2011年を振り返る③

やれやれ、やっと昨日が仕事納めで、一日中走り回っていたような状態で疲れました。
そして、一年分の疲れが出たのか、帰宅してから炬燵で爆睡・・・目覚めてから風呂に入って布団に潜り込んでまたまた爆睡!
年末年始のお休みは疲労回復に充てないといけないようです。

さて、今回は5月から6月にかけて撮影した画像をお届けします。

(1)
a0195032_10504618.jpg

見てください、この一面に咲く菜の花を!
まるで海のように広がる菜の花畑には暫し唖然としてしまいました。
「凄い!」としか表現のしようが・・・

長野県飯山市にある「菜の花公園」は一度訪れたかった場所でしたが、行ってみたらちょっとがっかり・・・
公園に行く前に通過した「花の駅」近くの千曲川河川敷にある菜の花畑の規模が凄いことは確認済みでした。
北竜湖からの帰りに立ち寄って撮影したカットがこれです。

菜の花公園も桜が咲く時期と重なればよかったのでしょうけれど、ここの菜の花畑で大満足できました。
出来れば来年も訪れたいものです・・・脚立を持って♪

撮影地:長野県飯山市「花の駅」近くの千曲川河川敷(5月14日撮影)





う~・・・ブラウザの「Firefox」がいきなり落ちて、作りかけていた記事が飛びました(涙)
また、ここから再構築です。
予約投稿にして、まめに保管しなくてはいけないようですが、何だかなぁ・・・


(2)
a0195032_10504827.jpg

次に向かったのが「北竜湖」です。
ここは噂に違わぬ素敵な場所でした。
高度があるせいか、まだ菜の花が咲きそろっていませんでしたが、そんなことは無関係に穏やかな時間が過ぎ去って行くような場所でした。

平日というのに数人カメラマンがいて、ある瞬間を狙っていました。
それは水面が風でざわめくところで、その時はシャッター音の嵐でした(笑)
また再訪したい場所が一つ増えましたね。

「静寂」・北竜湖の印象(1)
「華やぐ」・北竜湖の印象(2)
「煌めき」・北竜湖の印象(3)

撮影地:長野県飯山市「北竜湖」(5月14日撮影)


(3)
a0195032_10505023.jpg

何度か違う時期に訪れていますが、この雪解け水を集めて豪快に流れ落ちる「苗名滝」を一度見たかったんですよね。
「凄い!」という言葉を通り越して、もはや「暴力的」としか思えない眺めがそこにありました。
つくづく自然の猛威を思い知らされた気がします。

撮影地:新潟県妙高市杉野沢 「苗名滝」(5月14日撮影)

この日はほかにもいろいろと立ち寄りましたが、その時の記事は↓からご覧いただければ幸いです。
「四季彩の部屋」2011年5月の記事


(4)
a0195032_10505327.jpg

さて、時は一週間ほど遡りますが、東京都練馬区にある光が丘公園ではGWあたりに咲く花があります。
ナンジャモンジャの木の白い不思議な花もそうですが、このエンジュの花も見逃せません。

エンジュはマメ科の落葉高木で、原産地は中国です。
木の高さは20mほどまであり、なかなか素晴らしい眺めがあります。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(5月8日撮影)


(5)
a0195032_10505511.jpg

私がかなり前から見たかった花が、このシラネアオイです。
植物園や観光地などで見たことはありますが、群生して咲いているところを一度見たかったんですよね~。
ところが、この花が咲くころは梅雨時となるため、なかなか旬の時期といいお天気がシンクロしてくれません。

今年はやっとそのチャンスに恵まれ、夜明け前に出発して野反湖を目指しました。
野反湖を見下ろす八間山に咲くシラネアオイは8万株もあると聞いております。
いやぁ、これもまた言葉は出ませんでしたね。

撮影地:群馬県吾妻郡中之条町六合(くに)「八間山」(6月4日撮影)



(6)
a0195032_10505713.jpg

野反湖へ至る途中に「世立八滝」があります。
そのうちの一つである「仙の滝」をこの時は訪れることにしました。
「大仙滝」は有名で国道からすぐの場所にありますが、ここはかなり細い道を分け入って行くことになります。

ちょっと分かりにくい道の奥に意外と広い(?)駐車場があって、そこから5分ほど歩けば滝が見えます。
優美な滝で、ちょうどレンゲツツジも咲いていて、至福の時を過ごすことができました。

撮影地:群馬県吾妻郡中之条町六合(くに)「仙の滝」(6月4日撮影)


(7)
a0195032_10505922.jpg

「仙の滝」を後にした私は、山藤の花道祖神、寅さんバス停を見てから、草津の街を通って「志賀・草津高原ルート」を抜けることにしました。
これは国道292号の標高2172m(日本最高地点)にある渋峠から見下ろした芳ヶ平です。
まるで箱庭のように見えていますが、約300種類の植物が自生する上信越高原国立公園の特別地域です。
大平湿原や常布の滝などの見所もあり、草津でも珠玉ともいえるハイキングコースとなっています。

撮影地:群馬県~長野県「志賀草津高原ルート」(6月4日撮影)


(8)
a0195032_1051276.jpg

6月に入っても我が家の近くにある東京都練馬区「光が丘公園」には、いろいろと見るべきものがあります。
タイサンボクはモクレン科の常緑高木で、北米中南部原産となっています。
葉は厚めで表面には光沢があり、裏面は毛が密生していて茶色というか錆び色に見えます。
花の直径は20cmほどあり、大きいものでは25cm程度までのものもあります。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(6月19日撮影)・・・以下、共通


(9)
a0195032_105188.jpg

都内には珍しくヤマモモの実がなる木があります。
真っ赤な実は熟しているかの見えますが、これはまだ完熟ではありません。
ドドメ色になったら完熟と言えるのです。


(10)
a0195032_10511010.jpg

梅雨時を代表する植物はアジサイと言えるでしょうね。
私は普通のものよりも、このガクアジサイに心惹かれるものがあります。
おや、どうやらお客さんが来ているようですね。

さて、明日は最終回となりますが、7月~11月に撮影した画像を一気にお届けします。
と言っても、10月は殆ど撮影しませんでしたが・・・(汗)

[PR]
トラックバックURL : http://zeiss1221.exblog.jp/tb/14285200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tachibana at 2011-12-31 11:14 x
今年も一年間お世話になりました。
一面の菜の花とは凄いです!
来年はぜひ見に行くことができればと思います。
良い年をお過ごし下さいませ。
Commented by zeiss1221 at 2011-12-31 12:39
tachibanaさんへ

いえいえ、こちらこそお世話様でした。
思えばtachibanaさんとは、昨年7月に野反湖でニアミスして以来ですもんね。

おっ、そうだ!転勤で飯山は近くなんたんですよね。
チャンスはたくさん転がっていますからぜひ!!
花の駅目指せばすぐわかります・・・脇見運転にご注意を!

tachibanaさんも良いお年を!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by zeiss1221 | 2011-12-30 12:29 | その他 | Trackback | Comments(2)