「ノウルシ」のこと

(1)
a0195032_1371384.jpg

ノウルシって名前の植物はあまり一般的には知られていないと思います。
私も、この田島が原サクラソウ自生地で、初めてその存在を知ったくらいですから・・・

ノウルシはトウダイグサ科 トウダイグサ属の多年草で、本州から九州・四国に分布します。
あまり見かけることがない植物で、環境省のレッドデータブックでは、絶滅危惧II類(VU)“絶滅の危険が増大している種”とされています。

撮影地:埼玉県さいたま市「田島が原・サクラソウ自生地」
撮影機材:キャノンEOS7D TAMRON SP AF60mm F/2 Di Ⅱ LD [IF] MACRO 1:1
撮影データ:ISO100 f/2.2AE(SS1/2500秒) +0.3EV 60㎜(96㎜相当)
撮影年月日:2012年4月15日(日)






(2)
a0195032_139160.jpg

高台から見下ろすと、このように全体的に黄色く輝いています。
その中にピンク色のサクラソウが所々に咲いているといった印象です。

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/125秒) +0.3EV 70㎜(112㎜相当)



(3)
a0195032_1391260.jpg

これは遊歩道から撮影したものですが、伸び上がって広い面積を写し込んでみました。
嗚呼、身長がもう少し高かったらならなぁ・・・って、脚立を持ってくれば解決する問題ではありますが。

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-200mm F/3.5-5.6 IS
撮影データ:ISO100 f/14.0AE(SS1/40秒) +0.3EV 18㎜(29㎜相当)



(4)
a0195032_1392390.jpg

真上から覗きこんだところです。
考えてみたら、もう少し絞り込んで撮るべきでしたね。

撮影機材:キャノンEOS7D TAMRON SP AF60mm F/2 Di Ⅱ LD [IF] MACRO 1:1
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/500秒) +0.3EV 60㎜(96㎜相当))



(5)
a0195032_1394275.jpg

トップ画像よりも引き気味で撮影したカットです。
こちらの方がノウルシの花全体を見る分には分かりやすく感じられると思います。

撮影機材:キャノンEOS7D TAMRON SP AF60mm F/2 Di Ⅱ LD [IF] MACRO 1:1
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/1000秒) +0.3EV 60㎜(96㎜相当))



(6)
a0195032_1395249.jpg

ノウルシだけでは少しさびしいため、ピンク色のサクラソウをぼかして絡めています。
ただし、主役はあくまでもノウルシということで・・・

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/1600秒) ±0.0EV 200㎜(320㎜相当)



(7)
a0195032_1310527.jpg

これもサクラソウを絡めて・・・

撮影機材:キャノンEOS7D EF70-200mm F/4.0L IS USM
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/160秒) ±0.0EV 78㎜(125㎜相当)



(8)
a0195032_13101722.jpg

最後は気持ちの良い青空を入れて締めくくることにしましょう。
それにしても、最近はお天気が安定せずに、お日様を殆ど拝んでいません。
GWはいいお天気に恵まれますように!

撮影機材:キャノンEOS7D EF-S18-200mm F/3.5-5.6 IS
撮影データ:ISO100 f/14.0AE(SS1/40秒) -0.3EV 18㎜(29㎜相当)

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/15107362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あおの ひろ at 2012-04-23 08:18 x
ノウルシも絶滅への道を辿っているとは、寂しいですね。
サクラソウもいつか・・・と思うと悲しいです。
ボランティアの方々の努力ばかりでなく、公のより一層の援助が必要だと思います。
Commented by ふん転菓子 at 2012-04-23 10:27 x
ここに行ったことがありますが、ノウルシは知りませんでした。
メインの桜草が少なくて、黄色の絨毯は気にも留めなかった記憶が。
ナノハナのような、クリンソウのような花のつき方ですね。

最後はお互いがんばって、この地で青空を見ているようですよ。
Commented by zeiss1221 at 2012-04-23 12:38
あおのひろさんへ

これだけいっぱいあると絶滅の恐れがあるなんて感じは全く
しませんが、確かに他ではお目にかかったことがありません。
この生育環境に大きな変化が出たら危ないんでしょうね。
行政は・・・あまりこういったことに関心がない模様です。
Commented by zeiss1221 at 2012-04-23 12:40
ふん転菓子さんへ

花が終わればノウルシも雑草のような存在ですから、あまり気づく
こともないでしょう。
メインのサクラソウは前ほどの群落ではないものの、かろうじて維持しているといったところ
ですね。
菜の花のような・・・確かに遠目にはそんな感じがします。
背丈は引くのですけれど。
Commented by カルネ at 2012-04-23 20:01 x
ノウルシ
前回のサクラソウの記事を拝見して、何だろうと思い
すぐにネット検索してました。
一面の黄色は菜の花とも思えるほど見事なジュータンになってますね。
サクラソウの自生地なのに、ノウルシの繁殖力に負けてるのかな?
いずれはサクラソウが消えて「ノウルシ群生地」として有名になるのかも。
Commented by zeiss1221 at 2012-04-24 21:43
カルネさんへ

はい、2枚目は菜の花畑のイメージで撮影しています。
赤いパイロンが目障りでありますが・・・
やはり黄色い花は逆光で捉えるのが吉ですね。

>サクラソウの自生地なのに、ノウルシの繁殖力に負けてるのかな?
いや、これは共存している状態だと説明されました。
問題はそれ以外の雑草、特に外来種だとのことでした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2012-04-23 00:00 | | Trackback | Comments(6)