にっぽん丸・横浜港大桟橋へ・・・

(1)
a0195032_21122562.jpg

「飛鳥Ⅱ」が横浜港大桟橋に着岸した時「にっぽん丸」は大桟橋に向けて航行中でした。
「飛鳥Ⅱ」が完全に着岸するまで見届けなかったのは、反対側に「にっぽん丸」が着岸するからだったのです。
折角のチャンスを逃す手はありませんよね。

これは「にっぽん丸」が着岸した後、山下公園側から撮影したカットです。
ベイブリッジ側の空とは違って青空が広がり、白い船体とのコントラストが強烈でしたね。

撮影地:神奈川県横浜市「横浜港大桟橋」
撮影機材:Canon EOS7D TAMRON AF18-270㎜ f/3.5-6.3 DIⅡ VC PZD
撮影データ:ISO160 f/14.0AE(SS1/160秒) ±0.0EV 110㎜(176㎜相当・C-PLフィルター使用)
撮影年月日:2012年3月20日(火)






(2)
a0195032_21122858.jpg

「飛鳥Ⅱ」が着岸した逆側で、「にっぽん丸」を待ち受けた私は今か今かとわくわくして待ち続けました。
やがて、「にっぽん丸」独特の配色の船体が、静かにベイブリッジをくぐり抜けるシーンを捉えることが出来ました。
「飛鳥Ⅱ」が通過した時よりも雲は少なかったのですが、それでも抜けるような空にはなりませんね。

撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/400秒) ±0.0EV 270㎜(432㎜相当)


(3)
a0195032_21123059.jpg

ベイブリッジをくぐり抜けた後、橋脚と重なる位置で縦位置にして捉えたカットです。

撮影データ:ISO125 f/11.0AE(SS1/400秒) ±0.0EV 246㎜(3942㎜相当)


(4)
a0195032_2112316.jpg

おっと、先ほど「飛鳥Ⅱ」に寄り添っていたタグボートの「野島丸」が、今度は「にっぽん丸」を迎えるべく移動してきました。
こんな咄嗟のシーンも高倍率ズームなら慌てずに撮影できるのがいいですね。

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/250秒) ±0.0EV 54㎜(86㎜相当)


(5)
a0195032_21123389.jpg

なおも「にっぽん丸」は大桟橋に近づいてきます。
ベイブリッジよりも前から一隻のタグボートがずーっと寄り添っていますね。

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/320秒) ±0.0EV 246㎜(394㎜相当)


(6)
a0195032_21123590.jpg

かなり大桟橋に接近してきましたので、場所を変えてベイブリッジがうまく背景に持ってこれるようにして狙ってみました。
しかし、空がねぇ・・・雲は徐々に切れつつあるものの、まだ満足できる空とは言い難いものがありました。

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/160秒) ±0.0EV 35㎜(56㎜相当)


(7)
a0195032_21124247.jpg

いよいよ着岸態勢に入りました。
右舷前方で作業にあたる乗組員の緊張した面持ちがファインダー越しに確認できましたよ。

撮影データ:ISO160 f/11.0AE(SS1/125秒) -0.3EV 92㎜(147㎜相当)


(8)
a0195032_21124495.jpg

岸壁側でも着岸態勢の準備が着々と進んでいます。

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/125秒) ±0.0EV 25㎜(40㎜相当)


(9)
a0195032_21124696.jpg

着岸した後に山下公園側に移動し始めた私でしたが、思い直して赤レンガ倉庫方面へと向かう歩道橋へ向かうことにしました。
少しでも高い位置から「にっぽん丸」を狙いたかったからなんですが・・・
馬鹿と煙は高いところに上る・・・ってかぁ?(お後が宜しいようで)

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/160秒) ±0.0EV 70㎜(112㎜相当・C-PLフィルター使用)
[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/14960309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2012-04-01 08:08
アラックです。
接岸の瞬間、凄いですね、バグース!!
一生乗ることは無いので、せめて写真でも撮りたいですね。
Commented by zeiss1221 at 2012-04-01 20:55
アラックさんへ

完全に接岸するところは見届けていないのですが、やはりワクワクします。
船も鉄道も含めて乗り物大好き人間ですが、船は格別の思い入れがありますね。

>一生乗ることは無いので、せめて写真でも撮りたいですね。
そんなことは仰らずに乗ってください。
ワンナイトクルーズってぇのもありますから。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2012-03-31 21:40 | 船舶 | Trackback | Comments(2)