「にっぽん丸」晴海ふ頭出港!

(1)
a0195032_10343838.jpg

晴海ふ頭に一晩停泊した「にっぽん丸」が、いよいよ出航の時を迎えました。
岸壁を離れた船は速度を上げて目の前に迫ってきます。
といっても、船舶の速度はそれなりですから、超望遠レンズでぐぐーっと引っ張っていますが・・・

肉眼では相当離れた距離に船体はありますが、望遠で引っ張ればまるで目の前にいるかのような感じで捉えることができます。
これは焦点距離が200㎜や300㎜のレンズでは表現できないもので、やはり500㎜(800㎜相当)の世界だと思います。
トリミングで・・・という手もありますが、やはりそれとは違った描写になりますね。

撮影地:東京都港区海岸「芝浦南ふ頭公園」
撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/800秒) ±0.0EV 500㎜(800㎜相当・UVフィルター使用)
撮影年月日:2012年12月9日(日)






(2)
a0195032_10454737.jpg

時は遡って、いよいよ出航時刻の午後0時となりました。
銅鑼(多分鳴ったと思いますが・・・)の音とともに汽笛が鳴りました。
友綱は岸壁と繋がれていますが、それも解き放たれてタグボートが引っ張ることとなります。

撮影データ:ISO200 f/7.1AE(SS1/1000秒) ±0.0EV 500㎜(800㎜相当・UVフィルター使用)


(3)
a0195032_1042506.jpg

その友綱も解き放たれ、タグボートが「にっぽん丸」を岸壁から遠ざけます。
「にっぽん丸」の新たな船旅が始まりました。

撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/800秒) ±0.0EV 450㎜(720㎜相当・UVフィルター使用)


(4)
a0195032_10491875.jpg

左奥に帆船が見えますが、こちらは「日本丸」(二代目)です。
晴海ふ頭に「にっぽん丸」と「日本丸」が仲良く係留されていたわけですね。

撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/500秒) ±0.0EV 332㎜(531㎜相当・UVフィルター使用)


(5)
a0195032_105255.jpg

↑の4枚目の後はトップ画像のシーンとなります。
これはその次で、レインボーブリッジに近づくにつれて舵を左側に取ります。

撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/400秒) ±0.0EV 203㎜(325㎜相当・UVフィルター使用)


(6)
a0195032_10543971.jpg

なおも「にっぽん丸」は舵を左に取ります。

撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/200秒) ±0.0EV 93㎜(149㎜相当・UVフィルター使用)


(7)
a0195032_10552239.jpg

おーっと!手前を別の小型船舶が横切っていきました。
大き目に撮ろうと思っていましたが、ここは冷静にズームリングを回して絡めることにします。
まぁ、これも海のワンシーンと思えば・・・

撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/100秒) ±0.0EV 50㎜(80㎜相当・UVフィルター使用)


(8)
a0195032_1057756.jpg

さて、「にっぽん丸」がレインボーブリッジにかなり近づいた地点までやって来ました。
この続きのレインボーブリッジを再びくぐるシーンは次回お届けすることにしましょう。

撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/200秒) ±0.0EV 56㎜(90㎜相当・UVフィルター使用)

※まったくもってあり得ないくらいの量の仕事が集中しています。
 当分の間ブログの更新は不定期になると思いますし、コメント欄とトラックバック欄は閉じたままとさせていただきます。
 また、皆様の許を訪れても足跡(コメント)は多分残せないと思います。
 悪しからずご了解ください。

[PR]
by zeiss1221 | 2012-12-22 11:33 | 船舶