その昔、銀塩(フィルム)で撮影していた時代は、コダクロームとの組み合わせでいろいろと撮影していたことを懐かしく思い出しました。

撮影機材:キャノンEOS7D Carl Zeiss Planar50mm F/1.4
撮影データ:ISO100 f/1.8AE(SS1/4000秒) ±0.0EV 50㎜(80㎜相当)



(5)
a0195032_20135152.jpg

黄色いマンサク(シナマンサク)の向こうには、オレンジ色に見えるニシキマンサクがあります。
和光樹林公園にはニシキマンサクの木が二本あって、黄色いシナマンサクに混じって変化をつけてくれています。
花そのものはやや褐色がかったオレンジ色をしていて、花弁の1/3ほどがオレンジ色に染まっているといった印象ですね。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/160秒) -0.3EV 200㎜(320㎜相当・MC-1Bフィルター使用)



(6)
a0195032_20185564.jpg

では、そのニシキマンサクをもっと近くで見てみましょう。
こうしてみると、3枚目や4枚目でみたものとはかなり印象が異なると思います。
ちょっと変わったマンサクの花ですね。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/250秒) -0.7EV 200㎜(320㎜相当・MC-1Bフィルター使用)



(7)
a0195032_2021491.jpg

最初の方では書きませんでしたが、久々にマンサクの花を見に来て「あれっ?」と思ったんですよね。
何だか以前と違う・・・その理由は、健康な数の木が伐採されていて、反対側は一本もなくなっていたんですよね。
しかも、残った側も伐採されてしまった個所があって、前のような壮観さは影も形も残ってはいませんでした。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/10.0AE(SS1/80秒) ±0.0EV 97㎜(155㎜相当・MC-1Bフィルター使用)



(8)
a0195032_20243118.jpg

まぁね、公園は憩いの場ですから、ベンチを数多く設置すること理解できます。
でも、わざわざ綺麗な花が咲く木を伐採してしまう神経が私には分かりません。
単なる役人仕事なのかどうかはここでは話題にしたくはありませんが、全く無粋な話です。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/200秒) -0.7EV 200㎜(320㎜相当・MC-1Bフィルター使用)

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/17298974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tachibana at 2013-02-11 21:05 x
マンサクにもオレンジ色のものがあるのですね。
知らなかったです。
光も適度に当たっていて、きっと暖かいのだろうなぁ…と勝手に想像を働かせています(笑)
Commented by arak_okano at 2013-02-11 21:12
アラックです。
万作の花、満開・マクロ・幹からどっしりの存在感・ベンチを入れての
のんびりの風景まで、一つの花でいっぱいですね、凄い撮影のアイデアを一日での撮影、お見事バグースですね。
アラックも体調悪くて駄目な二日間でした、富士川まで行く気力・体力は
なかったです。
Commented by zeiss1221 at 2013-02-12 12:26
tachjbanaさんへ

はい、黄色いものばかりではなく、オレンジ色やえんじ色のものがあります。
トキワマンサクというのもあって、こちらはもっと遅れてえんじう色の花を
咲かせます。

>きっと暖かいのだろうなぁ…と
はい、長野よりは暖かいです♪
Commented by zeiss1221 at 2013-02-12 12:37
アラックさんへ

ありがとうございます。
一日というか、一時間弱の作業でありました(笑)
何しろ駐車料金が1時間200円でありますから、貧乏人の私には
重い料金なんであります。

>アラックも体調悪くて駄目な二日間でした
お互いに気を付けましょう。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2013-02-11 20:28 | | Trackback | Comments(4)