客船「SILVER SHADOW」晴海埠頭に入港

(1)
a0195032_2124896.jpg

昨日(10/12)、念願の客船「SILVER SHADOW」晴海埠頭に入港するシーンを撮影することが出来ました。
今年の6月に接岸している同船を見たことがありますが、9月に入港した時は大雨のために諦めた経緯があります。

晴海埠頭へ行くルートはいくつかありますが、有楽町駅前から都バスに乗るのが最もポピュラーとなっています。
ところが、10月11日から13日にかけて、国際フォーラムでIMFの総会が開催されていたんですよね~。
テロ対策でバスは迂回ルートを辿ったため、やや遅れての出発と相成りました。

それでなくともこのバス路線は、始発が午前7時頃とやや遅めとなっています。
「SILVER SHADOW」の着岸予定時刻は午前8時ですから気が気ではありません。
晴海埠頭に着いたら着岸準備が進められており、レインボーブリッジを見渡す地点まで激走しました。

まぁ、何とか船はレインボーブリッジの向こう側に停泊していたため、慌てずに撮影準備を進めることが出来ました。
「急いては事を仕損じる」の故事に倣い、落ち着いてカメラのセッティングを行ったのは言うまでもありません。
後はひたすら激写!激写!でしたね。
これはレインボーブリッジをくぐって、かなり埠頭の岸壁に近づいたときに撮影したカットです。

撮影地:東京都中央区晴海5丁目「晴海埠頭」
撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/320秒 f/8.0) +0.3EV 56㎜(90㎜相当)
撮影年月日:2012年10月12日(金)






(2)
a0195032_2121344.jpg

着岸準備が整った連絡が船に届いたのでしょうか?
それまで停泊していた「SILVER SHADOW」が動き始めました。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO250 プログラムAE(SS1/640秒 f/10.0) +0.3EV 500㎜(800㎜相当)



(3)
a0195032_21323121.jpg

レインボーブリッジの台場寄りのアンカーの向こうを航行中の「SILVER SHADOW」です。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/500秒 f/8.0) +0.3EV 167㎜(267㎜相当)



(4)
a0195032_2134768.jpg

タグボート「SAKURA」を従えて、静々と進んでいきます。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/500秒 f/8.0) +0.3EV 287㎜(459㎜相当)



(5)
a0195032_21352998.jpg

ガツーン!と船体を大きく捉えてみました。
船の動きはゆっくりとしていますから、鉄道写真よりも落ち着いて撮影することができます。
それにしても、このシグマ50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMは解像度も言うことなしで、つくづく「買って良かった~♪」と思いますね。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO1600 プログラムAE(SS1/640秒 f/10.0) +0.3EV 450㎜(720㎜相当)



(6)
a0195032_2139502.jpg

レインボーブリッジにかなり近づいた地点で、船首を進行方向右側に向けます。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/500秒 f/9.0) +0.3EV 373㎜(597㎜相当)



(7)
a0195032_21415980.jpg

ほぼ私と正対したところですね。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/640秒 f/10.0) +0.3EV 413㎜(661㎜相当)



(8)
a0195032_2143387.jpg

なおも船首を右に向けて着岸態勢に入ります。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/800秒 f/10.0) +0.3EV 413㎜(661㎜相当)



(9)
a0195032_21442754.jpg

レインボーブリッジと絡めて・・・

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/400秒 f/8.0) +0.3EV 138㎜(221㎜相当)



(10)
a0195032_2146159.jpg

ここまで近づいてくると、船足も決して遅くはないなと実感します。
ズームを短焦点側にしておかないと、船体がフレームからはみ出すこともあります。
焦点距離50㎜から始まる高倍率ズームレンズだからこそ出来る芸当かも・・・

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/320秒 f/8.0) +0.3EV 93㎜(149㎜相当)



(11)
a0195032_21484583.jpg

「SILVER SHADOW」のエンブレム(?)も誇らしげに・・・

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO1250 プログラムAE(SS1/640秒 f/10.0) +0.3EV 450㎜(720㎜相当)



(12)
a0195032_21501242.jpg

このレンズではもうこれが限界かも・・・
ファインダーを覗いていても、どんどんと船体が大きく見えてきます。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/320秒 f/9.0) +0.3EV 50㎜(80㎜相当)



(13)
a0195032_21512120.jpg

とうとう船尾付近しか捉えることが出来なくなりました。
レンズ交換しておく必要がありますね。

撮影機材:キャノンEOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/200秒 f/8.0) +0.3EV 50㎜(80㎜相当)



(14)
a0195032_2152354.jpg

間もなく着岸です。
パシフィックビーナスは方向転換しましたが、この「SILVER SHADOW」はそのまま船首を前にして着岸します。
画面にゴーストが写っていますが、「ゴーストが怖くて逆光撮影が出来るかい!」ってかぁ(笑)

撮影機材:キャノンEOS7D Tokina AT-X 124 PRO DX(12-24mm F4 IF ASPHERICAL)+UVフィルター
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/320秒 f/13.0) +1.0EV 14㎜(22㎜相当)



(15)
a0195032_2157979.jpg

客船ターミナルの前方へ行って、完全に着岸したことを確認しました。
やはり進行方向へ船首が向いたままの着岸でしたね。
さて、ではいろいろな場面を今度は撮影することにしましょう。

撮影機材:キャノンEOS7D Tokina AT-X 124 PRO DX(12-24mm F4 IF ASPHERICAL)+UVフィルター
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/250秒 f/11.0) +0.3EV 12㎜(19㎜相当)

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/16581708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2012-10-13 21:21 | 船舶 | Trackback | Comments(0)