I am ・・・

(1)
a0195032_1382562.jpg

タイトルの続きは thinking man ですな。
ということで、上野東照宮の冬ぼたんを愛でた後は、国立西洋美術館に立ち寄りました。
貧乏人のZEISSメは美術館の外の無料開放ゾーンで芸術に親しむのだ!

有名なロダンの「考える人」で、勿論、モノホンではなくレプリカです。
過去に記事にしました、安曇野にある「碌山(ろくざん)美術館」にある銅像にも似たものがあります。
作者の荻原碌山(守衛)はフランスでロダンの「考える人」の影響を強く受けたのは有名な話です。




(2)
a0195032_1316446.jpg

しかし、何ですな。
考える人は見方によっては、便秘に悩む「男」を連想させるものがあります。
まぁ、ちゃかしてはいけないのですが、いつしかそんな感想を持つようになった私は芸術には疎い人間なんでしょうなぁ・・・


(3)
a0195032_13173912.jpg

これは「カレーの市民」です。
これを見ているといろいろと考えさせられるものがあります。
そこにあるものは「希望」ではなく、「絶望」であるような・・・


(4)
a0195032_1319230.jpg

これが「カレーの市民」の全体像ですが、まだ後ろに隠れているんですよね。
その隠れた像や、全体を裏側から見ると何ともやりきれない思いがします。


(5)
a0195032_1320291.jpg

「弓を射るヘラクレス」です。
この力強い像が一番好みに合っています。
これを見ていると、何だか「力」が漲ってくる思いがします。

というのも、これを見に行った日は1月4日で、翌日が仕事始めなんですよね。
「あぁ、会社なんか行きたくねぇなぁ」なんて思った時に見ると、そんな気分は吹っ飛びますね。
勇気と力を与えてくれる作品だと思っております。

以上、芸術には程遠いZEISSメの雑感でありました♪
[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/14352672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2012-01-07 13:23 | その他 | Trackback | Comments(0)