2012年を振り返る(1)

(1)
a0195032_1344341.jpg

年が明けると必ずと言っていいほど訪れるのが上野東照宮ぼたん苑です。
藁囲いに守られた冬ぼたんの花が可憐に咲いており、何とも言えない風情を感じます。
これはソフトフォーカスレンズを使って撮影していますが、花やポートレートに活躍してくれています。

この時の記事は↓でご覧いただけます。
上野東照宮の冬ぼたん
上野東照宮の冬ぼたん②
上野東照宮の冬ぼたん③





(2)
a0195032_1352498.jpg

2月に入って2泊3日(夜行バスを使ったので正確には4泊5日・・・)の旅行に出かけました。
行先は京都・滋賀で、初日は久しぶりに大原を訪れました。
最初に向かった先は三千院で、ビロードのような苔が美しかったですね。

京都を訪れた時の記事は↓でご覧いただけます。
京都・大原の里
京都・大原「三千院」
京都・大原「来迎院」と「音無の滝」と・・・
京都・大原「宝泉院」で癒される
京都・大原「寂光院」
京都「詩仙堂」丈山寺
京都「曼殊院門跡」


(3)
a0195032_1354230.jpg

二日目以降はひたすら近江の国を歩き回りました。
メインは近江八幡ですが、三日目に訪れた五個荘には殊の外惹かれました。
この時期は「商家に伝わるひな人形」を展示してあり、ベストな訪問時期でした。

近江の国を訪れた時の記事は↓でご覧いただけます。
「近江八幡」の街を歩く
「ベストイン近江八幡」に宿泊~♪
雪降る近江の国「五個荘」を訪れる
近江八幡で空中散歩
水郷・近江八幡
近江八幡の街並み
近江八幡・旧西川家住宅
近江八幡「白雲館」
近江商人のまち・ひな人形めぐり①
近江商人のまち・ひな人形めぐり②
近江八幡・旧伴家住宅のお雛様
五個荘「中江準五郎邸」のお雛様
近江商人のルーツを探る
近江八幡市立八幡小学校

「五個荘」で雪に降りこめられる
青空広がる「五個荘」①
青空広がる「五個荘」②
近江八幡・日牟禮八幡宮
夕映えの近江八幡


(4)
a0195032_136749.jpg

埼玉県に住んでいながら、この越生梅林は訪れたことがありませんでした。
起伏のない土地だけに、あまり変化をつけた撮影は出来ませんでしたが・・・
丁度良いタイミングで訪れたせいか、見事な梅の花を愛でることができました。

越生梅林の記事は↓でご覧いただけます。
越生梅林にて


(5)
a0195032_136364.jpg

越生梅林を辞してから向かった先は小川町のカタクリ・ニリンソウの里です。
折しもカタクリが綺麗に咲いており、久々にカタクリの可憐な花を見ることができました。
ただ、本当の意味での群生を愛でるには、この一週間ほど後が良かったようです。

小川町のカタクリの記事は↓でご覧いただけます。
小川町のカタクリほか・・・


(6)
a0195032_137121.jpg

2012年に一番撮影した被写体は「綺麗なオネーちゃん」です(笑)が、その次は船舶でした。
特に横浜港大さん橋にはよく通いましたね。
4月は「SEA PRINCESS」という海外の豪華客船が寄港したため、丸一日撮影したり眺めたり・・・

この日に撮影した時の記事は↓でご覧いただけます。
極上の休日
SEA PRINCESS・横浜大桟橋初入港
SEA PRINCESS・横浜大桟橋接岸
停泊中の SEA PRINCESS
「SEA PRINCESS」を海上から眺める
横浜・海上散歩♪
「にっぽん丸」横浜港へ再び・・・


(7)
a0195032_1373527.jpg

4月と言えば桜ですが、なかなか撮影することはできませんでした。
これは皇居清水門のお堀端に咲いていたものですが、東京法務局に用があったときに撮影したものです。
満開を過ぎて堀に花筏が浮かんでいたのが印象的で、ハナダイコンの紫が趣を添えてくれました。

この時の記事は↓でご覧いただけます。
皇居・清水門の桜
北の丸公園の桜


(8)
a0195032_1375714.jpg

4月はさいたま市(旧浦和市)田島が原にサクラソウが咲く時期でもあります。
天然記念物にも指定されており、多くの人が訪れる場所となっています。
年々土壌が乾きつつあるのか、サクラソウの勢いがなくなってきているのが気がかりでした。

この時の記事は↓でご覧いただけます。
彩の国・但馬が原のサクラソウ
サクラソウと桜
「ノウルシ」のこと


(9)
a0195032_1384456.jpg

ゴールデンウイークを過ぎてから、久々に信州を訪れました。
お目当ては北アルプスの雄大な展望と奥裾花自然園の水芭蕉でしたが・・・
悪天候に阻まれ、どちらも見ることはできませんでした。

ならば、山を越えて白馬村に移動すれば何とかなるかな?と思ったんですよね。
幸いなことに白馬村側はまずまずのお天気で、収穫0に終わることなく楽しむことが出来ました。
ここは吊り橋で有名な大出集落ですが、このカットが一番気に入ったものとなりました。

この時の記事は↓でご覧いただけます。
北アルプスを見に行ったが・・・
青空の下で山桜を撮る
「文殊滝」と裾花川にかかる滝
白馬へと至る山に咲く桜と新緑
白馬村・白沢峠から大出地区へ
かっぱ亭で昼食を
姫川源流のニリンソウ
居谷里湿原にて


(10)
a0195032_1385830.jpg

5月半ばともなれば、国営昭和記念公園の花の丘にシャレーポピーが一面に咲き乱れます。
この年はやや不作でしたが、それでも丘一面を埋め尽くすかのように咲くポピーは見事でしたね。
この2週間ほど後に東秩父村にある「天空のポピー」も行きましたが、期待は見事に裏切られました(涙)

この時の記事は↓でご覧いただけます。
気分は北海道!
昭和記念公園のポピー畑-気分は北海道3-
昭和記念公園の「花の丘」-気分は北海道4-


(11)
a0195032_1394048.jpg

5月中旬に、念願の尾瀬ヶ原を訪れることが出来ました。
いつもは福島県桧枝岐村方面から尾瀬に入るのですが、やはりこの景色を眺めてみたい!
その思いが実現し、一日中尾瀬ヶ原を歩き回っていました。
しかし、前夜から運転し続け、仮眠をとっただけでの散策は体力的にはややしんどかったかな?

尾瀬ヶ原を訪問した時の記事は↓でご覧いただけます。
極上の休日Ⅲ
尾瀬ヶ原へ
尾瀬ヶ原にて①-「湿原の覚醒」
尾瀬ヶ原にて②-「至仏山と水芭蕉」
尾瀬ヶ原にて③-「池塘に映る景色」
尾瀬ヶ原にて④-「至仏山と水芭蕉Ⅱ」
尾瀬ヶ原にて⑤-「竜宮」
尾瀬ヶ原にて⑥-「竜宮」から「見晴」へ
尾瀬ヶ原にて⑦-「見晴」から「東電小屋」へ
尾瀬ヶ原にて⑧-「東電小屋」から「牛首」方面へ
尾瀬ヶ原にて⑨-まだまだ水芭蕉を・・・
尾瀬ヶ原にて⑩-帰り道


(12)
a0195032_140428.jpg

梅雨時はなかなか撮影にも出かけなくなりがちです。
この時期の花はアジサイが代表的なものですが、近場での撮影が多くなりますね。
我が家の近くの光が丘公園には見事なガクアジサイがあって、私のお気に入りの場所となっています。

この時の記事は↓でご覧いただけます。
光が丘公園の紫陽花
今時の光が丘公園

昨日(12/30)は日曜日ながらも仕事でした。
一応は仕事納めでしたが、帰宅したのは午後9時半を回っていました。
年賀状も作ってはいないし、大掃除もできそうにないかな?
[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/17072903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tachibana at 2012-12-31 05:44 x
ご無沙汰しております。
2012年はあまりブログにお邪魔できませんでしたが、大変お世話になりました。
zeissさんは昨日で仕事納めだったのですね。お疲れ様でした。
3年前は引っ越しで忙しく、大晦日は紅白を見ながら酒を飲み、年賀状を書いていた記憶があります。
紅白と言えば越生梅林の紅白は見事ですね。
来年は無理だとしても、ぜひ足を運んでみたいと思います。
2013年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by kirafune at 2012-12-31 08:55
こうして、見せていただくと
1年四季折々があり、
時は経ったのだなあと
あらためて思いました。
国営昭和記念公園の
花の丘にシャレーポピー!
特にお気に入りです。
zeissさんもよいお年をお迎えくださいね。
来年もよろしくお願いします。
Commented by zeiss1221 at 2012-12-31 19:22
tachibanaさんへ

いえいえ、転勤やら何やらでお忙しかったようですから・・・
私は最後の半月はボロボロ状態で、忙しいを超えて殺人的なスケジュールでした。
よく倒れなかったものです。

越生の梅林は平坦で変化があまりつけられないのが難です。
昼近くには人がどっと押し寄せますから、朝早くがいいですよ。
この時も早朝から行ったため、撮影はストレスなく進みました。

こちらこそ来年も宜しくお願い致します。
どうか良いお年をお迎えください。
Commented by zeiss1221 at 2012-12-31 19:25
雲母舟さんへ

一年なんてあっという間に過ぎ去ってしまいますね。
こうしてみると結構あちこちに足を運んでいました。
後半は娘の運転の特訓が殆どでしたが・・・

来年は今まで以上に忙しくなりそうです。
転職が決まればいいのですが、今の環境ではなかなか
思うように撮影の時間も撮りにくいですから。

私は飛躍の年にしたいですね。
雲母舟さんもどうか良いお年をお迎えください。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2012-12-31 01:42 | その他 | Trackback | Comments(4)